ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2005/5/9

えびふりゃー  外国暮らしの食生活

先日買ったディープフライヤーでエビフライを作ってもらいました。 

ご飯は桜の葉の塩漬けで香りをつけた栗おこわ。 海老の頭入りのおみおつけに煮しめ。

和風ですなぁ。

兼業主婦で忙しいのに、パッパと料理を作るのは「うまいものを食べたいからよ」だそうです。
私はおこぼれ頂戴状態hi

クリックすると元のサイズで表示します

2005/5/7

揚げ物大好きニュージーランド人  外国暮らしの食生活


「食べ物と言えばフィッシュアンドチップスしかないイギリスですが、クルマはローバーがあります」と言うのは、今や潰れたローバーが20世紀末に日本で打ったコマーシャルでした。

イギリス文化を引きづったZLだけに、食い物は「週3回フィッシュアンドチップス」な方が未だに生息しております。
良く勘違いされるのですが、フィッシュアンドチップスは白身魚のフライに、ポテトチップスを添えたものではなくて、白身魚のフライにフライドポテトを添えたものです。
この国のマクドナルドで「チップスいる?」と聞かれたら「フライドポテトはいかがですか?」と聞かれたと思うとよろしいわけで。

「アングロサクソンはうまいものを知らないから、世界中に広がった」と言われておりますが、まぁ当たりでしょうね。 
日本人が世界中に広がらなかったのは、「日本で食っている良い物が、他の国で供給不可能なせい」で、中国人が世界中に広がったのは「油脂とMSGで、なんでも中華風に出来てしまうから」と言うのは私の説hi

で、揚げ物大好きニュージーランド人向けの電気製品のひとつがこれ、ディープフライヤー。
4リットルの油が入る電気揚げ物機です。 油がこれだけ入れば揚げ物は美味しいでしょうね。 と言うわけで、本日購入。

美味しいエビフライやてんぷらがいただけます。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/1/26

マグロといくらの他人丼  外国暮らしの食生活

日本からお得意さんが工場にこられました。

クリックすると元のサイズで表示しますうちの社長は、大張り切りで自分のクルーザーを出して、沖でマグロを釣ってきましたので、それをXYLが刺身にこしらえて、ZL産和牛も添えて我が家で日本食大宴会。
お客さんは大満足。 同僚はXYLに大感謝。

翌日残りのマグロとイクラで他人丼を作りました。

美味かったです。

たまにはこう云うが事がないとね。



2005/1/4

あつい!  外国暮らしの食生活

暑い! でも正月クリックすると元のサイズで表示します

めちゃくちゃ暑い。
室内で26度、外では30度を越えているだろう。
XYLは庭で植木の入れ替えをしていた。
皮膚癌になりやすい白人にはできないマネだ。

湿度は50%を切った。
庭にいくら水を撒いても追いつかない。
自動散水タイマーのセッティングをかなり延長した。

今日の紫外線は「超強い」とのこと。
やはり夏だ。

とは言え、正月でもあるので御雑煮を頂きます。 PGKが乏しい材料から工夫して見栄え良く美味しく作ってくれます。 三つ葉は庭に自生しています。
三つ葉は育てるのが簡単です。 日本の皆さんも庭や台所で育ててみたら?





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ