ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

BMW135で検索した結果、2件見つかりました。

2010/12/6

車好きに嫌われる戦略?  クルマ/バイク/乗り物

アウディからDVDが送られてきました。

     クリックすると元のサイズで表示します

これが鼻糞! XYLと「どれどれ」と再生し、3分後には「廃棄!」と合唱しておりました。
A3の1.4(カローラにワゴンRのエンジンを載せたようなもんだ)のシーンにはカーライフナンチャラというご婦人が出てきて、室内の装飾について語っています。
まぁ、アルトやタントの宣伝と同じノリ。
と云う訳で紹介されている車は中国大陸で人気の「でかい車体に安くて小さいエンジンを積んだ車、見栄と張ったりクルマ」が大半。
A3 1.4
A4 1.8
A4 2.0ターボ (これでPower/weight ratioギリギリなんとか?)
A5 2.0ターボ (形は良いがPWR悪すぎ)
A6 3.0 (首都圏の路地裏には入れんね)
Q5 2.0 (グランドチェロキーにジムニーのエンジンを積んだようでhi)
1000円高速の渋滞に並んでいるのが苦痛でない方々には良い車でしょうな。

あとはR8 ZLでも持って行かなくちゃ楽しく走れません。

XYL曰く「クルマを選ぶのに女性の視線だ男性の視線だなんてありえない。
走行性能、安全性能、好みの駆動方式。 乗っていれば『ここのフォルムがね』なんて自分じゃ見えん。」

と云う訳で昨日はA3を車検に出してきました。
TTの2リッタークワトロは重さとパワーのバランスが最高なんだが、2012年発売のR2も捨てがたい(クーペならね)。

まぁカタログ見ているときが一番幸せな時さ、急ぐ買い物では無し。 BMW135も捨てがたいしね。

2010/10/3


BMWの135が面白いなと思ったのは既報の通り。

ところがポンポコ丘陵の近所のディーラー曰く「不人気車で展示車はありません」そうで。
仕方ないので首都高の空いた時間を狙って都内の直営ディーラーへ行ってみました。

さすがに直営店の営業は客が興味を持ったクルマを「不人気車で」とは言いませんが、やはり展示車は無し。 玉数が少ないと言っていましたので販売予測が大幅に狂ったのでしょう。
BMWジャパンのSCMと営業はお互いを罵っているでしょうな。

予想外に売れたのかもね。 当初は、国産車で言えばカローラスポーツのクラスのクルマに700万円(オンロードコスト+オプション)近く払う奴は居ないだろうと思ったんだろうね。

A3の3.2もスポーツカローラにしては600万(オンロードコスト+オプション)は高かったからアウディジャパンは廃版にしてしまったものねぇ。

とりあえず「エンジンが小さいことと細部が違うだけでほぼ同じです」という120を見てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

おもしろい。 小さくてよろしい。 A3スポーツバック同様に「スポーツカー」していないところが良い。(JAでカリカリスポーツに乗って楽しいわけがない)

後方視界は良好。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


バッテリーはA3同様リヤのブーツ(いわゆるトランク)の底に移動しています。

これで、トレーラーフックでも付いていればパーフェクトだね。

ステアリングホイール周りは135も120も大差なし。純正ナビが有るか無いかだそうで。

クリックすると元のサイズで表示します

この純正ナビゲーションシステムという奴は、どこのクルマでも融通が効かなくて性能が悪くて高いものですが、これはどうなんだろうね。 コペンの時もオーディオ一式載せ替えたけれど高くついてかなわん。

XYLが最近極端に2ペダルMTの運転を嫌がるので次の車は3ペダルMTになる可能性大。
AudiがTTの3ペダルディーゼルを出せば最高ですが、、、出さないだろうね。

まぁ、クラッチペダルのあるクルマはクラッチフィーリングを試さいないことには恐ろしくて買えないので、試乗車が出てくるまでのんびり待ちましょう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ