ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2014/1/28


いつだったか、今月のどこかの週末。 IC7000Mで430FM呼び出し周波数を聞いていたらCQが聞こえてきました。
「そこそこ強いから呼んでみるかなぁ」とコールサインを取ろうとしたら、、、

「こちらは774〇〇〇です」と言うではないですか。
7M4でもなんでもなく、何度聞いても774〇〇〇。。。

「初めてなんでよくわからないんですが、こちらは774〇〇〇」と呼び出し周波数でやっている。
どう考えてもパイレートですが、いったい何を考えてやっていたんでしょうねぇ?

パイレートと言えば、ZL時代には10mで東南アジアの漁船FMパイレーツには悩まされましたなぁ。 

携帯電話がどんどん普及し廉価になるので、先進国の地上ではパイレーツは減りつつありますね。 結構なことですが、こんなのがまだいるんだなぁと驚いたある日のことでした。


2014/1/10

QSLカード 10年  アマチュア無線

クリックすると元のサイズで表示します

QSLカードがZLのBuroから届きました。 むろんSASEです。

驚いたー。アルゼンチンのBuroは10年も溜め込むのね。
今回来たQSLカードは2003年のアルゼンチンばかり。

皆様、至急カードを回収したかったらダイレクトかeQSLですね。

http://www.eqsl.cc/qslcard/Index.cfm

2014/1/3

ひさしぶりNYP  アマチュア無線

TTにモービル基台を2つ付けました。
これが年末年始の大仕事でした。  なにしろ腐ってもスポーツカーなんで隙間が狭くて。。。
基台が0.1mmのギャップで隙間に収まっています。

ニューイヤーパーティーは自宅と車から出ました。
15mと6mで数局。

ただこれだけだと見た目は普通なんですが。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
PSKをやっていたので、このような状態でQSO。
まるで昔のスパイ映画のようだhi

クリックすると元のサイズで表示します
PCの下にはPSK、RTTY用のインターフェースとトランスが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
クッションケースにPCと電源が入っています。
あと、移動用工具を揃えれば言うことなしですね。


ペリカンのクッションケースは高いです。 車で移動するならこの程度で十分です。
すっきり収納できるでしょ?

 



2014/1/2

アメリカが聞こえるわけがない。  アマチュア無線

クリックすると元のサイズで表示します

7L2PGJのロングワイヤはZL方向を正面に張ってあります。 つまりW(米合衆国)はワイヤの延長線上。。。

年末にコンパスで見てみたら。。  これではWやJA西方面が聞こえるわけがない。
ロシアと南洋州大洋州が強いわけだ。

まさか地上5mに展開したワイヤーに指向性が出ようとは。 思ってもみませんでしたとさ。

ところでこの大圏地図。
以下で利用できます。
http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/sphere/great-circle/

2013/12/31

しまった!  アマチュア無線

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

RTTYのFSK用に部品を買って作っていたんですが、何をとち狂ったかShift-Keyingの回路を付け忘れてしまいました。 PTT回路はついているのでAFSKでRTTYできるんで問題ないんですが、トランジスタ1個の有無で電波形式が変わってしまって別の申請が必要だという不可思議な日本でした。

治そうと思っても、PC側リグ側コネクターを全部組んでから気が付いたんで、手遅れ。
もう一式部品を買いました。

放熱クリップを初めて使いました。 昔はよくトランジスタを煮てしまったもんです。
基板のうら? 恥ずかしくて見せられない芋半田6割hi

2013/12/25

おめでとう  アマチュア無線

全国の切支丹の皆様

ご降誕おめでとう

2013/12/8

絶縁回路  アマチュア無線

PSK,MFSKくらいなら、そんなに困らないのですがRTTYをやろうとすると困るのが回り込み。

ZL2PGJではシールド網線をフェライトバーに巻き付けるだけで落とすことができました。
しかし、ANTとRigが2mも離れていない今の状況では、電線という電線に飛び込んできます。

という訳でフェライトバーだけだったAFケーブルにトランスを入れました。
KeyingやPTTはCI-Vを使っているので回路自体は簡単です。

     クリックすると元のサイズで表示します

さすが効果はてきめん。 RTTYフルパワーでもOK(まぁKWのリニアアンプは持ってないけど)。
SSBでも回り込みもおしまい。

さて、写真ですが。 かなり無残な有様。 何を隠そう前回ユニバーサル基板でパーツの配置を考えたのは30年以上前のことです。 キットはいくつか作ったし、コネクターの中にダイオードや抵抗つけたりはしたけど配線図から考えたのは、あまりに久しぶりで、「あーあー」な配置です。

パーツは秋葉まですぐの場所で仕事している割に、店が開いている時間に行けないので、最近はやりのweb-parts-shopを使いました。 以下の2件。
早い! 当日出荷で2日後に来ました。 (秋葉の会社でもデポはJA9。)
http://www.marutsu.co.jp/
http://eleshop.jp/shop/
素晴らしい品ぞろえと情報。 スペックシートまでwebに載っている。
そりゃ秋葉のラジオストアがつぶれるわけだよ。。  http://www.akiba-rs.co.jp/
この調子ではラジオデパートも危ないんではないかと。。。。

インターフェースを直したら、PCのサウンド設定のループ解除もお忘れなく。

クリックすると元のサイズで表示します

ライン入力以外にも入力があったらそれもお忘れなく。

さーて、やるぞー! 

2013/12/2

いきなり回り込んだのは。。  アマチュア無線

PSKと言わずSSTVといわず、リグの外にデバイスを付けて運用すると頭が痛いのが回り込み。

ZL2PGJがせっせとSSTVやRTTY、MFSKをやっていたころは、近所で小さい1:1トランスが手に入らなかったので(Dicksmithにあるにはあったけど、ばかばかしくて買えない値段。  JAでST-23なら300円)。 という訳で、シールド線をフェライトバーに巻き付かせてできあがり。
トランスを使った絶縁回路など使わなくても済みました。

さて、先週からダミーロード付けてRTTYのフルデューティー(といっても裸足の100W)で、試験していると、エコーがかかったように回り込む。
PCとリグを繋いでいるZL以来のトラップ団子の導通音声線にさらにチョークを足したりして見ましたが、どうもよろしくない。

そのうちPSKの30Wでも「回り込み」が。。。
どんどん電力と接続してある電線を外していったら。 5Wでも出る。。。

AF接続外すと無くなる。
「これはPC内部でループを起こしているに違いない!」

はい、そのとおり
クリックすると元のサイズで表示します

iTuneやらオーディオ接続の抜き差しをしている間に、このチェックをWindows様が勝手に入れてくれたらしい。

チェックをはずしたらとりあえず落ち着いた。 デスクトップPCはオーディオジャックやたらついているので、これが結構悪さするんだよねぇ。 

安定動作のためにインターフェースでも作るかね。

2013/11/29

QSLカード出しました。  アマチュア無線

クリックすると元のサイズで表示します

各局 QSLカードを島根へ出しました。

1年以上溜めております。 VYSY。

2013/11/28

またまた移動しない局  アマチュア無線

移動しない局2つ目。

変わったのは1.9MHz帯に狭帯域デジタルがくっついたことかね。

クリックすると元のサイズで表示します


2013/11/26

JAのライセンスでZLで可  アマチュア無線

http://www.zl2pgj.com/hamradio/zllicense.html

皆様 JAのライセンスでZLでHFも運用できるようになりました。
これで私の大変な面をした免許も昔語りです。

チャタムZL7で派手に運用してきてくださいまし。
ZLのクラブに声をかけて一緒に行くといいんじゃないかなぁ。
かれらチャーターフライトの達人だし。

2013/11/25

ICOM CT-17  アマチュア無線

RS232C端子。  今時の人は知らんよ。 というコンピューターの通信端子規格です。
昨今のPCはUSB端子ばかりで232Cはまず見ません。 とくに家庭用PCでは絶滅状態。
(業界団体の集まりで見かけた東芝の人はRS232C付のラップトップを使っていました。 工場でラインの機械につなげるんだろうなぁ)

アイコムの無線機を使っている人々はご存知CT-17通信装置。 コンピューターと無線機を取り持つ通信装置でPCで無線機を操作したり、無線機からPCへ周波数を読み取ったりと、デジタルモードでは欠かせないものです。

昨今はUSBでいきなり使えるものも出ているようですが、CT-17を持って居る人は使い続けたいと思います。 私もそうなんですがPCがWindows8になって、RS232Cなくて、さぁどうしよう。


ダメ元で、買ってみました。
iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)0.5m ブラックスケルトン BSUSRC0605BS

Windows8で使えます。 リグコントロールでPTTも周波数のimportもできます。

これはラクチン。

今のリグはUSB通信ができますが、昔のリグはこれらが無いとどうにもならんので、しばらくは重宝しそうです。



クリックすると元のサイズで表示します

2013/11/3

包括免許はどこへ行った?  アマチュア無線

文明国から未開国へ引っ越してくると本当にうんざりしますhi
まだ、慣れないね。 この日本の無線免許制度。

無線機屋で買ってきた無線機に無改造で外部装置付けるだけなのに、本体の情報を延々書きこませる。 皆同じだろうに。
1個リグが増えたら、またやり直し! バカくさい。

      クリックすると元のサイズで表示します

自作のリグを申請するならまだしも。 阿呆かと思う! とXYLに言っていたら。
彼女曰く「あら、『こことここが違っていますので、こちらで直しておきました。』くらい言えんのか?」と返信したら? だってhi

どうやらXYLのお付き合いしている役所はそういう対応らしい。
総務省も何とかしてくれ。

1アマだけとか、1アマと2アマだけとかで構わんから、包括免許にしてくれんかねぇ。

いざとなったらZL2PGJがあるのでそんなに切羽詰ってはいないのですが、それにしてもめんどくさい。  めんどうなんで移動しない局を申請しました。 変更より手っ取り早いし、死蔵リグがどんどん使える!

2013/10/27

移動運用どうする?  アマチュア無線

A3は、いわゆるホットハッチだったのでモービル機を付ける余地はいくらでもありました。
http://www.zl2pgj.com/hobby/car/A3quattro.html

しかし、TT
http://www.zl2pgj.com/hobby/car/TTquattro.html
どこへつけるだ? リグどころか、WhipANTを付ける所すらない。

さて困った。 困った困った。 と考えているうちに、停波している2.4G以上の周波数の復活をどうするかなどと考えはじめ、考えはまとまらず。

さらに総務省のweb申請ツールはメンテナンスで使えず。 で、昨日は移動用の防水ケースに、1年以上放置しているA3から外したIC7000M(まじめだろM)をあてがってみて、うーむ。

HF移動用のノイズのない電源を買うか、うーむ(今使っているCOMETCPS3200はスイッチングノイズでCW-SSB-デジタルは使い物になりません)。

そもそも、ポンポコ丘陵から下りても多摩川は車をいれて発発を焚ける場所がやたら少ない。 相模川は場所があるが、やや遠い。

箱根のスカイラインはアマチュア叩き出し経営だし。 須走五合目は富士山ブームでどうにもならん。 そのほかのダートはTTは車高が低く悪路は無理。

MR2もTTと同じスポーツだけど、ZLは場所が有り余っていたので、クルマのアンテナに頼ることなく、どこでも移動運用できたねぇ。  (写真は10年前にクラッシュした3か月分のどこかだ(>_<)

JAではクーペでHFの移動運用って考えられないよねぇ。  
XYLのジムニーならリグ付けてAH-4をルーフにつけて、牽引フックからHFホイップ付けて、とやりたい放題なんだが。。。

XYL曰く「今のジムニーの車両価格は85万円。 私に85万円くれたらどう改造してもいいわよ」。  うーむ、、、、

とりあえず、こんな箱に仮入れしてみたものの、アンテナ張るとこないのではどうにもならんので。 うなりつづけています。

    クリックすると元のサイズで表示します

2013/10/15

台風26号  アマチュア無線

台風でヒゼウを使うことはないとは思いますが、皆さまご用心。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ