ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2019/4/25


クリックすると元のサイズで表示します

塩尻市(JCC0915)の木曽平沢には漆器屋さんが並んでおりまして。
そのうちの一軒「ちきりや」さんで木曽漆器を買ってきました。 https://www.chikiriya.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

ランチョンマット
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか朱漆がよろしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんとちゃんと家庭用品品質表示法による表示が付いていました。
漆器屋さんは「家庭用品では無く芸術品」と嘯いて表示をサボるところが多いのですが、こちら日本人離れして真面目な表示。です。 素晴らしい。
このランチョンマットはシナノキの積層合板で作っているので反ったり割れたりしません。 なんでも無垢の一枚板を有り難がる消費者がいますが、「そんなもんこのサイズの平板で無理に決まっているだろ。」 です。
この製品は廃盤で2枚しか買えませんでした。 おそらく「合板は嫌」な消費者に受けなかったんでしょうね。 箱根細工もある意味合板なんですけどね。

この街はオールドタウンの風景が残っていて、なかなかよろしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、ちきりやさんのすぐそばに職場の同僚の実家の漆器屋さんがあるとは帰ってきて知りました。
そちらは文化財建築物。 すげ!
http://www.shitsugei.com/p/index.html

2019/3/23


足柄地方の産品に寄木細工があります。主として箱根町(JCG11003C)と小田原市(JCC1107)に工房が集中しております。 
日本市場の非関税障壁にうんざりしている海外の工場に出張する際には、しばしば土産で持っていったもんです。 「ややこしくて、一見すると蓋がないように見えるが、手順を踏めば開くのさ」。

丸山物産露木木工所からくり創作研究会がPGJの定番です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
木材をこの精度で切り出して組み上げるって、どういう技術なのかねぇ。 すごいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちは大吉を引かないと開かないクジ引きからくり箱

クリックすると元のサイズで表示します
この富士山はZLの家でも壁に掛けていましたから、かれこれ20年選手。 「サムライ時代からあるクラフトだよ」と言ってKiwiたちを煙に巻いておりました。hi

クリックすると元のサイズで表示します
先週、小田原で買ってきた一組の春夏秋冬。

クリックすると元のサイズで表示します
意外とポップで座敷の床脇棚には合わなかったかなぁ 

80年代から結構な数の寄木細工を買っている割に自宅に残っていないのは、ほとんどが、お土産需要だったんだなぁ と思った次第です。

ちなみに寄木細工の模様はこのように作ります



2019/1/1


皆様あけましておめでとうございます。

今年の年始の飾り物はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

温室栽培の桜だそうで山形から届きました。 啓翁桜と言うそうです。
http://www.zennoh-yamagata.or.jp/fruit/keiou.html
美しいですね。 過剰生産になったらしくXYL曰く「結構お安かった」そうです。

以上 我が家の和風喫茶室の情景。 居間と庭はクリスマスモード継続中です。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/12/25

本番は今日です。  美しきモノ、心ひかれるモノ

切支丹な皆様、降誕祭おめでとうございます。
今年はPGJもXYLも忙しくてなかなか飾り付けができず。
切羽詰まってXYLが昨日しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
月間「専門料理」によれば
「前菜は、まず見た目のインパクトだ」だそうです。
「あの雑誌も1年買えば、あとは毎年繰り返しねぇ」らしいですが。

クリックすると元のサイズで表示します

「冷凍庫から素材を引っ張り出してくれば、これくらいお茶の子よ」とはXYL。
「田舎でロクな素材が揃わんから、あるときに買って冷凍しておく。 西湘もGisborneも買い物という点では大差がないから、旨い料理を作ろうと思ったら自衛策が大事」

クリックすると元のサイズで表示します
クラッカーはF(フランス共和国)の友人から
Two raw materials were supplied by Delafontaine family ;)

2018/9/27


軽井沢の帰りは大遠回りで伊那谷へ。 例の如くの古物屋グリーンファームへ。

以下は去年買った大正6年製の吸物椀の揃いの箱入り。 これが6人前、欠損していました。

クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します

それと同柄を掘り出しました。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも、ネズミのおしっこまみれなので破格のこれ全部で800円。

    クリックすると元のサイズで表示します
洗ったらビカビカになりました。
これでオメデタ柄の手塗り漆器吸い物椀が40人分揃いました。  料亭でも始めるかねhi

     クリックすると元のサイズで表示します

包み紙の新聞は昭和37年。 こんな絵の描かれた紙も包み紙になっていました。 美人だね。

2018/1/2


お正月飾り。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

という訳で、お正月飾りです。
神仏混淆なXYLの趣味が80% かな?


2017/12/31

へー! インクレスペン  美しきモノ、心ひかれるモノ

Facebook友達の家族から年末の贈り物を頂戴しました。

その1、とあるご婦人から
クリックすると元のサイズで表示します
のし餅! 昨日ついたそうです。 大きいですねぇ。 36切れ分あります。
固くなる前に切らねば!

今を遡ること半世紀。 PGJの実家でもち米を育てていた頃に近所の餅屋の機械杵で突いてもらった記憶が。。。。  今時の人は見たこともないでしょうね。 皆1個分カットだから。

で、その2
そのご婦人のご子息から

        クリックすると元のサイズで表示します

「葉巻かよ。たまには良いか?」と思ったら、あけたら木工品。
どうやらMetal penという筆記具のようでありまして。

        クリックすると元のサイズで表示します

確かに書ける! 素敵だね。

柔らかい金属といえば昔は鉛を使ったのでしょうが欧州製ということを考えると欧州製品安全令に従って居るはずで鉛の訳がなく。 元素吸光分析してみたくなりますhi。

2017/12/7

クリスマス飾り2  美しきモノ、心ひかれるモノ

クリスマス飾り 居間仕様
DL(ドイツ連邦共和国)と北欧各国の飾りだね。
大きなクリスマスツリーは言わずと知れたBY(共産中国)製。

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

         クリックすると元のサイズで表示します
         これはG(大英帝国)製

世界中のキリスト教徒の皆さん メリークリスマス。

2017/12/4

今年のクリスマス飾り1  美しきモノ、心ひかれるモノ

ことしのクリスマス飾り。
和風喫茶室バージョンです。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

皿はOZ(デンマーク王国)。木彫りの人形はZL。額に入った刺繍はOZ製で刺したのはXYL。

サンタクロースが居ないのでキリスト教徒でないとわからない構図でしょうねぇ。 

東方の三賢人がイエズスが産まれた厩に訪問したところです。

2017/9/21


クリックすると元のサイズで表示します
XYLとニチミツ(日本橋の三越のこと)へ漆芸の展覧会を見に行きました。

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
百貨店はもう秋

お目当ての作家さんの作品は、「良いけど大きすぎ」で次回に期待しましょうにしました。
で、めちゃくちゃ浮いた予算でですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
1,000万円の黄金のキティちゃんを買いました な、訳がなく。 

XYLがリビング用品売場でこれを買いました。 PGJは深川のエスプレッソカップを探していたのですが、良いのがなくて「やーめた」と思っていたらXYLがその隣で見つけたのです。

     クリックすると元のサイズで表示します

さらに予算が余ったので、東京駅のダイマツ(大丸松坂屋、XYLに言わせると三越はコシタンだそうで)へ向かってブラブラと。

日本橋を見ながら

     クリックすると元のサイズで表示します

晩飯でも食うか? 行きが大船軒の押し寿司だったので、帰りはデパ地下ゴージャス弁当にしようかと思ったのですが、結局、百貨店の大食堂、というオプションにしました。

明日に続く


2017/9/10


深川製磁のあとは有田町のダウンタウンで別の深川さんのお店へ。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらの深川さんは

      クリックすると元のサイズで表示します
        凄い門構え
  
クリックすると元のサイズで表示します
香蘭社さんです。

クリックすると元のサイズで表示します
凄いですねぇ。 お屋敷。

      クリックすると元のサイズで表示します
        こちら工場の煙突

クリックすると元のサイズで表示します
ISO9001で運営されているようです。 
が認証切らしているような印象が。。。
ともあれ、その昔に碍子を作って経営基盤を整えた工業会社です。







クリックすると元のサイズで表示します
森村グループの日本碍子工業が碍子を製造する前に香蘭社が作っていたとはねぇ。
勉強になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
当時の碍子  左端は電池ケース(と言っても若い人にはわかるまい)

   資料室には江戸時代以降のお宝が
   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

さらに、有田の町をブラブラと

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今右衛門さんのお店 高くて買えん。
それに14代のは、好みに合わんでねぇ。 12代のほうが好き。

こちら「有田三右衛門の中で一番安くて丈夫」なのがウリ
の源右衛門さん
クリックすると元のサイズで表示します

この山から原料土が取れたそうですが、今は有田焼は有田の土を使わず天草の土を使うそうです。 粘りがあって白いのだそうな。  ですから「江戸時代の有田焼と今の有田焼はまるで違います。 生地を見ればすぐに分かります」そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

戦利品は

クリックすると元のサイズで表示します
お茶碗とマグカップのセット。 磁器のマグカップですよ。hi

クリックすると元のサイズで表示します
香蘭社のエスプレッソカップ 印刷ですからお安くて。 オホホホ

クリックすると元のサイズで表示します
源右衛門さんのところの梅柄の皿。



というわけで有田に2日間、延べ10時間も居たのでした。
そしてJA6SOVのQTHへGO.


2017/9/9


有田 と言っても和歌山の有田ではなく。
そういえば有田食品の皆様はお元気だろうか?
K桜さんはとっくに定年だろうなぁ。

まぁ、おいといて

佐賀県の有田市です。 夏休み旅行、伊万里の次は有田です。

お目当ては深川製磁。 その昔、ネスプレッソでコラボカップを製造して頂いた名門です。 
こちらは当時社員にプレゼントされたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

Nロゴが入っているのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

で、このプロジェクトの責任者だった元同僚が「深川製磁さんは凄いですよ。是非行ってみてください。」と言っていたので、はい行きましたとも。

まずはチャイナ・オン・ザ・パークへ
クリックすると元のサイズで表示します
http://www.fukagawa-seiji.co.jp/cotp/

     クリックすると元のサイズで表示します
広いねぇ。 こちら工場棟。 この中にアウトレットショップもあります。(営業本部長様曰く「アウトレットは外では売らん。」そうですから、日本でここだけか。)

展示館棟の忠次館

クリックすると元のサイズで表示します

        クリックすると元のサイズで表示します
展示品は撮影禁止。 一見の価値があります。 ついでに現行販売している品がほぼ全種類ありますので、見て買いたい人には良いですよ。
印刷で「えいやっ」と絵付けしてしまうものは、エスプレッソカップで2万円以下。 手で染めると3万円超えます。 というわけで手で絵付けたものが欲しい方はこちらでご覧になると良いでしょう。 そうでないものは見るだけ見て百貨店でポイント付けてお買い求めください。hi

で、こちらで10年前のコラボの話をしましたら、当時マーケティングに居たという方が偶々居られて、懇切な製品説明をして頂いた上に「本店の工場を見ていってください」とご招待していただきました。
ずっと探していた玉露椀の気に入ったのがあったので購入して。

で、深川製磁様本店。

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します  
      戦前の建物だそうです。 営業ご担当の深川様にご案内していただきました。
      (ちなみに、この街のお金持ちは皆深川ご一族様である)
      超高級手作りはこちらで製造しているそうです。
      写真はここまで。

はぁ? そんな手間かけて作っているの? 
はぁ!? 何その職人芸! うわ!釉薬を掛ける手作業が
工場としては5Sがトホホですが、職人さんたちの技術の高さには恐れ入りました。
そりゃ、この生産体制ならディナーセット1人前50万円でも無理はない。と実感致しましたよ。
神業を買えるんだから 高いなんて文句行っちゃいかん。
Youtubeでの工場風景はこちら
XYL曰く「労働安全的にどうよ」ではありますが。

宮中の菊花文入りディナーセットは明治天皇にお納めしたもので、未だに数年に1度30枚セットとかの追加注文が来るそうです。

皇室のお祝い事の引き出物がまた凄まじくてですね。 ボンボニエール手の平に乗ってしまう小さなもので5個組25万円税抜き。。。

皇后陛下の還暦のお祝いの引き出物の花瓶なんて一体、、、、

で! 翌日。

またまた有田巡り
まずはチャイナ・オン・ザ・パークのアウトレットで何か物色しようと入ると「あ、ネスレさん。忠次館で玉露椀買ったんですよね。」 
平日はかなり暇らしい。  

で、こちらでも、「あれはもう作れないから大事にしてください」などの説明をしてもらいながら数点買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、お昼。

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
買い物も食事もできるチャイナ・オン・ザ・パーク
いってらっしゃ〜い

で、戦利品は

クリックすると元のサイズで表示します
玉露椀 すごい値段です。 はい。

以下はアウトレット

クリックすると元のサイズで表示します
紅白の皿 4枚

クリックすると元のサイズで表示します
飯茶碗x2

「こちらの赤のほうが良い」等など、ポイントを教えていただきました。
ありがとうございます>深川製磁の皆様

さぁ 次は有田のダウンタウンだ。

2017/9/8

伊万里のノリタケ  美しきモノ、心ひかれるモノ

ノリタケと言えば愛知の会社ですが、佐賀県にもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
左前の会社は草ボーボーなんだよねー。

この状態でプレミアムって、もう無理。

まぁともあれ工場付属のアウトレットショップへ行きましょう

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
上のゲートを100mほど入っていくと
守衛所が有った門がありまして。
「即売はあっち」と書いてあります

クリックすると元のサイズで表示します
こちら売店。

クリックすると元のサイズで表示します
プレーシングプレートに使う皿と

クリックすると元のサイズで表示します
カキツバタ文様のエスプレッソ+ケーキ皿を買ってきました。


2017/8/31

ありがたいことです  美しきモノ、心ひかれるモノ

本日 某社を退職しまして

クリックすると元のサイズで表示します
お花やら お酒やら 色々といただきました!!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
お菓子!

   クリックすると元のサイズで表示します
   沖縄のラブリーな物はNew York Timesに包まれていました。

皆さんありがとう。 私はNブランドが大好きです。


2017/8/15

またもやガラクタ  美しきモノ、心ひかれるモノ

盆休み前に軽井沢へ行ってきました。
盆休みには軽井沢ICと軽井沢駅の間が渋滞で4時間かかるとかいう噂だったので休み前に。

目的は2つ
一つ目は先月行ったときに酢重で目をつけておいたコレクタブルス。
http://www.suju-darkeyes.com

ちょっとしたもんがちょっとした値段で売られています。 ネットで買っても値が変わらんものを見つけてきて並べるのは商売うまいよなぁ。

店の中はこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

店は旧軽井沢商店街の入口あたり
クリックすると元のサイズで表示します

で、目をつけていたのは下の写真の
クリックすると元のサイズで表示します
右端の重ねて有る箱。

二つ目はこみやまさんとこの焼鳥
クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

美味しゅうございました。

さて、持って帰ってきて、箱を座敷で広げて
クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します
西利の什器だったのかね? 大山マスとは何? わかりません。

        クリックすると元のサイズで表示します
        とりあえず床の間に積んでみた。

花台になるかねぇ?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ