ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2013/9/24


ZL暮らしで、何か記念になることをしたときに1つずつ買い集めたKOSTA BODA
http://www.kostaboda.com/ 最近はパッとしないデザインが多いけど。 10年ばかり前はだいぶ良かった。

クリックすると元のサイズで表示します
知恵の鳥 何か資格を取った際に

クリックすると元のサイズで表示します
結婚記念日か?

クリックすると元のサイズで表示します
まさにNEU BTLを買った記念に

クリックすると元のサイズで表示します
キャリアアップした際に

クリックすると元のサイズで表示します
家を買ったときに

クリックすると元のサイズで表示します
うーむ ZL時代にキリスト者になった というわけでもないが

ま、きれいでしょ。
先日の余震でキャビネットの中で踊りまわっていたらしい。


2013/9/21


スペシャルTを買ったはいいが、我が家にはティーカップがほぼ無い。
というわけで、高島屋で安くて作りの良い業務用カップを見かけたので、カタログもらってきてamazonでポチしました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



XYL作、スペシャルT、ネスプレッソコンパチのカプセルホルダー。
通称「鉄の王様」。  庭に居ないんだから看板書き換えてやろうかしらね。


2013/9/17

素晴らしい洗剤  美しきモノ、心ひかれるモノ

PGJの愛用のブランデー/ウイスキー用デキャンタは、かれこれ13年選手。
まだRoyal Copenhagen が、この手のガラス器を売っていた時代です。

実にテキトーに中性洗剤で洗っていたのですが、
  
     クリックすると元のサイズで表示します


他のガラス器と同様Froschで洗ってみたら、ビカビカに輝きました!
さすがオレンジオイル。 オレンジ系洗剤は昔バイクいじり用にピューリアというのがありましたな(30年位前)。 あれはよくグリス汚れが落ちたもんです。

使用者の口コミ見ているとオレンジ臭くて食器が使えないという意見があります。
劣化したプラスチック樹脂製容器などに直付けは向かんでしょうね。
薄めて漬け置きが基本。
あとは、普通に濯げば大丈夫。
洗剤のにおいが抜けないという苦情は99%幻臭です。 ブラインド試験すると区別つきませんから。hi いわゆる思い込みってやつね。

2013/8/29


ビロレイ&ボッホ http://www.villeroy-boch.co.jp/ のエスプレッソカップ
ちなみに、このように取っ手を幅広くねじってつけたことで焼成中のひずみが分散し、歩留まりは著しく向上しております。
そういう点では正しい工業デザインだね。
この品質で、この値段かよ。 とは思いますがhi。
(深川製磁のエスプレッソカップのように細い持ち手だと、ぼこぼこ折れるので、かくして、1客5万円とかになります。)

   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

いろいろ都内の地名があるのですが、なぜかパゴダ。
築地本願寺だろうかhi
     クリックすると元のサイズで表示します

さーて 東京駅はどーこだ?

2013/8/25


金沢(JCC3001)の漆芸家黒田沙知子さんの作品。 「綾」です。
漆と金の地に螺鈿細工。
XYLは大感激です。


クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

美しいねぇ。

JAにQSYしてきてから、いろいろと新進の作家さんを見てきましたが、売りやすい小品ばかりになって個性がなくなって消えていく人が少なくない。
黒田さんには毎年一つは大作を頑張ってほしい。
むろんPGJには大作は買えないけど。

下 大きさ比較

クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

2013/8/8


佐原で除隊記念盃を買ったと思ったら、XYLが、その手なら見たことがあると先祖伝来ジャンクから出してきたのが、これ。

厚木市(JCC1107)の小瀬村さんという大金持ちの若旦那が騎兵第一連隊に士官で奉公した記念の盃だそうです、

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小野村の造り酒屋様。
さぞお金持ちだったんでしょうなぁ。
高等教育が中流以上の特権だったころのお話。


2013/7/23


クリックすると元のサイズで表示します

食事の後にぶらぶらしていたら、コレクタブルス http://goo.gl/maps/yM6br で、このようなものを。

クリックすると元のサイズで表示します

賜杯の裏は「昭和三年即位大典記念」。 1928年11月の昭和天皇即位の大礼が行われた時の記念品ですね。 当時の横須賀鎮守府司令長官は吉川安平中将

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

五三の桐の方は佐倉にあった歩兵57連隊の記念品ですが明治42年以降としかわかりません。
裏に関口と名が入っています。 57連隊は各地を転戦しほぼ全滅でフィリピンセブ島で終戦を迎えていますが、無事に帰ってこられたでしょうか。

地震で蔵がつぶれて不良在庫が見つかったりで、近所の陶磁器店では50年物の新古品食器も出ております。
行ってみる価値ありです。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/6/29


クリックすると元のサイズで表示します

ご存じジャガールクルトのアトモス。 先日の出張で泊まったホテルにおいてありました。
http://www.zl2pgj.com/hobby/tokei.html

温度変化で150年間メンテナンス不要巻き上げ不要で有名です。 PGJも持っていますが、とある事情で動作させていません。

     クリックすると元のサイズで表示します

なんとならば、この時計はマントルクロック。
このようにがっしりした台がないと狂って仕方がありません。

日本の安普請ではとても無理。 というわけで箱入り状態です。

2013/3/20

テーブルクロス  美しきモノ、心ひかれるモノ

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルクロスを春っぽい柄にかえました。
ZLから20ftの海上コンテナに押し込んで持ってきた6人掛けは今や貴重品のリム材。

普段はテーブルクロスをかけて守ってあります。

日本の家では狭くて全体像が見えないので古いアルバムから。

    クリックすると元のサイズで表示します

蜜蝋を塗ってあるだけで、日本の家具にあるウレタン塗装やメラミン処理ではないので熱や水に弱いのです。 というわけでお客さんが来る時だけテーブルクロスを外して木目を楽しんでもらったら、またクロスをかけて「じゃお食事を」という具合です。
ちなみにこの生地、布の質感があるのですが裏はPVC処理してありますので水にも強い。
これで3500円なり。 安い模様変えです。 皆様も如何?


      クリックすると元のサイズで表示します

というわけで本日の朝食。

2013/2/17

ボーイング737-700  美しきモノ、心ひかれるモノ

クリックすると元のサイズで表示します

珍品です。 ボーイング737-700
航空機メーカーが顧客と契約調印したりする際に両者の真ん中に飾られるモデルだそうです。
というわけで、図面から起こしてあるので文字通りのスケールモデル。
タミヤの戦車モデルが戦車博物館で採寸してきたからやたら正確なのと同じ。
写真から図面を起こす(ほとんどのモデルはこっちの方法だそうで)モデルとは訳が違います。
HOゲージのメルクリンは、その上手なデフォルメで好まれましたから。 どちらがいいかは好みですが。

さて、ウイングレットがついていないのも納品される機体通り。
航空機というやつはメーカーオプションの塊ですので、塗装はむろん、エンジン型式、ウイングレットの有無。六分儀用窓(コックピットの窓の上に付いた小窓、俗に眉毛)の有無。内装やトイレユニットの選択まで全てオプションだそうで。
その昔、中のトイレユニットを作っていた人に聞きました。 (これが作っているのは意外なメーカーで驚いた。) 

       クリックすると元のサイズで表示します

さらに機体通りといえば、納品する機体の塗装と色コードまで同じ。 ご立派。
メーカーはPAC MIN

さて、CIT航空なんて聞いたことない。 ですよね。 
それもそのはず、航空機リース屋です。
http://www.cit.com/products-and-services/transportation-finance/aircraft-leasing-financing/index.htm

リース屋でまとめて買って、各航空会社に貸し出す際にこの色をまた塗り直すのだそうで。
とんでもない金額がぶっ飛んでいる。さすが航空産業はスケールが違う。
食品メーカーの「品質関係予算1億円!以上終わり!」 とはわけが違う。

かなりでかいです。 1/100

ガラスケースに入れようとしたら混んでいていまして。 とりあえずホンシュウジカと同居です。

クリックすると元のサイズで表示します


2013/1/3


クリックすると元のサイズで表示します

XYLのお正月飾り。 数日前までここには聖歌隊が居たはずですが。
ちなみにごミサでうたわれる歌をカトリックでは聖歌と呼び、プロテスタントでは賛美歌と呼びます。 知ってた?

上の飾りと同時並行で、クリスマス飾りは今月下旬まで居残ります。 宗教が一家で複数あると大変だというお話hi

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2012/6/23


台風4号はすごかったですね。
LEDライトが山ほどあるし発発も2機あるのですが、停電かもねというと出てくるのが20世紀初頭のオイルランプ。W(米合衆国)で作られZLへ輸出され、ZLどこぞの家庭の居間を照らし、2000年に我が家の非常灯として買われました。
以来12年Napier>Gisborne>JAと我が家の非常灯の一番はこれです。
W.ZL.JA。 作った工場の人はまさかそんな大旅行をするとは思ってなかったでしょうね。

       クリックすると元のサイズで表示します

2012/5/22


F出張の合間、田舎の雑貨屋で見かけたエスプレッソ用カップ。
今使っている普段使いに飽きてきたので「これはいい」と購入しました。
皿はメラミンでコーヒー豆が良さ気です。

 クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

エスプレッソを注ぐとこんな感じ

後ろに写っているのはtavolaのネスプレッソカプセルホルダー。 便利! 安い!(19ユーロ)これをyahooオークションで1万円で売っている奇特な人が居たなぁhi

クリックすると元のサイズで表示します

これでカプセルファウンテインは廃版にしてしまおう。

海外出張の合間には雑貨屋かスーパーマーケットが楽しいです。

2012/4/14


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海外出張があると必ずお土産に買うのが箱根細工の秘密箱。
JAの訳の訳の分からない非関税障壁の数々を説明するのには最適のマテリアル。
「ややこしいけどプロセスを踏めば開きます」と言う訳。

今回はついでにXYLに上の小物入れを。
自分には下の35行程秘密箱を買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

素晴らしい加工精度です。


この文様がキチンとできるようになったら箱根細工職人は一人前と評価されるようです。
模様の構成が薄板でできているので、一般的な棒を貼り合わせるより難しいだろうと云うのは素人でも分かります。

Maden in 3rd Tokyo city = Hakone
というわけで本日欧州出張から帰ってきました。

2012/4/2

花見のシーズン  美しきモノ、心ひかれるモノ

花見のシーズンですね

花が咲かずとも

我が家には但野硝子加工所のこのように素敵な江戸切子が春を演出してくれます。

今年の花見シーズンは、、、JAに居るのかわからん。

    クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ