ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む
各国台風進路予想足柄地方ハザードマップ

2022/1/24

速っ!  観光物見遊山

今までのマンボーと異なり随分ユルユルのマンボーですが、地元保健所の話では「オミクロン株は隣の席で黙食しているだけでも感染する。」そうですので、前回までのマンボーのように「黙食で静かに蕎麦でも食ってこよう」さえできなくなりました。 
重症化しにくいとは云え統計学の基礎の基礎をやっていない人々の中で食事もできません。 恐ろしやー。
というわけで、

誰も来ないようなところへ行ってみようと、遠州の山の方へ。
天竜二俣駅に今どき現用の転車台があるというので見に行きました。
Gisborneでも転車台は使用可能で動いていますが、本邦では博物館以外では結構珍しいのは確か。

我が家から二俣駅までクルマで2時間ちょい。 第二東名の120km/h区間は便利です。 もっとも松田のNDRFロドスタはクルーズコントロールがメーター読みで最高105km/h(実速度約100km/h)にしか設定できないので、80km/hばかりの中央自動車道では使えますが東名高速ではまったく使い物になりません。「広島の田舎にはXXは無いのか?」と思うことの一つ。 hi

クリックすると元のサイズで表示します
まずは本田宗一郎ものづくり伝承館(天竜区二俣(JCC180207))へ。
https://honda-densyokan.com/
ここは時々展示替えをしているので田舎の資料館にある「あー、前に見たー」があまりなくて良いです。

前回の展示はこちら https://sky.ap.teacup.com/zl2pgj/4068.html

クリックすると元のサイズで表示します
RC181(1967)

クリックすると元のサイズで表示します
NSR500(1997)

クリックすると元のサイズで表示します
1997年に、これが出たとき「50ccで、どこを走れというのか?」と悪評紛々だったDOHC単気筒のレーサーレプリカ。 せめて60ccなり55ccなりにすれば売れたろうにねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
2005年ころは世界の最先端だった二足歩行ロボット

クリックすると元のサイズで表示します
とか
クリックすると元のサイズで表示します
は定番
このメッキはサビサビのタンクを外して磨いて再メッキしたんでしょうね。 ホンダコレクションの人々のレストア執念はすごいです。

2階は「柴田制作所図版原画展in天竜8」です。

定番 ゴールしない平くん
クリックすると元のサイズで表示します

このあと天竜二俣駅の構内見学。

伝承館に入館するときに変なものが立ってるなぁとは思ったのですが
クリックすると元のサイズで表示します

こういうことだったか。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでもシン・エヴァンゲリオンの廃線の駅のモデルがここだそうで。
お陰で普段は4,5人のハズの見学者がいつもの十倍。。。
市中感染してしまいそうだ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します
見たかったのは、この転車台

人ごみから離れてみていたら、ツアー時間終了で資料室は見ることができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

こちら故障で動かない初号機色のディーゼル車。
しょっちゅう壊れているアニメのマネまでしなくていいのにねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「機械物はもっと落ちついて見たいから、この駅名看板が元に戻る3月の平日に来ましょう。」

女のオジサンを妻に持つと週末も楽しい。 hi

NDロドスタ
Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2022/1/18

有松  観光物見遊山

正月休みに桶狭間古戦場近所の有松のオールドタウンに出かけました

ここは絞り染で有名なところ
ここでも。 「作れる人が居なくなって」
日本の伝統手工芸は絶滅だね。
時給でしか賃金を払わんからだよ。 技能に払わんと本当に伝統工芸絶滅。

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

レンズはシグマ(広角ズーム)とパナライカ(標準ズームと単焦点25mmMFT)でした。


2022/1/16

わうさまと富士山  観光物見遊山

普通は箱根山から撮る富士山ですが、本日は富士山の裾野へ行ってきました。
これまた定番な場所なんですが。

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

御真影は4枚だけ

2022/1/6

花見シーズンスタート  観光物見遊山

旧小田原藩領は1月から4月まで延々梅桃桜が楽しめる地方です

まず 梅が咲きました

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します 

https://www.kanagawaparks.com/odawarafg/
丘の上ですので、雪が降ったらノーマルタイヤで来ないでね。

関東近県花見マップ


クリックすると元のサイズで表示します
私のNDロドスタは一応 雪仕様です。


クルマに冬装備のない方は、お願いですから、春まで箱根山に近づかないでください。
本当に迷惑なんです。

ともあれ

国産車サイズのタイヤの安さには感動するのであります。

TTはホイール込で40万とかしたもんなぁ。。。^_^;
 

Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2022/1/4

正月休みの1日だけ お出かけ  観光物見遊山

スタッドレスに履き替えると「ワインディングへ」という気持ちも起きず(そもそも舗装路ではグリップしない)、出かけるとなるとタラ−っと走れる大断層地帯に絞られます。 クアトロだと雪国へでも行くか? でしたがFRのNDロドスタではちょっとね。



クリックすると元のサイズで表示します
中央道を走って下諏訪 片倉館

今回は お湯に浸かってきました

    クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道は定番断層崖上の農道

クリックすると元のサイズで表示します

わうさまったら

   クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

今度は八ヶ岳が背景ですか?

クリックすると元のサイズで表示します

   お土産 マンネリ釜飯hi      
   クリックすると元のサイズで表示します    
Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2021/12/27

わさびを買いに  観光物見遊山

わさびを買いに天城へ出かけました
途中わうさまのご所望で芦ノ湖の船を見学

わうさま「そうか! 船を作る前にまず桟橋が必要だな!」
クリックすると元のサイズで表示します

ワシ「わうさま。 発想もピントもずってますよ」
クリックすると元のサイズで表示します

今日は伊豆スカイラインで南下
伊豆縦貫道に繋がる有料県道は、いまどき手集金で使いたくない。
各県の運営する有料道路はいつまでETCを入れないきだろうね。 アタマが悪いのも、あそこまで行けば犯罪である。 彼等にしてみたら生産性を上げることが犯罪なんだろうけど。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら伊豆スカイライン滝知山PA
伊豆諸島がよく見えます。

   クリックすると元のサイズで表示します
   青空に白い雲が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
天城の道の駅で根わさびと葉わさびを買い。

クリックすると元のサイズで表示します

身延町(JCG17007G)の和紙の資料館のミュージアムショップへ

クリックすると元のサイズで表示します

行ったけど、正月飾りの水引細工は良いのは売り切れ。
ちなみに身延町はセンリョウだかマンリョウだかの産地だそうで。 で、これはどっちなんだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

定番三国峠 またもや暗くてシルエット撮影

2021/12/21

雪が降り出しだしましたねぇ  観光物見遊山

わうさま「なぁなぁ ワシ冬眠せんといかんか?」

クリックすると元のサイズで表示します
ワシ「おふとん帝国では大丈夫だと思いますけどね」

 クリックすると元のサイズで表示します
 急に余裕の態度のわうさま

クリックすると元のサイズで表示します
典型的な年末の富士山の積雪。 画面左端(南斜面)に積雪が出るのは晩冬(2月-3月)です。

いきなり飛んで、山梨県西部

   クリックすると元のサイズで表示します
    わうさま 水墨画の世界にピンクのお腹が映えますねぇ。

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こんなところを登る人もいるんでしょうねぇ。

 クリックすると元のサイズで表示します
 映えますなぁ

    クリックすると元のサイズで表示します
    片倉館は大繁盛
    なので断念

ホイールが黒いのは先週スタッドレスに履き替えたからです。 

クリックすると元のサイズで表示します

シルバーのエンケイは来春までお蔵入り。

スタッドレスは横浜iceGUARD 6ですが、南関東のように「降るより凍るほうが多い」路面状況に向いたタイヤとの評価があります。 Audi時代はBSのブリザックでした。 クアトロだとわざわざドカ雪方面にでかけたりするのもあり、ブリザックの35%は雪に強く、腰砕けしなくてよかったですが、45%のタイヤだと横浜のほうがグニュグニャ感がなくて良いようです。
ドカ雪になったらジムニーを使うしね。

https://www.y-yokohama.com/product/tire/searchbystudless/

さすが神奈川地場産タイヤ 

この記事の写真はクリックするとフルサイズでご覧いただけます

2021/12/3

地球は丸い  観光物見遊山

800mm望遠(35mm換算)で芦ノ湖の湖尻湖畔から南を眺めていましたら船が浮かんで見えます。
(この記事の写真はクリックすると原寸でご覧いただけます)

クリックすると元のサイズで表示します
湖面の温度差による光の屈折、いわゆる蜃気楼状態です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまで寄ってくると水平線に乗っている状態
これで3.5kmほどかと。 

クリックすると元のサイズで表示します
これで1.9km

で、こんな小さな湖で、どれだけ地球の丸さがでるのだろうかと調べてみました

クリックすると元のサイズで表示します
光の屈折がなければ湖尻の波打ち際(上図五角形)に立って、箱根港あたりの波打ち際(上図星形)は見えません。
水色矢印以南は水平線の下。
へー! でした。

地球は丸いのねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
湖尻の波打ち際なんて初めて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
都会の人向けのキャンプ場があるようです。
https://campmura.com/


2021/12/2

延暦寺  観光物見遊山

延暦寺根本中堂は平成の大修理で覆いが付いております。

クリックすると元のサイズで表示します

が、瓦を剥がした大屋根を拝見できました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

でかいはでかいのですが、なにぶん上総介に焼かれてしまったので、いずれにせよ元和以降の建物です。

室町や鎌倉以降の建物がうじゃうじゃある京都の建物群と比べると「あぁそぉ」ではあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先月の中頃ですので紅葉はまずまずでした。

それにしても 比叡山
山の上には本当にあれしか無いのか? でした。

あれ、僧兵たちがまともに守ったら、あれだけの要害山の比叡山は信長などに落とされなかったでしょなぁ。 要害を活かさず麓で屯していた生臭坊主が大負けに負けた
ということなんでしょうね。 たぶん。


2021/11/27

行田には史跡しか無い  観光物見遊山

先週 さきたま古墳群(JCC1306行田市)を見に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
これが国宝の鉄剣のでた稲荷山古墳。

クリックすると元のサイズで表示します
前方後円墳の円丘部に竪穴式に葬られていたそうで、これが古墳時代の前期の埋葬法だそうです。

これが後期になると何人でも入れられるように横穴式になるそうです。

稲荷山の円丘部から前方部(画面左)を見たところ
クリックすると元のサイズで表示します

上写真右の円丘は円墳で丸墓山古墳

クリックすると元のサイズで表示します
11mmレンズを使わないと入りきりません。

時代が下がって、横穴式玄室を持つ古墳になったのがこちら
クリックすると元のサイズで表示します
将軍山古墳です
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 在りし日のお姿

この辺りは古代 朝鮮半島からの移入者が多く
文明の中心地だったそうな。
いつの世もダイバシティが必要だという一例

クリックすると元のサイズで表示します
ともかく やたらと大小の古墳があります

拡大地図は以下をクリック
クリックすると元のサイズで表示します

出てきたお宝が こちら

国宝です。 石と土と鉄の展示品ばかりなので写真OK。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

古墳群の後は、この辺りに土手を作って洪水作戦をしかけた石田三成に
負けなかった忍城を見に市街へ。

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

城址にある博物館の展示は大変興味深かったです。
これは難攻不落 というのがよくわかりました。

ただ、街はゴーストタウンで おすすめ散策ルートを歩いてもですねぇ

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します
  
  クリックすると元のサイズで表示します
  地方ヤクルト(「ヤクルト本社」ではないやつ)の廃墟が興味深いと云えば興味深い。

   クリックすると元のサイズで表示します
   この鉄屑C57を見れば行田市のやる気の無さが分かるというもんで。。。

というわけで行田市を後にして鴻巣市(JCC1317)の石田堤史跡公園へ

クリックすると元のサイズで表示します
これはすごい

さすが秀吉の財力だねぇ

  クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
     わう様曰く「その財力 ワシもあやかりたいのぉ」

クリックすると元のサイズで表示します
何を夢想しているのか。。。

2021/11/26

醍醐寺宇宙寺院  観光物見遊山

今月は遅い夏休みをとったんです。 例年通りです。

コーヒー屋だったころも冬の新製品にむけての準備や、店舗や倉庫、委託業者さんへの訪問監査などで夏休みなど取る暇がなく、逆にハイシーズンを迎えると暇になり「セールスの皆さん、あとはよろしく」状態で手が空くのでしたが、最近も扱い品目は変われど状況は同じ。

今回は久しぶりに京都奈良。 遊びに行くのは2014年以来です。 
(仕事では色々とまぁNITEいったり消防鑑識に行ったり、倉庫監査したり)

今回秀逸だったのは京都伏見の醍醐寺。特別名勝、国指定名勝です。
「滅多とない」と案内のお坊様が力説されていました
クリックすると元のサイズで表示します

ま 何が宇宙なのかはこちらをどうぞ

https://www.zl2pgj.com/hobby/travel/jpn/daigoji.html

2021/11/18

比叡山宿坊  観光物見遊山

先週 比叡山に行きまして 宿坊ホテルに泊まりました。
古いけど掃除のきちんとできた施設で快適で良かったです。

お食事は当然精進料理

クリックすると元のサイズで表示します

昨今 培養肉とか流行りですが、脱脂大豆蛋白から作った代用肉なんて40年前からありましたよ。 https://www.fujioil.co.jp/soymeat/articles202102/

いわんや精進料理の肉風XX,魚風XXは江戸時代(あるいはそれ以前)からありました。

というわけで

赤みの刺し身もどき赤こんにゃく
クリックすると元のサイズで表示します

揚げた鶏もどき がんもどき
クリックすると元のサイズで表示します

反芻動物の消化管内のメタン産生菌を置き換える遺伝子操作微生物が出てこない限り牛肉は食えなくなりますし、魚は陸上養殖ばかりになりますしね。

クリックすると元のサイズで表示します


精進料理とは云え

我ら凡俗には般若湯を出していただけます
ありがたやありがたや


ただ、COVID19のせいで在庫が古くてですねぇ
今回の旅行のどこの宿でもビールが古い。 半年前とかね。 


以下は 朝ごはん
クリックすると元のサイズで表示します

カフェもあります

クリックすると元のサイズで表示します
梵字ラテ hi


風景が自慢の宿坊ですので、予約は必ず琵琶湖側をとりましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
わう様もご満悦

以下の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
軽飛行機が低く飛んでいくのを横から見えたりします。

クリックすると元のサイズで表示します
翌朝の日の出は見られませんでした 残念

宿坊ロビーに なぜか僧兵モビルスーツが

クリックすると元のサイズで表示します
今度信長が攻めてきたら撃退してやる。
という感じ。

延暦寺会館 お薦めです
http://syukubo.jp/




2021/11/13

かがみがはら航空宇宙博物館  観光物見遊山

火曜日に岐阜に泊まって かがみがはら航空宇宙博物館に行って来ました。
http://www.sorahaku.net

クリックすると元のサイズで表示します

見たかったのが飛鳥
1980年代に政府主導で地方空港に導入できる中型ジェット短距離離着陸機の実験機として製造されました。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%B3%A5_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


「こんな画期的な飛行機が日本で作られるのか?」とわくわくしたものです。
主翼前縁上側に4発のジェットエンジンを装備し、その噴射をフラップで導流し下方に噴きつけることで浮力を増大させるというUS1(下写真)の発想をジェットに転用したというものです。

クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します

一方汎用飛行艇US1(現行は救難飛行艇US2)は世界一波高の高い海面に着水可能な飛行艇でどこぞのアナウンサーだった人を日本のはるか東方の太平洋上で救難したことでも有名。

その3-4mの波高でも着水できる理由の一つがこちら

クリックすると元のサイズで表示します

この隙間構造で離着水時に水しぶきを低くおさえられる(エンジンが水を被りにくくなる)のです。 へー! でした。

で、そのUS1/2のご先祖様 実験機がこちら

クリックすると元のサイズで表示します
UF-XS

元々は二式大艇の頃からの日本の飛行艇技術が基礎になっているんでしょう
二式大艇はこちら
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

海上自衛隊鹿屋航空基地にて2005年撮影



この他にも、この博物館には

クリックすると元のサイズで表示します
F104だの

クリックすると元のサイズで表示します
T2-CCV試験機だの

クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
飛燕や、その過給器付きエンジンだの

クリックすると元のサイズで表示します
     クリックすると元のサイズで表示します
わが国初の正式軍用機サルムソン2A2の実寸模型とか
各務原が航空機工場隣接の基地の日本第1号だったようですね。
今でも岐阜基地には川崎の工場がありまして、博物館の展示品も川崎製品が主です。

展示模型の「へー!」がこれ
クリックすると元のサイズで表示します
九二式重爆撃機

主翼に銃座がある まるで紅の豚の空賊の機体みたいですね
クリックすると元のサイズで表示します

航研機やキ77の紹介展示もありました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはキ77(A26)

クリックすると元のサイズで表示します

博物館から出てくると岐阜基地からF15が爆音を立てて飛びたっていくところでした。




2021/11/12

ND祝1周年  観光物見遊山

NDロドスタを受領して12日でちょうど1年。
12日に休暇旅行を終えて帰ってきました。
距離メーターは以下の如し

クリックすると元のサイズで表示します

毎週520km走っている勘定ですね。
そりゃタイヤも減ります。ガソリンも食います。CO2をぶちまけています。
平均してリッター12km走ったとして2,211リッターのガソリンを消費しており、排出したCO2は5.2tonです。 地球で毎年排出されるCO2の0.000104ppm = 0.104ppbは私のクルマの燃料からの排出というわけで、自分の環境負荷が目に見えるってのはわかりやすいですね。

話題の電気自動車を充電するには原発はとっとと再起動し、かつ新設をどんどん進めないと間に合いませんが、本邦の科学に遠い国民性では無理でしょうな。 電気料金もどんどん上がって、ガソリンを超えるでしょう。 
クルマ趣味でない人々は自動運転のシェアカーや無人タクシー(人件費がかからんから安いと思われ)に流れるでしょうから、電気自動車になっても運転者が自ら運転して動かす自動車はますます趣味性の高い機械になるでしょうから、いくら充電コストが上がっても不満は出ない気がします。
物流業界は企業運営のためにそれなりの工夫や発明をするでしょうし。

さて、現在の電気自動車ではとてもできない休暇旅行をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
伊那谷の紅葉を眺め

クリックすると元のサイズで表示します
岐阜基地隣接の航空宇宙博物館で飛行機を眺め

クリックすると元のサイズで表示します
正倉院展の御物を眺め

クリックすると元のサイズで表示します
談山神社で紅葉を眺め

クリックすると元のサイズで表示します
醍醐寺で国宝を数多眺め

クリックすると元のサイズで表示します
比叡山で紅葉を眺め

クリックすると元のサイズで表示します
琵琶湖坂本で明智光秀の坂本城址の「なにもない」のを眺めて帰ってきました。

楽しかったです。

Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2021/11/6

箱根 朝焼け  観光物見遊山

箱根の朝焼けの紅葉狩りに行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
青い車にシルバーのホイールが好きです

クリックすると元のサイズで表示します
駒ケ岳山頂駅からの日の出

クリックすると元のサイズで表示します
芦ノ湖西側外輪山の紅葉
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
わうさまもご満悦







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ