ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2021/2/10


2月になったのでクリスマス飾りを片付けて、正月飾りも片付けて、お雛様です。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

1月の半ばに欧州からやっと届いたクリスマスカードは、まだ出しておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します



使ったレンズはこちら。>>

小さくてお手頃な値段の単焦点45mm

スナップショットに便利です。 

それにしても解像度が上がると手振れもシビアですなぁhi





2021/1/26


クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん前ですが、ヤフオクでニュージーランド航空ボーイング747のY2Kの頃の塗装のモデルを見つけました。
Y2K当時NRT-AKL間のフライトの機材は、ほとんどボーイング747で私ら夫婦はコックピットの後ろの2階席かコクピットの床下の席でした。 もっとも太平洋便って窓から見えるのは雲と海ばかりなんですけどねぇ。

そんな様々な思い出のある機体を「仕事がらみの思い出コーナー」に置いてXYLと「あんな事件があったねぇ こんな人もいたねぇ」とか言っております。
それで世に出した製品の内の2つが以下。

 

で、昨日はビーフシチューでした。

    クリックすると元のサイズで表示します

特選デミを使ってビーフシチュウを作ると胸やけをしません。 巷のレストランは業務用でも最低ランクのデミを使っているんだろうなぁ。 

デミもホワイトも特選がおすすめ。

しかしまぁ、世界中にどこにもなかった「デミグラスソースの缶詰」なる商品を生んだ稲田さんはすごい人でした。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000000595.html
ハインツは良くも悪しくも業務用デミグラスソースが売れ過ぎで他の商品展開ができなかったねぇ。 


2021/1/3


仏教徒とキリスト教徒が同じ屋根の下で暮らしておりますと、年末年始の飾りつけは「かなりごっちゃ」になります。

というわけで、

クリックすると元のサイズで表示します
表玄関
真ん中はこの冬に善光寺の参道で見つけた上田獅子の木彫。
なかなか良いです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
ダイニング脇の和の喫茶室
「めでたい」もいます
クリスマスツリーは中旬まで居残り

クリックすると元のサイズで表示します
居間はこんなもんで
クリスマスモード

クリックすると元のサイズで表示します
座敷は日本の正月モードです。

文化の多様性が我が家の強み。 かな?

わうさまもいるし。。。

2020/12/26

ボクシングデー  美しきモノ、心ひかれるモノ

わうさま「なぁなぁ ボクシングデーだぞ。早く開けよう」

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
XYL「はいはい わうさま あけましょうね」

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま「やや! 新しい輿ではないか。 丹漆塗りだな。」

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま「ちょっとキツイな。 これは女中にやる!」

というわけで、わうさまの輿は、鞄としてXYLへの御下賜品になりました。

https://www.take-once.com/

2020/12/12


わうさま「なぁなぁ、東方の三賢人が持って来る贈り物。わしにもくれんかの?」

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま「王の王が産まれたんだろ。 わしも王じゃ」

と言うようなトンチキなわうさまはほっといて。
XYLがクリスマスの飾り付けをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は居間ではなくダイニングの脇の和の喫茶室にクリスマスツリーを立てました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら階段室
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
居間のコーヒーテーブル

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま「なぁなぁ、これ開けてもいいか?」
ダメに決まってますよ。わうさま!

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま「泣くぞ」
我が家のわうさまはパタリロ並みにタチが悪い。。。

2020/9/7


週末は またまた伊那へ出かけたわけですが。 

感染症感染症と騒いでいる中でコース料理をという気にもならず。 蕎麦です。

クリックすると元のサイズで表示します
蕎麦屋のあるのは伊那食品工業のかんてんぱぱガーデン。https://www.kantenpp.co.jp/garden/
ここは食品安全に心配が無いのがよろしい。

で、敷地内には美術品の展示会場などもあります。 「確かに良いが高くて買えん」というもの、「良いけど我が家には合わない」というもの、「作家のこだわりに金は払えん」というものもあります。 今回は「これいいねぇ、買えるし」というものがありました。

クリックすると元のサイズで表示します
スタッカブルなトレー
クリックすると元のサイズで表示します
ありがちな花さしですが木枠が繊細でよろしい。

クリックすると元のサイズで表示します
スタッカブルなトレーは居間でお酒を飲むときに使うつもりで買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
木目がきれいでしょ。
こういう工芸用合板を作る会社があるのですねぇ。 
無垢だと割れるし高くなるし重くなります。 お見事。 
で無印良品より安いって、、、 いいのかな?

クリックすると元のサイズで表示します
木目と染色が美しい額

9月14日まで、やっているそうですよ。

作家さん情報はこちらhttps://www.facebook.com/360.kiso/ 

2020/7/31

きのこ狩りはいかが?  美しきモノ、心ひかれるモノ

岐阜県現代陶芸美術館で来月安田ナオキ展が開かれます。
http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/index1.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの美術館は愛知県の陶芸美術館とはまるで違う企画の良さがあります。
よっぽど良い学芸員が居るんだろうなぁ。

COVID-19で入館は要予約ですので。為念

http://www.cpm-gifu.jp/museum/01.top/news_topics/news_topics.052.html

2020/7/4


まったく! 断捨離して荷物を減らしたと言うのに、またこのようなガラクタを。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
先週、伊那で買ってきた生糸用の糸巻きです。 
我が家ではワインボトルを載せたりするのに使っております。 なんたって安い。 1個500円。

で、今回のはやや大きめなので、インドネシア民芸の籠の脚にして、こんな感じで飾ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

なかなか趣があって良いとXYLも申しております。

2020/6/4

ダンボゲリオン  美しきモノ、心ひかれるモノ


いやはや、すごい値段になっている終売ダンボーですが。
購入当初から接点不良で目の輝きが良くなくて、オマケにLR41ボタン電池2個ではすぐ暗くなるしで。 
という訳でダンボー、電源補完計画(エヴァンゲリオン化計画)

クリックすると元のサイズで表示します

アンビリカルケーブル付けました。 ただの同軸AFコードです。 これをダンボー頭部の電池ケースにハンダ付け。 コードの先は単三用電池ケース。

電源はLR41は45mAh x 2からEneloop単三1,900mAh x 2へ 40倍以上アップ!
まぁこれで1周間は余裕で目が点灯します。

ただ、エヴァと違うのは、電源落ちたら内蔵電源はないのよー。 暴走もしそうもありません。hi

クリックすると元のサイズで表示します


2020/5/28


今どきはなんでもネットで見ると思ったら、このような高級な情報誌があるんですねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します


戴き物です。 

通販生活というカタログ雑誌がありましたが(まだあるのか?)メーカーから広告費をとって「さも素晴らしい」ように飾って売るビジネスでした。 まだあったよ。

そんな紙媒体でものを売るビジネスがまだあるんだなぁ。 と感心したのが「月間美術」。
いろんな芸術があるなぁ! と感心しました。
今どき工業品は世界中どこからでも通販で取れますから通販生活のビジネスは大変でしょう。 メーカーもアホくさくて広告記事出さないし。
一方、月間美術は目の付け所が早川電機。
芸術品は基本的に作家さんの一点物。 基本的に「ここで買わなきゃ買えないよ」。
http://www.gekkanbijutsu.co.jp/shop/01000601.htm

クリックすると元のサイズで表示します
芸術は判らん! ガンプラをネックレスにして5万円。 うーむ。

    クリックすると元のサイズで表示します
    ポケモンみたいな根付。 なるほどガンダムの10倍は「そりゃそうだろう」

クリックすると元のサイズで表示します
こういう雑誌で新たな出会いがあるというのは作家さんにしても、「美しい物好き」な人にしても良いことですね。

で、本題。

クリックすると元のサイズで表示します
個展の案内のページが延々「延期」「中断」「中止」。
個人事業者の救済策と云いますが年に2,3つしか作成しない作家さんはどうやって収入補償をもらうのでしょうね。 どうやっても数年で7割潰れる飲食業より大事にしたいものってあるんではないかとページを繰りながら思いました。




2020/5/15


シャック5Sプロジェクトは終了目前。 ですが、欲も出てきて、色々と追加の案が。。。

その壱

工具箱から出てきた研ぎ棒。 これで肉切り包丁を研ぐのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

Tulipの工場では何度か仕事しましたが、そのうち2度は帰国時に記念品としてスペシャルな研ぎ棒をくれました。 
それがこれ。 
最後のお勤め時は工場の生産性を劇的に向上したのでロイヤルコペンハーゲンの置物を貰いましたとさ。 あれが私の海外工場立て直しの第1ページ。



錆びていた研ぎ棒を研いて箱額縁に入れてみました。 なかなかFB。 
当時のTulipのQA headとXYLと私の記念写真を添えて。 
じいさん、生きてはおらんだろうが、世話になった。。。

    クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/29

お買い物@長野県  美しきモノ、心ひかれるモノ

先週の連休は長野県で嵐の前の休暇。 面白いものをいくつか求めてきました。

原村の八ヶ岳美術館でもとめてきました。 リトアニアのキャンドルスタンド兼香炉。
https://midene.com/ 
クリックすると元のサイズで表示します

リリパットレーンに似た可愛らしさがあります。 

茅野、尖石のAコープで見つけましたドライフラワー各種。 どうも、この周辺はドライフラワー産業が盛んらしい。 そう言えば寒天もこの辺り。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

ドライフラワーのリースは軽井沢で買うと4桁5桁ですが、茅野市(JCC0914)の農協で買うと一桁安くなります。 

諏訪市(JCC0906)の古材屋で見つけたのがこちら

クリックすると元のサイズで表示します
戦前の民家配線用の碍子と八ヶ岳山麓に転がっている黒曜石の原石。

こちらはおそらく江戸時代のものと思われる神社か寺の一部であった龍。

   クリックすると元のサイズで表示します

今回は、なかなか良い買い物旅行でした。

2020/2/21


Audi TTユーザーのFacebookのグループで、こんな製品があるのを見つけて早速密林でポチ。
57分で作りました。 手が耄碌したな。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

2020/2/20


クリックすると元のサイズで表示します

妻がごそごそ雛飾りを出してきました。
我が家に子供はいないけど。 こう言う季節の文化的飾りがあると良いですね。

年末に買った桜の枝の花が散って葉桜になりました。


2020/1/19


我が家においで下さった皆様はご存知ですが我が家の表玄関は「どこの料亭よ」と言う風情です。 前世紀にこの家を建てた人の趣味です。hi 風水に凝った代議士さんだとか。   この表玄関は駐車スペースへのアクセスが悪いので、今まで物置にしていた裏玄関から出入りすることにしました。  まずヨドコウのスチール物置を建ててガラクタを移動。 次に下駄箱を探さねばなりませんが、古民家風現代建築な我が家にマッチする下駄箱がなかなか無い、あっても高い!
そこで三郷の古録展の出品を見ていましたら、大正時代の商家の大下駄箱が出展されました。
https://www.retoro-kagu.com/
すっ飛んで現物を見に行くと良い感じなので早速購入。

大正時代の下駄箱で、草履と下駄を入れる前提で、棚板の間隔は狭く、かつ間隔の変更ができません。  このままでは靴が入りませんので棚板を1枚壊して抜き、残りの棚板を緩めて角材を噛ませて棚間隔の調整をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、裏玄関のコンクリート三和土は傾斜しているので下駄箱がガタつきます。
そこでスノコにメスネジ加工をしてステンレスネジを刺し脚の長さを調整できるようにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、これで水平をとってその上に下駄箱を載せ、さらに下駄箱の前にスノコを足して、古臭い商家な感じにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

XYLに「合格」を貰えました。 

クリックすると元のサイズで表示します

おまけで伊那で買ってきたスタンダード石油の看板を掛けてみました。  これ、いつ頃のものかなぁ?  明治頃だから120年くらい前ですかね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ