ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

RX100で検索した結果、10件見つかりました。

2021/1/22

ミラーレス一眼  大道具小道具Gadjgets

Lumix S5が来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

2017年に退職金で買ったニコンのD750はPGJの初のフルサイズ受光素子デジタルカメラでした。 フルサイズなので銀塩時代の広角レンズが使えるのが楽しいです。 また、さすが天下の日本光学様で、丈夫で、レンズ在庫の使いまわしもできて、大変結構なのですが、、、

ニコンさん、かなり経営状態が怪しい。 特にカメラ系ビジネスはジリ貧ではなくドカ貧。
世界中に職業ユーザーのいるブランドだけに、いざ潰れても多くの日本のメーカーの様に、どこぞの外資が買い取って建て直してしまうのでしょうけど(日本の優秀な学生を集めて会社を大きくすると成長が無くなり衰退すると云う典型)。 

将来性のない会社のニコンFマウントのレンズに投資続けるのも「なんだかなぁ」ですし、今更出してきたニコンZマウントに新たな投資なんて考えられません。 また、D750は景色をとるのは良いのですがLED照明下で料理をとるのが苦手で、ホワイトバランスの調整が都度都度めんどくさい。 (ソニーのRX100M3も、LumixのGX7-mk2も、そんなことを考えなくても美味しそうな写真が撮れるところがさすが家電メーカーの製品ではあります。) 

そんなこんなで「次のカメラどうしようかなぁ。 クルマを買ったから予算はないなぁ。」と各種通販サイトを眺めていたらXYLが、「各種お祝いを取り混ぜてプレゼントしてあげよう」と言ってくれまして 
(*^^)v

で、悩んだのが以下の2点。 「素人が使って向こう20年使えるレンズ規格」というのが選択肢の第一優先。 二番目がボディ内防振搭載であること。
そうなるとふるさと納税でもらえるシグマのFPは選から漏れます。 FPのようなガジェットガジェットしたカメラって好きですけどね。
今世紀のキヤノンは何となくデザインが好きになれずボツ。

となると以下の2つくらいしか

       クリックすると元のサイズで表示します

どちらのメーカーのデジタルカメラも使ってきましたがソニーは壊れるが修理サービスが麗しい(ソニーユーザーはうるさいんだろうな)、パナソニックは壊れないが修理サービスはお粗末(いまだに洗濯機の修理のノリなのかもなぁ)。
手間と部品在庫のコストを考えたらパナソニックは東アジアの工場の近所に修理センターを置いて保税で輸出入修理すりゃいいのにね。 「海外でばっちり手間と時間かけた修理と、日本での特急手抜き修理、どっちがいいですか?」と客に選ばせたらいいのかも。
ちなみに、PGJも以前の家電会社でやろうとしたことがあります。 その時はコストバランス悪くてJAではしませんでしたが欧州で導入した同僚がいましたなぁ。 

で、色々調べてみましたら。 さすが「壊れやすいソニー」。 Facebookに「α7IIIシャッター崩壊被害者の会」がありました。。。 https://www.facebook.com/groups/418715925421277/media 

というわけで、またまた松下さんのデジカメ。 Lumix S5に決めました。 松下のフルサイズはこれが初めてですので、同じLumixとはいえ、Lumixマイクロフォーサーズレンズの在庫は使用不能です。 

それでも尚あるLumix Sシリーズの最大の利点はライカLマウントを採用していることで、Panasonic自身のレンズのラインナップは実に貧弱ですが、Lマウントを使用しているレンズは世界に数多ありますので、レンズの選択肢に困らない。(金さえ払えばDL(ドイツ連邦共和国)製造のライカレンズだって買えます>素人に66万円の標準レンズは無駄だねぇ)


で、配送されました。 

クリックすると元のサイズで表示します
Nikon D750+キットレンズの24-120(左)と
Lumix S5+キットレンズの20-60(右)を並べたところ
クリックすると元のサイズで表示します
同じ35mmフルサイズですがだいぶ小さくなりました。

キットレンズ20-60は「これでもか!」みたいな安普請のレンズですが、とりあえず小さくて軽いのでスナップショット用には便利です。 (スナップショットにはGX7-mk2を使うだろうけど)。 20-60ズームしかないのはさすがに不便なのでLマウントボディ-Fマウントレンズ用のコンバータと新興メーカーの激安11mmレンズを購入しました。
(激安な割には良い感じです)


クリックすると元のサイズで表示します

で、以下は比較撮影(露出はすべて開放、シャッタースピードはオート、ISO100)
(クリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます)

クリックすると元のサイズで表示します
キットレンズ20-60mm(ワイド端のつもりだったんだが。。望遠端?)

クリックすると元のサイズで表示します
Nikkor 50mm

クリックすると元のサイズで表示します
Nikkor 28mm

クリックすると元のサイズで表示します
TTArtisan 11mm

このカメラに限らず、精度の良いエレクトリックビューファインダーを装備しているミラーレス一眼カメラの便利なところは、電子制御でないオールドレンズでも絞り優先オート、あるいはマニュアルで、さらに合焦サポート付きで撮影できてしまうということです。
反面、絞り環の無い電子制御Nikkor防振レンズは使い物になりません。

レンズのデータが画像に残らんとか、絞りの自動制御できないとか不便なところはありますが古いレンズでも上のサンプル写真のように使えてしまいます。というのはLマウントレンズに移行するまでの時間稼ぎができますので、大変ありがたいです。
PGJのように撮影対象が動かないものが多い場合にはオートフォーカスが無くても、なんとかなるというお話でした。 

ミラーに映る直接画像で撮影する一眼レフは、それはそれで楽しいのでD750は修理ができる限り使います。 Nikon-FMのような機械式のカメラと違って、電子制御カメラは会社や部門がなくなったら電子部品供給が止まって修理不能だからなぁ。

我が家で一番古い日本光学製機器はMikron双眼鏡です。 1952年以前の製造だから70年ですねぇ。 これはヘリコイドグリスを補給するくらいで元気に活躍しています。 

       

2018/1/19

サンタクロース  大道具小道具Gadjgets

おらぁサンタだ。 が我がシャックにも来てくれました。
三太物語を知っているのは結構な老人だね

昨年はカメラを2台導入しました。 そのうちのGX7mark2の標準ズームはGF1以来のキットレンズの使い回し、小さくて便利なのですが。。。 流石にボディの性能にレンズがついてきていない感じがありまして昨年来思案投げ首だったのですが、XYLが「遅めのクリスマスギフトよ。」とプレゼントしてくれました。 ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH.

クリックすると元のサイズで表示します
わーい

   クリックすると元のサイズで表示します
早速付け替えてみました。 

マクロフォーサーズにしては大きいとは言え、同じ画角のフルサイズD750と24-120mmズームとサイズを比較すると
クリックすると元のサイズで表示します
左 D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、 右 今度のパナライカ 12-60
ボディの差もありますが、やはり小さくていいですねぇ。

        クリックすると元のサイズで表示します
        移動の際に肩で担がずに済みます。  
左のD750に24-120を付けたのを担いでの姫路城天守閣は暑いし重いしで参りましたhi。 

フルサイズに比べて小さい軽いとは言え、マイクロフォーサーズの標準ズームとしては破格に大きく、従来使用していたG VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPHと並べて見ると以下のようなありさまです。

クリックすると元のサイズで表示します
二回り大きいですね。 Panaライカには広角ズームもありますが、この12-60より更に大きいのでマイクロフォーサーズのウリの一つである携帯性は良くないでしょうね。

特徴的に大きいフードが付いています。 フルサイズ並みに大きいです。 これには押しボタン式のロック機構がついていて紛失防止に役立ちそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します  

この新レンズの凄いところは超マクロが効くことです。
クリックすると元のサイズで表示します

どんな距離で撮ったかというと。 こんな距離です。 左のGX7mark2で右のRX100M3を撮ったところです。

クリックすると元のサイズで表示します

これからの普段使いレンズはこれになりそうです。 今まで使ってきた14-45は8年も使いました。 これからは予備役編入です。

という訳でPGJのマイクロフォーサーズのレンズバラエティは



単焦点15mmと25mm、ズームの12-60mmと35-100mm。 フルサイズ換算で30mmと50mm単焦点とズームの24-120mmと70-200mmです。 あとはNikonのFマウントレンズをアダプターで使いまわす手もありますし。暫くはこれで十分です。 

フルサイズD750は、ますます単焦点オールドレンズの使用が増えそうです。 もともとそういう目的で導入したボディですから良いのですけど。 昔のレンズは軽くていいのよhi
フルサイズ換算でPGJのレンズバラエティを見てみると
14mm、28mm、30mm、50mm単焦点とズームの28-105mm、24-120mm、70-200mm。 
あとは300mmくらいが欲しいところですが、野鳥撮影は滅多としないし。 こんなもんでいいのでしょうね。 

サンタさんありがとう! 

で、最初に撮ったのは

    クリックすると元のサイズで表示します

美味しゅうございました。 

2017/7/8


従来ニコンのデジタル一眼カメラはDXフォーマットでした。
何年か前にアマチュア写真家向けシリーズでもFXフォーマットが出てきましたが、高い!買えん!
DXフォーマットAPS-CサイズCCDカメラにフルサイズ36mmフィルムカメラ時代のレンズ資産を使用すると、どうしても望遠寄りになってしまうのはご高承の通り。
概ね24mmが36mm、50mmが75mm相当になってしまう。 逆に200m望遠が300mm望遠になるんだから望遠が必要な人には便利な仕様ではあります。

で、PGJの場合、広角レンズを活かした写真を撮ろうと思うと銀塩カメラFM2にNikkor28mm付けるか、マイクロフォーサーズのGF1やGX7mark2にLeica15mm(30mm相当)を付けるしか手がないわけです。

前置きはこのくらいで
さて、5月の休暇旅行で撮った写真の現像が上がってきたので、それをちまちまスキャンしています。

左 銀塩FM2 + Nikkor 28mm       右 デジタルGF1+ Leica 15mm(30mm相当)


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これはRX100M3 Zeiss19mm

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これはRX100M3 Zeiss 9mm(28mm相当)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
これはD7000 + Nikkor28mm

いやはや単焦点広角レンズとISO50のリバーサルフィルムの組み合わせの難しいことよ。
下手くそが使うならVelvia50よりもProvia100かねぇ。

フルサイズCCDのデジタル一眼レフがほしいところです。

2017/4/11

小田原城花見  観光物見遊山

夜桜見物に小田原城へ行ってきました。
今週天気が荒れるので、これが最後と思われ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美しかった。  今晩のカメラはRX100-M3でした。

照明の前に三脚立てて、自分の影が天主に写っていることに気づかないボケ老人には呆れました。 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手がヨイヨイでカメラを保持できなくなったら写真道楽など止めてしまえ。 と思うんだが?
銀塩で4秒露光しているとも思えず。  老醜。

2017/3/3

ひなまつり  日本での食生活

ひな祭りですね。
銀座三越で甘いものを買ってXYLにおみやげ。と思ったら。
デパ地下工事中らしく、狭い、品揃え無い。。。。
千疋屋総本店でいくつか買ったけど。パットしなかったなぁ。 昼のうちに良いのは売り切れたかなぁ。

弁当でも。と思ったのですが、これまた揚げ物ばかりの「お安い」のしか無く。。。
握りを買ってきたけど、品川のエキナカと同じレベルだったなぁ。。。

客筋は「さすが銀三」で、奥様方のお召し物が違う! でしたが、売るものがこれでは、百貨店凋落はどうにもならんのだろうか。 

クリックすると元のサイズで表示します
Sony RX100M3

クリックすると元のサイズで表示します
Panasonic GF-1

クリックすると元のサイズで表示します
Nikon D7000

写真としてはどれが良いかね? LED電球は色補正が難しくてねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
蟹娘なXYLはカニを半分  PGJは白酒ならぬ赤い酒で酔っ払いhi

クリックすると元のサイズで表示します

今日はたのしいひな祭り。

  雛飾り。今年は出しました。

2017/2/9

どうすべか レンズ  大道具小道具Gadjgets

レンズと申しましても、メガネや双眼鏡ではなく。
カメラのレンズ。
D7000につけて使っているニコンの18-200のVRズームレンズが酷使の余りイカれまして。
延べ何カ国を回ったか? ぶつけるは、スーツケースごと落下するわ、  まぁ写真は撮れるがフォーカス時の異音が凄い。

修理するのと新古の値段が同じ。 なら新型VR2を買うか? はたまた消耗品と思ってタムロン/シグマか?

いやー。 純正は高いよねぇ。

というわけで、思案。
PGJが一眼レフを使うのは風景か、静物か、暗い室内の人々。
風景:ソニーのRX100M3がある。 ただしファインダーが屋外では暗くてどうにもならん。
暗い部屋の人々:RX-100M3とGF1+F1.4/25mmがある。
では、静物と屋外近景をどうするか?

あったさ。 銀塩カメラFM2につけてあるF1.4/50mmをD7000に付ければいい。

クリックすると元のサイズで表示しますRX100M3

では早速やってみた。 FM2につけているくらいだから、当然マニュアルフォーカスレンズです。
D7000に付けてみると、当然P-modeではエラーになってシャッター落ちません(レリーズ押せない状態)。 S-mode(シャッター優先)も当然だめ。 
ただし、A-mode(絞り優先)とM-mode(フルマニュアル)ではレンズの絞りをボデイーが読みに行くので使えました。 というわけで上のRX100の写真は、この組み合わせで撮ったものです。
取れるは取れるがシャッターショックが凄い。 レリーズ押す度に絞りを機械的に都度読んでいるのでと思われる振動です。 これは余程シャッター速度が速くないと手ブレる。

で、他のものを撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
F1.4開放
D7000のファインダーでは小さくて中年の眼ではピントが合わん! 手ブレも?

クリックすると元のサイズで表示します
F5.6

では、外で 以下全部開放
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これはF11
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
F4.0

デジタルボディとマニュアルレンズ。 外観はこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ある程度ガラクタがあると、ありものでなんとかなる一例 hi

2015/4/11

今年の花見 完了!  観光物見遊山

今年は首都圏や箱根周辺での花見に行きそこないました。
という訳で、思い立って高遠と国道152線沿いの桜を見に行ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

諏訪盆地で前泊して、R152を南下すると「高遠周辺駐車場大渋滞」になる前にガラガラの駐車場に入れることができます。
高速道路で長距離走るのになぜジムニーか? それは、明日のお楽しみ。

天気予報は雨!
でしたが、当日の朝の天気予報は「15時まで曇りだべさ」に変わっておりました。 降らなきゃ上出来。

 クリックすると元のサイズで表示します

朝一番で行くと、このガラガラぶり。 これだけ空いていて、天気が悪いと言ったら贅沢すぎて罰が当たります。 

  クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
    露天商の皆さんも仕込みしてるかぽかんとしているかの午前9:30.

     クリックすると元のサイズで表示します
     XYL曰く「私は証拠写真しか撮れない」 そうねぇ。 何でもできたら嫌味でしょ。

      クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します
        城址は美術館もありまして、
 
         クリックすると元のサイズで表示します
         お茶なぞもいただけます。  空いているときは喫茶店だけ利用もさせてもらえます。

美術館からは、高遠湖越しに南アルプスの山並みが見えたりします。
クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
 美術館前では小学生が「腹を裂くぅ」という物騒な詩吟を伴奏に民踊を披露しておりました。 

美術館を背に湖の方へ降りると高遠ダムがありまして、雪融けシーズンは放水また放水でなかなか見ごたえがあります。 治水ダムではないので、制御のキャパが無いから、とっとと放流するのかどうかは知らない。

  クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
   ダムを眺めた後は定番復元江島のお囲い屋敷。 江島生島、大奥ドラマの定番ですね。 

    クリックすると元のサイズで表示します
   
さて、3時間も城跡をへ巡り歩いていると、腹も空いてくるので、食うものは無いか?
蕎麦屋しかないんだね。 高遠。
http://inashi-kankoukyoukai.jp/cms2/archives/1397

    クリックすると元のサイズで表示します
   高遠そば、美味しゅうございました。 居酒屋レベルで十分美味しかったのでどの店でもそれなりに旨いと思われます。 
味噌だれとゴマダレでいただく蕎麦。 なんですなぁ。  当然塩辛い。 (大根も辛い)
一時期脳卒中国内ワーストワン長野県らしいと言えばらしいメニューです。hi

またぞろ徘徊をはじめまして、こちらは有料区域外の侍屋敷跡。 こちらも桜が。

     クリックすると元のサイズで表示します
     RX100M3はパノラマ撮影できるのが便利。

さて、街を徘徊していて見つけた。 温泉スタンド!
      クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します
         20リッター10円
         上の軽トラの方が載せているタンクが220リッターで110円。
         
さらに、温泉スタンドを登っていくと、お城ビューポイントがあります。
  
クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します
  農道も当然桜だらけ。
  まさに満開日です。

農道にほとんどしゃれでやっているような喫茶店があります。
   クリックすると元のサイズで表示します

注文を聞いてからおもむろに小麦粉を溶いてマフィンを焼きだす長閑な時間お流れですが、店先の餌台に野鳥が頻繁に飛来しますので、見ていれば飽きません。 ただ、置いてある双眼鏡は光軸がずっているので、自前の小型の双眼鏡をお使いください。 たとえばこんなの

「Napierで住んだ家はこんな感じの内装だったね。但しリビングはこれの4倍あったな。」などとXYL話していると、お茶が出ました。
    
美味しゅうございました。 http://www.kinosuzu.co.jp/tea/ 木のすず

    クリックすると元のサイズで表示します
    さらに歩くと303段の石段のあるお社とか。 意外と見るものはあります高遠。

     クリックすると元のサイズで表示します
     というわけで2015年の桜は4月10日が満開日でした。  

      クリックすると元のサイズで表示します
ジムニーJimny

2015/2/7

銀塩VSデジタル  大道具小道具Gadjgets

先日の筑波実験植物園訪問ではリバーサルを入れたNikon FM2とSONY RX100M3を持っていきました。
さすが最近のデジタルカメラの受光素子とDSP技術は、銀塩をはるかに超えていますね。
6x7くらいのサイズになればまだフィルムは強いんでしょうけど。

以下の写真はクリックすると原寸で出ます。

こちらデジタル。 
クリックすると元のサイズで表示します

    こちらリバーサル。 
    クリックすると元のサイズで表示します

こちらデジタル
クリックすると元のサイズで表示します

    こちらリバーサル
    クリックすると元のサイズで表示します

リバーサルは手持ち1/60秒だから手振れもあります。hi
いや-。 勘が鈍ってます。 露出もボロボロ 情けない。

2015/1/3

三島大社  観光物見遊山

三島大社は伊豆の鎮守で伊豆は伊豆諸島の火山も含まれておりますそうで。 ついでに近所の灰降らし富士山も見ているという大変お忙しい神様です。

XYLの初詣にくっついて、毎度おなじみ三島大社へ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
屋台には目もくれず

クリックすると元のサイズで表示します
門をくぐり

クリックすると元のサイズで表示します
お参りを済ませて

クリックすると元のサイズで表示します
縁起物がこんなにありまして。

クリックすると元のサイズで表示します
どれにしようか? 
そういえば数十年前XYLは売店巫女さんをやってたそうな。 

で、迷った挙句、一つ頂いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
また、夜店の中を突破し帰ってきました。

ここまでの写真はRX100M3で撮影しました。 さすが新型 夜に強い。

で、我が家の居間がどうなったかというと。

クリックすると元のサイズで表示します

でか!


2014/12/26

ボクシングデー  大道具小道具Gadjgets

  クリックすると元のサイズで表示します

ボクシングデーですね。
「いい子にしていないとサンタさん来ないよ」とXYLに言われながら先月から楽しみしておりました。
9年使い込んだLX2の代わりのコンパクトデジタルカメラの候補としては、

色々ありましたが、どれも一長一短。 選択が悩ましかったですね。

富士フィルムのX30
マグネシウム合金ボディと古めかしいデザインは魅力的です。 起動速度やフォーカスの速度が速いのもコンパクトカメラの必須条件を満たしていますが、GF1以上に大振りで、いまどきの上級モデルでNDフィルターが無いというのも、うーむ。
マクロが苦手なのも、うーむ。

キヤノンのG16
今一つ、グッと来ないデザイン。 ズームは便利だけどね。 画像エンジンは良いみたいね。

パナソニックのLX100
これまたLX2、GF1で使い慣れたUIなカメラ。 センサーサイズは4/3と大きい。 ただし、ここまで大きいならGF1と携帯性が変わらない。 4K動画対応と言っても、我が家でTVを導入する予定ないし。 (しかしTVも9年目だね。)

パナソニックのLX7
LX2と操作系共通で、横長ワイドな画像も便利。 価格もこなれてきてFB。 
LX2で十分に味わった使いやすさと信頼性。 小さい。ポケットに入る。
一応 国産。 
とはいえ、いまどき1/1.7型のセンサーは、次の8-10年を考えた時に「いくらなんでも」だろうし。 Wifiついてないし。

ソニーのRX300m3
電子ビューファインダーがついていてあの小ささ。 1/1受光素子をよくあそこに詰めるなぁ。という30年前のウォークマンのような感じ。
RX100登場以来の評判の高さも魅力だが、一方、手が滑って落としそうなデザインでもある。 

で、結局、XYLサンタが、これまたあちこちの評を覗いて選んだのが、

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

これです。
嬉しいなぁ嬉しいなぁ。 ポップアップファインダーはGF1の電子ビューファインダーとは別世界の鮮明さです。 

XYL曰く「ソニーは製品も会社も5年後が心配だけど、私が使うんじゃないからいいわ。 落とさないようにね。」
はい。 落とさないように、純正のレザーケースをさっそく注文しました。 
いまどきのコンパクトデジカメは充電器もついてこないのね。 おそれいった。

amazonでカメラを各種を覗いていて、興味を持ったのは、フィルムカメラに面白いのが出てきていること。 たまにはフィルムカメラもいいかもね。 FM2出してみような?

2010年はGF12013年は25mmライカレンズ
ありがたやありがたや。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ