ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

ノリタケで検索した結果、9件見つかりました。

2017/9/8

伊万里のノリタケ  美しきモノ、心ひかれるモノ

ノリタケと言えば愛知の会社ですが、佐賀県にもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
左前の会社は草ボーボーなんだよねー。

この状態でプレミアムって、もう無理。

まぁともあれ工場付属のアウトレットショップへ行きましょう

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上のゲートを100mほど入っていくと
守衛所が有った門がありまして。
「即売はあっち」と書いてあります

クリックすると元のサイズで表示します
こちら売店。

クリックすると元のサイズで表示します
プレーシングプレートに使う皿と

クリックすると元のサイズで表示します
カキツバタ文様のエスプレッソ+ケーキ皿を買ってきました。


2017/3/6

大丈夫か?ノリタケ  観光物見遊山

学生時代から90年代まで使った食器はノリタケの安いやつだった。
精度のいい工業磁器食器製品であったのですが、、、、

昨日は名古屋のノリタケを覗きに行って、その商品のつまらなさにがっかりして帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

建物は良いのですが

機械でエイヤ! という感じの製品がやたらと多く、技術が高いのは分かるが味も素っ気もない製品ばかり。 その割にロイヤルコペンハーゲン並みに無意味に高い。
もう、この会社は、だめなんだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
トヨタは面白みのない性能がそこそこの車を安く作るメーカーに成り下がり。
JR東海は利便性のないお仕着せ新幹線サービスを展開し、カゴメは十年一日薄い野菜ジュースを作り、ノリタケはこの有様。

愛知県の会社に魅力的な製品を作れというのは無理なのだろうか? そういえば延々飛ばないMRJも愛知だったか。

ノリタケ。好きだったんだけどね。

2009/8/30

1000円高速反対!  日本の「やれやれ」な話題

昨日はZLからJAにQSYして初めて選挙に出かけました。
前回の投票はZLのNapierでの国政選挙だったかな? 2002年? ZLでは納税者には選挙権があります。 優秀な人材は輸入に頼らざるを得ないのでこうなります。 ちなみに世界初の婦人参政権もZL。 優秀な人材は男だけでは足りなかったわけで。

さて、投票場所は三島市(JCC1806)。 東名高速は渋滞!なので、矢倉沢往還でノリタケによってから東名厚木ICにのり、渋滞を回避してたどり着きはしました。

投票してから、かつての通勤道路を北上し、ハズレるとバチルス臭のする御殿場の地ビール缶を買い(これは今日飲むんだ。 ふふふ)、さらに北上して御殿場の豪華粗品商店街で、渋滞除けに時間つぶし。
ノースフェースの店でXYLに「殿様、先週お買い上げになったゴアテックス使用の街用コートは去年のモデルのほうが、お好みに合う仕様だったのでは?」などと言われながら、あっちぶらぶらこっちぶらぶら。
ロイヤルコペンハーゲンでは「OZ(デンマーク王国)ストロイエの本店で25%の消費税付きで買う良品より高い二等品とは何だ?」と、あきれ(ここでも良いエスプレッソカップは見つからず)。
(いや、ここをウィンドウショッピングする楽しみは、この手の悪態をつきながら歩くことですから、所期の目的は達成したわけですが。hi)

さらにまだ渋滞中なので、モール内で食事をしました。 
豚とパスタを頼んだら同時に両方出す馬鹿なレストランには魂消ました。 パスタは伸びまくってうどん状態。 
普通、パスタの後にメインを持ってくるよなぁ。 
XYLの説では「中華料理と同じ感覚で、同時に持ってきてもらって取り分けて食べる人が多いからではないか?」ですが、実際は如何に?
 
クリックすると元のサイズで表示します

銘柄豚は旨かったです。 フルーツジャムをもう少し使えばもっと美味しくなるのにねぇ。 このみせもガラガラでもう少し単価上げて、サービス品質と盛り付け品質あげたら?なんですが、まぁ場所が場所だけに、サービスもアウトレットなのか、そうか、、、

そこまで時間をつぶして、21時。 東名上りは30Km渋滞。 御殿場大井松田間は50Km/h規制。 50Km/hで走っていると大量の制限速度無視ドライバーが達の運転する車が相対速度40Km/h以上で抜いていくは急接近してくるは、おそろいの何の。
バックフォグを明滅させたりハザードつけたり、忙しい。 どうして車間距離を守らずべったりついて加速減速を繰り返すんでしょうねぇ。 安全でないし燃費も良くないし疲れるのにね。 「給料上がらんのだから、そういう無駄を省けよ」と思うんだが。。

結局大井松田からは昔取った杵柄の農道裏道を抜け小田原厚木道路から矢倉沢往還に出てQTHまで戻りました。
用もない、高速道路を走りつけないあほうども高速道路に吸い寄せる「1000円高速」とっとと止めて欲しい。

PS; 同じ皿から中華料理状態でシェアするとA型肝炎に感染するリスクが高くなるよ。 よく東南アジアに出かけて拾ってくる馬鹿者はこの手が多い。 同じPETボトルからジュースを飲んだだけでも感染するのですから、チューをしたくない奴とは菜箸なしのシェアはしないほうが良いねぇ。

ちなみに、その昔(といっても今世紀)、ZLでブルーベリーファームの収穫作業者がA型肝炎で、それを食べたZLあちこちの消費者が肝炎になったという笑えない現実もあるわけで。

最近流行のべらべら話しながら芸をしながら盛り付けるデザート屋がありますが、こちらも恐ろしいですなぁ。 豚インフルエンザ対策でマスクをする前に、そんなデザート店舗に近づかないのも生活防疫上の秘訣だよ。

2009/8/30

ノリタケ 料理は駄目  日本食べ歩き

厚木市(JCC1113)にノリタケのファクトリーショップがあって良品からゴミまでいろいろ売られております。 主として磁器ですが。
こちらにはレストランがついておりまして。 この度初めてトライしました。
ウーム。。。。
食器メーカーアンテナショップで食器の美しい使用法の提案ができないというのはどうしたものか? なんとも貧相な食器使い。。。

クリックすると元のサイズで表示します

だいたい飲み物付けて1600円では、まともなものを出せるわけもなく、それならせめて盛り付けくらい と期待したいところですが、まぁしょせん1600円。
安いのでオバサマたちがやってきてとぐろを巻いているので回転が悪い。 回転が悪いなら客単価あげてもっと旨いもの食わせろ。と思ってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、大倉陶園にしろノリタケにしろ、セット販売のディナーウェアのコーヒーカップのあの馬鹿でかさは何だろう? アメリカ人がガバガバ出し汁のようなアメリカンコーヒーを飲むためだけに作られているとしか思えないサイズ。

せめてエスプレッソのサイズもシリーズとして投入してもらえないものかねぇ。
というわけで、昨日は会社で使うエスプレッソサイズを探しに行ったのですがどれもこれもでか過ぎであきらめました。

2008/10/13

ノリタケ展  観光物見遊山

JA2三島市の佐野美術館でノリタケ展をやっています。
明治時代から外貨をせっせと稼いだ優等生企業の歴史ですね。
PGJもノリタケの食器とは30年近くご縁があります。

いまあるノリタケのデザインがくどい理由がよーくわかった展覧会でしたhi

クリックすると元のサイズで表示します


2008/7/7

盛付け参考写真  日本での食生活

クリックすると元のサイズで表示します

鳴海製陶株式会社という食器屋さんがあります。 JA1の人間は焼き物を総じて「瀬戸物」と云う傾向があります(夏目漱石の「坊ちゃん」にもそういうくだりが出てくる)が、鳴海製陶もJA2瀬戸市では無いですがノリタケ同様中京の会社です。

ボーダノーバの食器が使い込んできてだいぶ傷んできたので、そごうで特価のディナーセットを買い込んだ話はしましたが、そのバックオーダー分が配達されてきました。
その取扱い手順書がナルミでした。 どうやらナルミ製のPBだったようです。
「どれどれ」とナルミのwebサイトを覗いていたら、こんなきれいな盛り付けの写真が載っていました。

XYL曰く「これは参考になる」 皆さんもいかがでしょうか?

2008/3/17

10数年ぶりに丹沢  観光物見遊山

JA1厚木市のノリタケファクトリーショップへ行ったついでに、宮が瀬ダムを経由して昔なつかしヤビツ林道(本名県道秦野清川線)へ行ってきました。 若いPGJがXL125K2で走っていた頃は未舗装の部分がかなりあって楽しい道でしたが、今は荒れているとはいえ舗装路。 とは言うものの、まぁ、あいかわらず狭い、見通し悪いひどい道で、ヘタクソは来るなという道です。
昼でもハイビーム。警笛ガンガン鳴らしながら走らないと「世の中自分の車しか走っていない」と考えているかのような、想像力の無い馬鹿者ドライバーが対向から突っ込んでくるのでご用心。

この林道の宮が瀬地区方面は一部宮が瀬ダムの建設に伴い水没しまして、PGJが喜んで走っていた道も水底。 中津渓谷の林道もそうですね。 
今回ふと車を停めたら、そんな廃道を見ることが出来ました。 こんな廃道をXLR80やTL125で走ったら楽しいだろうなぁ。 と、ちょっとだけ思いましたが、体力がないし、そもそもTLは処分してしまったし。 
だいたいスギ花粉で死んでしまう!

クリックすると元のサイズで表示します

さて、さらに林道を南下すると札掛にたどり着きます。 (昔、ここで農工大の先生が鹿の給餌試験をやっていたなぁ。そのときの経験で作ったのがこちらのテレメアンテナ) ここは新大日へ登る登山道の入り口でもありまして若い頃はXYLとうろうろしたものです。
妙に小奇麗な建物が建っていましたがダム対策費で建ててもらった箱物なんでしょうかね?(どうもこれらしい)大赤字の神奈川県がこんな稼働率の悪い建物建てて良いのかね?

さて、そんなことをXYLと話しながら登っていくとヤビツ峠に到着。
小学生の頃、ここへ神奈中バスで遠足に来たの、その頃は地図に上級者向きと書いてあったの、と年寄りの回顧話状態です。

しかし、まぁ

クリックすると元のサイズで表示します


この落書きのひどさよ。
その昔、篠塚がヤビツでブイブイ行っていたころは、全くの無舗装路で、下手は崖下へ落ちなさいと言う道で、そうそう素人さんが来られる道ではなかったのですが、現在ではヤビツ蓑毛間はすっかり舗装され、馬鹿でも来れるようになったのが原因ですかね。

そのヤビツ蓑毛間に菜の花台があります。 昔からUHFの移動運用にFBな場所でしたが、なんとまぁこんな物が建っている。 これまた神奈川県だよ

クリックすると元のサイズで表示します

倒産寸前自治体が、いい加減にしたらどうだ? この周りも落書きの巣だし。 ヘタクソが欄干を突き破って落っこちるしで、実にすさんだ感じです。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示しますあきれかえりモードで下りて来たら、先日なつかし写真館に載せた丹沢蓑毛の神社での86を撮った神社を見つけました。

桜の木は空洞化して枯死寸前ですが、まだありました。 
丹沢方面に出かける際はジムニーがFBです。



2008/3/16


ノリタケと言えばNGKやTOTOなど、日本の代表的な高性能工業的焼き物の会社を生み出した会社の母体として有名です。
PGJも学生時代から30年近くノリタケの洋食器を使い続けています。
(まぁ物持ちのいい)
と言うわけで、JA1厚木市にあるノリタケのファクトリーショップへ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

うーーーん。 きれいでサイズも模様もパーフェクトに揃っているが感動がない。 という製品がずらーーっと並んでいまして、、、 ホテルなどの大量に使う皿としては均質で良いかも知れないけれど、どーも、値段の割りに心に響かないというか。。。

PGJとPGKが使っている北欧の食器は工業品のくせに微妙にばらつきがあります。 この工業品としての失敗作が、実はなんとなく心地よさを生み出しているのかもしれません。 

まぁ、食器はある程度安くてもシリーズで揃っていれば食卓の上で美しく見えるので、ここのアウトレットで一気にそろえてしまうのも手です。 (ただししょせんアウトレットですよ。 安ホテル用食器が大量に並んでいましたので、そういう地雷製品は買わないように。 帰宅してから悲鳴を上げるからhi)
一方、良い物は、ちゃんとした値段で良品販売コーナーで売られています。

でPGJが気に入ったのがこちらのコーヒーカップ。 XYLも千葉そごうで見かけて「変可愛い」と思っていたそうです。
金ベタ塗りで傷がつきやすいのでめったと使えませんが1客買っちゃった。。。。
しがないサラリーマンにはちょっと贅沢な買い物でした。 

クリックすると元のサイズで表示します


同じ場所にある大倉陶園の販売コーナーに1客2万円を越すエスプレッソ用デミタスカップがありました。。。 確かに素敵であるが。。。
買えん!
だが、青だけで染めたロイタルコペンハーゲンのデミタスカップより、少し高いだけなんだから、やはり日本製の高級陶磁器は御買い得と言うことか?

2008/1/27

フィンランドのアラビア  美しきモノ、心ひかれるモノ

PGJの食卓で使われる食器のうち、洋食器はそろそろ30年になるノリタケのアイボリーチャイナ、ZLで買い集めたSM(スウェーデン)のボーダノーバ、そして写真の物がOZ(デンマーク)にいたときに使っていたOH(フィンランド)のメーカーのアラビアです。

90年代はじめころ、在外手当てが1日1万円つく美味しい出張でOZに9ヶ月いたときに、持ち慣れない(hi)小切手を握り締めて百貨店にXYLとドキドキで買い物に行って買ってきたお皿です。
若々しいデザインですね。 PGJとPGKには懐かしい思い出の食器です。 当時はエコノミークラスの身の上、貨物は20Kgまで。。
JAへ帰国の際、機内持ち込み荷物に押し込み、それでもスーツケースは18Kgオーバー。 PGJは当時は若くスマートだったからチェックインカウンターのおばさんに「後ろのジェントルマンはどう見ても100Kgだ。私は55Kgだ。しかるべき考慮がなされると私は大変嬉しいし、XYLに御土産が買って帰れるんだけど」と言ってみたら。「OK」と「This is a gift from SAS」と言ってまけてくれたと云う、おまけの曰く付きです。hi

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


アラビアもボーダノーバも日本では超マイナーで誰も使っていないところがいいのですが反面壊れたら買い足しもできないという頭の痛い問題も有ります。
まぁ30年前のノリタケも廃盤で補充は効きませんが。。。。
どれも高額品ではありません。 1枚100ドル1万円しないものばかりです。
若い頃から安月給なりに食器道楽はしていました。 1枚1万円を越える食器はさすがに40才近くになるまでは手が出せませんでしたが「ちょっと贅沢」は時々しておりました。

スーパーの安売り食器と景品の食器だけで暮らして居ると食生活は本当に貧相なものになります。 「ちょっと贅沢」でお気に入りの食器をそろえてみたらいかがでしょう? 食卓の風景がよくなりますよ。

PGJのおふくろ様も我が家の食卓を見た後、自分の食器棚を見て「あーこんな不統一なもらい物の食器はみんな捨ててやる!」
というわけで、ついでに捨てられた先祖伝来の江戸時代の食器は確保しましたhi



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ