ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/1/17

冬の強羅公園  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

冬の強羅公園。 普通は行かんですね。 寒いし、花は咲いていないし、花壇は冬枯れでほぼ空っぽだし。

クリックすると元のサイズで表示します

それでも行ったのはエヴァンゲリオンのロンギヌスの槍を見たかったからなだけなのです。  おバカ。 hi
槍は噴水池の山側に刺さっております。
クリックすると元のサイズで表示します

冬枯れの公園ですが、それなりに美しい風景も楽しめます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

強羅地区は温泉が出ないので大涌谷から引いていると、一般的に言われておりますが、強羅公園は温泉源泉井戸が園内にあります。 その熱を使っているかどうかはわかりませんが熱帯植物園温室があります。
冬には良いですよ。暖かくて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

温室の他に、昔の大金持ちが建てた茶室がいくつかあります。 お手前を頂戴できますが「戦前の金持ち(財閥のオーナー)のスケールはとてつもない!」です。

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中の切り欠きのある柱。 当麻寺の古材。 天平時代だそうです!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

冬の強羅公園  お楽しみください。

(この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます)

2020/1/16

箱根ジオパーク  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

箱根町(JCC11003C)の大涌谷。 冬は我が家からも都心の職場からも噴煙噴気が良く見えます。
さて、その大涌谷は箱根の温泉供給量の1割を支える「箱根温泉供給株式会社」の温泉造成場でもありまして大涌谷にある箱根町立 箱根ジオミュージアムでは、温泉造成事業についての展示をしています。入場料100円なので、展示内容に全く期待せず、今まで覗いてみたことがありませんでした。
この週末にXYLと箱根町内ブラブラをしていて初めて覗いてみました。  展示はセコいがわかりやすい! 造成温泉の維持管理があんな大変な人力大作戦とは思いませんでしたし、温泉揚湯装置(おんせんようとうそうち)の仕組みがよく分かりました。
これは説明のしようがない。 「圧搾空気を井戸に圧入し、空気が温泉湯を巻き込んで吹き上げる」のですが、是非、見に行っていただきたい。
http://www.hakone-geomuseum.jp/

実動模型エアリフトポンプ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
配管内に付着するミネラル(スケール) たったの数ヶ月でこうなるそうで。
(ちなみに兵庫の有馬温泉は数日でこうなるそうです)

クリックすると元のサイズで表示します

この温泉造成事業を立ち上げたのは、あの会社設立マニア渋沢さんです。
http://www.hakoneonsen.com/history.html

大涌谷は活火山の噴火口ですので、そんな展示もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

大涌谷園地の駐車場は週末には2時間待ちとかが普通ですので、クルマで行く場合はロープウェイの早雲山駅や桃源台駅周辺の駐車場に駐めて大涌谷までロープウェイで行くのが良いでしょう。
早雲山から乗れば噴気孔の上を横断できます。

2020/1/14

箱根第3新東京市  観光物見遊山

先週末から、箱根がオフシーズン客誘致の一環でエヴァンゲリオンとタイアップをやっております。
まずは、箱根ロープウェイ桃源台駅。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

NERV本部と言う設定だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

バスがこんな有様になっておりまして。
クリックすると元のサイズで表示します

強羅公園には前出のロンギヌスの槍が刺さっております。

クリックすると元のサイズで表示します

是非おいでくださいまし。


2020/1/14

行方不明物件  観光物見遊山

長い間行方不明でしたロンギヌスの槍が地球の引力に負けて落下しておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.hakone-tozan.co.jp/gorapark/info/1054/

2020/1/5

ごんぎつね  観光物見遊山

寡聞にして知り申さず。 21世紀の日本の小学4年生は無理くり読まされているのだそうです。
ごんぎつね
http://www.yanabe-e.ed.jp/01nankitiMap/nankiti_siryo/gon_zenbun.htm
無情なお話ですよねぇ。   音読してご覧なさい。 泣けます。
で、その作者の記念館が半田市(JCC2006)にあります。  行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.nankichi.gr.jp/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

画面手前が 兵十と撃たれたごん。

クリックすると元のサイズで表示します
ごんが撃たれた鉄砲はこのようなものであったと

クリックすると元のサイズで表示します
人形アニメーションの素材。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/12/17

町立湯河原美術館  観光物見遊山

湯河原町(JCG11003B)の町立湯河原美術館で型染家の高田明彦遺作展を開催中です。

https://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
糊による防染処理と染めと糊洗浄(水晒し)の繰り返しで各色染めるのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以上の遺作展は撮影可なので遠慮無く撮影できます。 ストロボはダメよ。
美術館は庭も綺麗でして。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カフェもございます。 

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場もたっぷりございます。

クリックすると元のサイズで表示します

いってらっしゃーい!

(この記事は写真をクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。)

2019/12/16

湯河原 幕山公園  観光物見遊山

湯河原町(11003B)の幕山公園の紅葉が見事だとXYLが言うので、この週末に出かけてきました。
https://www.town.yugawara.kanagawa.jp/chousei/facilities-introduction/makuyamakouen/makuyama-park.html
何しろXYLは湯河原箱根辺りの山の中を踏破しまくるのがお仕事なので、やたら山の情報に詳しい。 で、幕山公園は盛りを過ぎていましたが、まだ美しい紅葉でした。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ロッククライミングの人が増えましたねぇ。 近い。クルマですぐ下まで辿り着ける。 一つのセクションが短い。 頂上からハイキングコースを歩いて戻ってこれる。 と言うわけで初心者に適した場所なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
バブルになると、登山、キャンプ、オートバイが流行るもんです。hi

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今週いっぱいですね。

(この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。)

2019/11/29

熊野は遠い 大内山酪農も遠かった  観光物見遊山

箱根の翌日は和歌山県新宮市(JCC2602)へ。
これが遠い。。。
クリックすると元のサイズで表示します
伊勢から先が延々片側一車線で。。 

クリックすると元のサイズで表示します
ともあれ着きました。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いて登って

クリックすると元のサイズで表示します
定番写真をパチリ

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、コンビニで見かけたのが

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大内山酪農
ここまで御殿場から包材不良のクレーム処理に来たのは十数年前の話。
「ガラス瓶は本来3ヶ月使用できるのに白い傷がついただけで「不衛生だ」とかいう教員もいて3週間で交換。かなわん。」とか。「ガラス瓶のほうが環境に良いと信じている教員」やらの学校給食にまつわる愚痴を聞かされました。 
流石に現在は「紙容器のほうがガラス瓶より遥かに環境負荷が少ない」ことを知らんヒトはいないでしょうなぁ。

(この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。)

2019/11/27

灯台下暗し  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

箱根峠を西から登り足柄平野へ下るには歴史的ルートも入れると以下のようになります。

鎌倉時代の湯坂道 Google map
クリックすると元のサイズで表示します
秀吉の小田原攻めの際に徳川の軍が使ったのがこのルート。

徳川以来の石畳 Google map
クリックすると元のサイズで表示します
江戸幕府ができてから1604年に開設されたのがいわゆる旧街道。 高低差が従来の古道より少ないのですが最後の最後で延々急坂になるのが特徴。

箱根ターンパイクのルートは概ね秀吉本隊の小田原攻めルートです。石垣山城もターンパイクの尾根筋にあります。 自動車専用道
クリックすると元のサイズで表示します

箱根の歴史的官道については箱根町観光サイトの説明がわかりやすいです。
https://www.hakone.or.jp/midokoro/ishidatami.html

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは箱根の観光地区を迂回するためだけに使われる箱根新道。自動車専用道

クリックすると元のサイズで表示します
こちらが箱根駅伝で有名 国道1号線。 
週末に2種原付(80cc,125cc)で箱根を越えようと思うと、このルートしか無いのです。 他は50cc未満以外進入禁止になったり、自動車専用だったりで、ほぼこれだけ。
前世紀は抜け道林道もあるにはありましたが。 という訳で観光バスやトラック多数、道路は狭い、抜くに抜けんというのが今も昔も国道1号線箱根町区間です。

ここまでが前フリ。 という訳で、YSR80やTL125で散々走っていた国道1号線に面して建っている塔之沢の温泉旅館に行ってきました。 
90年代のバブル崩壊以前から塔之沢地区の温泉宿はどこも団体旅行が廃れたことと、サービスの割に値段が高いという日本の観光地の一般的な理由で需要激減、廃屋同然という宿も少なくありませんでした。
昨今のインバウンド景気と平成令和バブルで一部は復興してきたようです。 で、XYLが「良い建物の宿」がある言うので泊まってみようということになりました。

ただしTTのトラブル続きでついたら午後5時
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
塔之沢環翠楼 https://www.kansuiro.co.jp

皇女和宮が生涯を閉じたのがこの旅館だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら宮様御形見。

ともかく風情が古いのがよろしい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
談話室 書は孫文

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの書は犬養毅

クリックすると元のサイズで表示します
湯殿に続く廊下

クリックすると元のサイズで表示します
湯殿の手前の洗面台
大鏡は麒麟麦酒 発売元明治屋さんより
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上の階には大広間が3つほど。 一つは立派な舞台付き。

「いろいろ良いものが並んでおります」そうで。 いいものもありましたが「要修復」もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
おや 昔の電話交換機

クリックすると元のサイズで表示します
大広間の裏にあるこれはなーんだ?
クリックすると元のサイズで表示します
現役リフトです。 上から覗いたところです。 
これで厨房から宴会料理を大広間に釣り上げるというわけ。 で、ここから厨房の会話が丸聞こえ。。。

温泉宿ですから温泉はどうか?
こちら自家源泉をお持ちです。 古い旅館なら皆自家源泉か? いえ、天然資源は枯渇することもあるので老舗だが温泉井戸が枯れてしまって自家源泉は持ってない宿もあります。 そう言う場合は温泉供給会社から温泉を配管やタンクローリで購入することになります。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはかつて使われていた横穴式源泉。 箱根湯本や塔之沢の温泉群は江戸初期の温泉産業発祥の頃は湯坂山山腹に横穴を掘って温泉を採っていました。 今は横穴式源泉は禁止されております。(理由は知らんです) 

屋内の岩風呂は岩の隙間から温泉が湧いているというもの(写真なし)
露天風呂はいわゆる半露天で
クリックすると元のサイズで表示します
このような庭を歩いて歩いて(雨が降っていたら歩きたくないような階段を登り)男女別にあります。 22時以降は早い者がちで貸切露天風呂になります。

こちらは男湯
クリックすると元のサイズで表示します

こちら女湯
クリックすると元のサイズで表示します



温泉法による温泉利用掲示によれば、アルカリ単純泉です。 
が、妙に温まる。 XYLも私も茹で上がりました。
部屋にもかけ流し湯舟がありまして、常時流れています。 贅沢なもんですねぇ。


今回泊まったのは、こんな部屋です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この雪見障子いいなぁ。 
うちの障子をこれに換えたら高いだろうなぁ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
わうさまもご満悦
クリックすると元のサイズで表示します
XYLもご満悦。

部屋の湯殿、トイレ洗面台周りは
すっかりリノベーションしてきれいになっています。

で、お食事。


クリックすると元のサイズで表示します
相模湾攻めである。

クリックすると元のサイズで表示します
エビのワタを抜いて身を綺麗に収めるという手間を
足柄地域では久しぶりに見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
杉の薄板に包んで蒸し焼き 杉の香が良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここでハインツのデミを舐めるとは思わなんだhi

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
米飯がいまいち。。

クリックすると元のサイズで表示します
この量が55分で出てきます。
いくらなんでもハイペースすぎです。 
早く従業員を帰したいというのもあるんでしょうが。

こちらは朝ごはん いわゆる定番。
クリックすると元のサイズで表示します

建物は早川にも面しておりまして「台風19号では沈むかと思った」そうですが、被害もなく。 景色はこんなかんじ。
クリックすると元のサイズで表示します
部屋から

クリックすると元のサイズで表示します
遊歩道から
クリックすると元のサイズで表示します
遊歩道の上が露天風呂。 率直に申し上げて知っている人なら丸見えです。

クリックすると元のサイズで表示します
対岸から建物は。。。 見えん。。

クリックすると元のサイズで表示します
「日本家屋もこれくらい古くなれば見栄えがする」とはXYL 我が家はいつかは、こうなるのか?

クリックすると元のサイズで表示します
早川の上流側を見る

クリックすると元のサイズで表示します
玄関

クリックすると元のサイズで表示します
こちら和宮様碑

何しろ山の中の宿ですから部屋に女郎蜘蛛が出たり、
クリックすると元のサイズで表示します
ムササビが廊下を突っ走ったりもするそうです。 

仲居さん達の話も楽しいし、風情があってとても楽しい旅館でした。 文化財に泊まるって、それなりに楽しい。

(この記事の写真をクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます)

2019/11/4

箱根  観光物見遊山

台風で1000mmも雨が降った箱根山地です。 さすがにとんでもない事になっております。


クリックすると元のサイズで表示します
東海道を並走する遊歩道

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この国道1号線の橋は水没したそうで、木の枝が引っ掛かっております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
須雲川の下流である箱根湯本も、よく温泉街が残ったなぁ 
という有様。

クリックすると元のサイズで表示します
で、流れてしまった箱根登山鉄道の宮ノ下駅の下にある、奈良屋旅館の末裔のカフェに行ってきました。 奈良屋といえば富士屋ホテルと格式を競っていたのですが、いつの間にかに潰れてしまいました。 今、跡地には、石碑と、ちょっとお品のないホテルが建っています。 栄枯盛衰。 
クリックすると元のサイズで表示します

何を以って佳とするかは個々人の嗜好ですので、
あれが良いというヒトを否定はしません。

クリックすると元のサイズで表示します

で。 奈良屋ホテルの資材を使って作られたカフェは、なかなかいい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
暖炉が懐かしい。 NapierでもGisborneでも、
よくスズメが飛びこんで焼き鳥になっていたなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
メンテナンスオタクのPGJとしては
「そろそろステイニングしないと材が腐る」と思うんだが。。

クリックすると元のサイズで表示します
大人を童心に帰らせる図書室。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、足湯も温泉利用施設なので法に定められた表示が必要なんだが。 見かけなかったなぁ。

お土産に、コースター買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
太田木工さん

https://ota-mokko.com/collections/

2019/11/3

大名行列  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

箱根の大名行列
今年は見物場所を失敗。 とはいえキャンプ座間からの参加には御礼申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
御駕籠の人足がゲスト芸人にうんざりして駕籠を投げ出しているところ。

いやはや、今年は不作だった。


2019/10/26

川越まつり  観光物見遊山

先週末に川越まつりに行ってきました。

凄い凄いとは聞いていましたが、なにしろ人混みが苦手で hi
今年はたまたま行く用事ができて行ってきました。
 
クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します







いやーお見事。

2019/10/25

箱根 やってます。  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

台風19号で箱根の道路、鉄道、温泉供給施設が大被害ですが。 宿泊施設が壊れていない限り箱根の宿はお楽しみいただけます。

もともと源泉100%の浴場はほぼありませんから、ほとんどのホテル旅館には再加熱ボイラーが設置され井水や水道水を足して循環しております。 温泉浴効果が出るには濃い温泉に浸かって10日間とか滞在せねばなりません。という訳で一泊で2、3回の入浴でしたら、気分転換が最大の効果なので料理と風情の良い宿を選べば、それが一番。

暖めた井戸水10トンの貯湯タンクにコップ一杯の温泉源泉水を入れただけでも「温泉」は標榜できます。 そういう法律なんで「温泉法(法律第105号)」


2019/10/2

プーの人々  観光物見遊山



クリックすると元のサイズで表示します

山梨県立美術館で萩尾望都SF原画展を開催中
PGJは萩尾望都のSFはほぼ読んでいないのです。 

週刊誌の漫画の印刷は決して良くないので、原画で見るとこんなに綺麗だったのねぇ
なのは元印刷屋としても驚き。

山梨県立美術館は予算枯渇でえらいことになっています。

まず 噴水の池は干上がっております。

クリックすると元のサイズで表示します
「池に入らないで下さい」だけが元池だったことの記憶

クリックすると元のサイズで表示します
落ちたらけが人が出るね。 水を入れるのを諦めたなら手すりを作ることですね。
いくら田舎で人の命が安いとは言え。 高価な都会の観光客を殺すと大変でしょ。

昼餐は美術館前の小作
     クリックすると元のサイズで表示します
     定番

   クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
       当たりくじ付きらしい

クリックすると元のサイズで表示します
なんじゃかんじゃ 金丸先生のおかげで 展示はそこそこ
        クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

XYL「萩尾望都読んだ?」
PGJ「トーマの心臓とか」「SFはほぼ知らない」
XYL「プーの人々とか無かった?」
PGJ「奥様それはポーの一族ですよ。ヴァンパネラの」

読みたいと思った本は廃盤だねぇ 

あらら

2019/9/24

甲府が意外と  観光物見遊山

この3連休
土曜日はTTに乗って一人で、月曜日はXYLと2人でジムニーで甲府盆地へ出掛けてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
シャインマスカット

クリックすると元のサイズで表示します

意外と良いのですよ印伝。https://www.inden-ya.co.jp/

どちらも葡萄。

今週末は山梨県立美術館で萩尾望都展です。

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/2019/09/-sf-1.html



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ