ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/3/29

お買い物@長野県  美しきモノ、心ひかれるモノ

先週の連休は長野県で嵐の前の休暇。 面白いものをいくつか求めてきました。

原村の八ヶ岳美術館でもとめてきました。 リトアニアのキャンドルスタンド兼香炉。
https://midene.com/ 
クリックすると元のサイズで表示します

リリパットレーンに似た可愛らしさがあります。 

茅野、尖石のAコープで見つけましたドライフラワー各種。 どうも、この周辺はドライフラワー産業が盛んらしい。 そう言えば寒天もこの辺り。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

ドライフラワーのリースは軽井沢で買うと4桁5桁ですが、茅野市(JCC0914)の農協で買うと一桁安くなります。 

諏訪市(JCC0906)の古材屋で見つけたのがこちら

クリックすると元のサイズで表示します
戦前の民家配線用の碍子と八ヶ岳山麓に転がっている黒曜石の原石。

こちらはおそらく江戸時代のものと思われる神社か寺の一部であった龍。

   クリックすると元のサイズで表示します

今回は、なかなか良い買い物旅行でした。

2020/2/21


Audi TTユーザーのFacebookのグループで、こんな製品があるのを見つけて早速密林でポチ。
57分で作りました。 手が耄碌したな。

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

2020/2/20


クリックすると元のサイズで表示します

妻がごそごそ雛飾りを出してきました。
我が家に子供はいないけど。 こう言う季節の文化的飾りがあると良いですね。

年末に買った桜の枝の花が散って葉桜になりました。


2020/1/19


我が家においで下さった皆様はご存知ですが我が家の表玄関は「どこの料亭よ」と言う風情です。 前世紀にこの家を建てた人の趣味です。hi 風水に凝った代議士さんだとか。   この表玄関は駐車スペースへのアクセスが悪いので、今まで物置にしていた裏玄関から出入りすることにしました。  まずヨドコウのスチール物置を建ててガラクタを移動。 次に下駄箱を探さねばなりませんが、古民家風現代建築な我が家にマッチする下駄箱がなかなか無い、あっても高い!
そこで三郷の古録展の出品を見ていましたら、大正時代の商家の大下駄箱が出展されました。
https://www.retoro-kagu.com/
すっ飛んで現物を見に行くと良い感じなので早速購入。

大正時代の下駄箱で、草履と下駄を入れる前提で、棚板の間隔は狭く、かつ間隔の変更ができません。  このままでは靴が入りませんので棚板を1枚壊して抜き、残りの棚板を緩めて角材を噛ませて棚間隔の調整をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、裏玄関のコンクリート三和土は傾斜しているので下駄箱がガタつきます。
そこでスノコにメスネジ加工をしてステンレスネジを刺し脚の長さを調整できるようにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、これで水平をとってその上に下駄箱を載せ、さらに下駄箱の前にスノコを足して、古臭い商家な感じにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

XYLに「合格」を貰えました。 

クリックすると元のサイズで表示します

おまけで伊那で買ってきたスタンダード石油の看板を掛けてみました。  これ、いつ頃のものかなぁ?  明治頃だから120年くらい前ですかね。

2019/12/26


天使が飛んでいる我が家の階段室です。

で、なにやら あやしげな生物が壁に。。。

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

先月、伊勢のおかげ横丁で買ってきたヤモリです。 陶器製で作家さんの作品です。
が箱を無くして作家さんの名前がわからん。 
ヤモリは家守。 火事除け泥棒除けの御守りなんだそうですよ。

quattro。


2019/12/24

クリスマス飾り  美しきモノ、心ひかれるモノ

やっとクリスマス飾りが我が家にやってきました。
XYLもPGJもオイソガシで、もう。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
これXYLが刺した刺繍なんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
いつもの聖歌隊にカレシーのお迎えが来たところ。

クリックすると元のサイズで表示します

楓もすっかり落葉しました。 庭用掃除機で吸いまくるのですが、粉砕して小さく圧縮しても1回でだいたい120リットルほど出ます。 
クリックすると元のサイズで表示します
(この写真をクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます)

    クリックすると元のサイズで表示します
    クリスマスツリーも2つできたし。
    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
馬小屋のシーンもできたし。

やっとクリスマスシーズンが来ましたよ。

2019/12/1

わうさまへ お土産  美しきモノ、心ひかれるモノ

先週は箱根と紀伊半島、東海地方で休暇を過ごしました。

で、わうさまへのお土産が伊勢神宮内宮前で購った「かんがえる」。

クリックすると元のサイズで表示します
大きさがわからないので、わうさまの額の上に。

また 赤い伊勢型紙を使った染色の手ぬぐいも合わせて。
クリックすると元のサイズで表示します

2つを身につけると神々しさが出て、さすが王権神授説の世界のわう様です。

クリックすると元のサイズで表示します

なんでも、わうさまのお言葉によりますと「王位は神様からもらったが、父は別にいる。 この頭の上に載っているのが父で、どこかの神の子の父のように大工ではない。 腕を組んで考えているだけで手間賃をとっていた植木職である。」「その証拠に『柳影はお好きかな?』と聞いてみろ、いちころだ。」

ところでわう様。 あと9つその錫製の父上様を乗せると十一ゲロ観音で売り出せますよ。

2019/11/30


TTは例によって修理中。 箱根は凍りましたし、代車のA4-S line 2.0 Quattroでは、気持ちいいドライブという訳にもいかず。 で、
今日の午前中は庭の落ち葉を掃除機で吸い(90リッター分)、20年前にNapierで買ったナイフブロックの塗装を剥がして塗り直しをして。 
XYLが「夕暮れの富士山を見に行こう」というので、でかけました。
鈴廣蒲鉾で小田原の木工屋さんがアウトレットを販売しているのを思い出して寄ってみました。 

クリックすると元のサイズで表示します

この寄せ木無垢削り出し轆轤挽き4,000円!! 普通でしたら諭吉が飛びます。 FOB4,000円なのかもという話もありますが、何れにせよ超お買い得なので、サラダボウル用に求めました。 
このボウルはウレタン塗装ですが蜜蝋で仕上げるというのも有りかなぁ。 (接着が剥がれるかな?)

PGJは、この木工所の製品が好きです。 https://la-luz.co.jp/ これで幾つ目かな?

こちらはコースターに使っている石鹸台。 

   クリックすると元のサイズで表示します

結露してもコースターがグラスにくっついて来ないのでスグレモノ。 とは木工所の皆さんが想定していない使い方だろうけどhi。

アウトレット販売は12月1日16時までです。

箱根駅伝の中継場所の鈴廣。 最近箱根登山鉄道の廃車を購入し展示しています。
ピカピカの塗装です。 屋外展示車両はあっという間に錆の塊になるので、蒲鉾の売上でせっせと維持してほしいなぁ と思います。 

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ今は綺麗なカフェになっております。
    クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、富士山ですが。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
大涌谷も絶好調で噴いております

クリックすると元のサイズで表示します
駿河湾も輝いて見えます。 
以前は、この日没が我が家から見える場所に住んでおりました。 
オホホ、世界田舎暮らしの達人。

アウディ Audi TT Roadster
この記事の写真はクリックするとオリジナルサイズでご覧いただけます。


2019/11/6


足柄平野の東端に旧国鉄国府津電車区があります。
そのせいでしょうか、そこの近所の古物屋で手巻きのセイコー鉄道時計と昭和初期のノギスを見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します

和の喫茶室の鉄道コーナーに飾りました。

クリックすると元のサイズで表示します

驚いたことに日差2秒。 立派なもんです。 さすが諏訪精工舎(現エプソン)製。 エプソンは今もスプリングドライブを作ってセイコーに供給しております。

2019/10/3


先日、ニッタカ(日本橋高島屋=高島屋東京店)で拝見していた黒田沙知子さんの「花風」が届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

凄い箱で。。  VIPって? Very Important Percelなのか? と思うほど厳重な包装で来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは箱出し
白黒の乾漆粉(鑑真和上坐像の乾漆法の乾漆)、螺鈿の細片を朱漆に埋め研ぎ出したものです。 

芸が細かい。

クリックすると元のサイズで表示します

      クリックすると元のサイズで表示します

お見事でした。

飾る場所が決まらない!

クリックすると元のサイズで表示します

ウーム

2019/9/5


漆芸家の黒田沙知子さんの「個展!」がニッタカ(日本橋高島屋)で開かれます
皆様 目の保養でいいですから行ってみましょう。
いやはや 凄いんだから。

クリックすると元のサイズで表示します
https://skuro.jimdo.com/

     クリックすると元のサイズで表示します

XYLもPGJも好きなんですよ。

2019/9/3

ピーングー そして  美しきモノ、心ひかれるモノ

クリックすると元のサイズで表示します
XYLが階段室の手すりにピングーをずらーーー。

クリックすると元のサイズで表示します
ダイニングの絵は毎月変えますが、今月は葡萄。

クリックすると元のサイズで表示します
和の喫茶室の飾りは 逆さまの鯛

この鯛 なんだと思いますか?
クリックすると元のサイズで表示します

和菓子の型です。 だから左右が逆。
こんな木型をつくる職人さんは絶滅したそうです。


以上XYLの飾り付けでした。

2019/4/25


クリックすると元のサイズで表示します

塩尻市(JCC0915)の木曽平沢には漆器屋さんが並んでおりまして。
そのうちの一軒「ちきりや」さんで木曽漆器を買ってきました。 https://www.chikiriya.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

ランチョンマット
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか朱漆がよろしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんとちゃんと家庭用品品質表示法による表示が付いていました。
漆器屋さんは「家庭用品では無く芸術品」と嘯いて表示をサボるところが多いのですが、こちら日本人離れして真面目な表示。です。 素晴らしい。
このランチョンマットはシナノキの積層合板で作っているので反ったり割れたりしません。 なんでも無垢の一枚板を有り難がる消費者がいますが、「そんなもんこのサイズの平板で無理に決まっているだろ。」 です。
この製品は廃盤で2枚しか買えませんでした。 おそらく「合板は嫌」な消費者に受けなかったんでしょうね。 箱根細工もある意味合板なんですけどね。

この街はオールドタウンの風景が残っていて、なかなかよろしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

で、ちきりやさんのすぐそばに職場の同僚の実家の漆器屋さんがあるとは帰ってきて知りました。
そちらは文化財建築物。 すげ!
http://www.shitsugei.com/p/index.html

2019/3/23


足柄地方の産品に寄木細工があります。主として箱根町(JCG11003C)と小田原市(JCC1107)に工房が集中しております。 
日本市場の非関税障壁にうんざりしている海外の工場に出張する際には、しばしば土産で持っていったもんです。 「ややこしくて、一見すると蓋がないように見えるが、手順を踏めば開くのさ」。

丸山物産露木木工所からくり創作研究会がPGJの定番です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
木材をこの精度で切り出して組み上げるって、どういう技術なのかねぇ。 すごいですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちは大吉を引かないと開かないクジ引きからくり箱

クリックすると元のサイズで表示します
この富士山はZLの家でも壁に掛けていましたから、かれこれ20年選手。 「サムライ時代からあるクラフトだよ」と言ってKiwiたちを煙に巻いておりました。hi

クリックすると元のサイズで表示します
先週、小田原で買ってきた一組の春夏秋冬。

クリックすると元のサイズで表示します
意外とポップで座敷の床脇棚には合わなかったかなぁ 

80年代から結構な数の寄木細工を買っている割に自宅に残っていないのは、ほとんどが、お土産需要だったんだなぁ と思った次第です。

ちなみに寄木細工の模様はこのように作ります



2019/1/1


皆様あけましておめでとうございます。

今年の年始の飾り物はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

温室栽培の桜だそうで山形から届きました。 啓翁桜と言うそうです。
http://www.zennoh-yamagata.or.jp/fruit/keiou.html
美しいですね。 過剰生産になったらしくXYL曰く「結構お安かった」そうです。

以上 我が家の和風喫茶室の情景。 居間と庭はクリスマスモード継続中です。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ