ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/11/23

観光シーズン  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します


クリスマス飾りの写真をHDDの中で探していたらこんな写真が出てきました。
ハブロックノースのワイナリーブラッドーショーエステートのブドウ畑です。
11月になるとZLホークスベイ辺りはこんな天気で気持ちのよい日が続きます。
どうです。ニュージーランド観光へ行きませんか?

2002年の11月ですからもう5年も前ですね。
この頃がZL2PGJの最もアクティビティーの高い時期でした。 CONDEXも良かったしね。

2007/7/8

アユタヤ遺跡  懐かし写真館

タイ王国(HS)の首都バンコックからメコン河をクルーズボートで遡上すると、アユタヤ遺跡があります。

クリックすると元のサイズで表示します


40代以上には山田長政が活躍した町として有名ですね。
当時、タイの水産工場数社にキャットフードを委託生産させていて、その工場の品質監査にでかけたのは前世期末でした。
土曜にでかけて翌々週の月曜日に帰ってきて、その間に3工場を検査したんだから、まぁ若かったねぇ。 これが毎年1月恒例でした。

ある年、1日偶然オフになって、それでは!とアユタヤ遺跡に出かけましたとさ。
タイは食事があわず、毎年吐くは下すはで大変でしたが(美味しいのだが体には合わない)、そのなかでアユタヤ訪問は一つのいい思い出です。

当時の三菱商事のタイ支店長は接待中に居眠りをこく豪傑だったが、今はどうしているのやら? 商社といえば、技術を知らない商社マンのゴミ英語にはあの頃から頭が痛かったなぁ。hi

タイといえば国民に人気のプミポン国王陛下。 HS1Aとして有名なハムでもあります。

2007/6/29

イエスコー城  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します
イエスコー城(イーエスコーあるいはイーエスコウとも)はOZ(デンマーク)フュン島の南にある城です。 詳しくはこちら。 イエスコーには樫の木の森の城という名前の意味がありまして、大量の樫の木を使って基礎を造ったとか何とかという話を聞いた気がします。 この近所のオーデンセで半年仕事したのは15年近く前の話です。 当時はデンマーククローネがやたらと強くて日本円で給料を貰っていた私はヒーヒーでレンタカーも借りられず、自転車かバス、DSBに乗って行ける所が全てでした。 
その少ない手段の中で遊びに行けるイエスコーは1日つぶすには十分な観光地でした。 古城博物館としてのみならず、古い乗り物(飛行機、自動車、レースバイクから馬車まで)、農事博物館としても楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さらに庭もソコソコ広く、子供が遊べるスペースもある。というデンマーク人の求める観光の要素が全てあります。 むろん地元のアルバーニビールの楽しめるカフェもあります。
お弁当を持って行くもいいですね。 というか、当時のほとんどのデンマーク人はお弁当持参で、冷たい飲料や熱いコーヒーをカフェで供給すると言うスタイルがほとんどでした。 いまも、そのスタイルは変わっていない気がします。

行き方はオーデンセからはクルマでこのルート。 あるいは最寄のDSBの駅Kvaerndrup(クウェンドロ)から2Kmほど畑の中をブラブラ歩きます。
本を1冊持って出かけてのんびり過ごすにはなかなか良いところでした。
行き方を説明しておいてなんですが、日本からわざわざ観光で出かけるところでは有りません。 ただデンマークやドイツに在住している人には人気のスポットでした。 

2006/12/28

月日は百袋の家格にして  懐かし写真館

まぁ なにぶん 私のPCはZLで購入したものなので、日本語の変換がめちゃくちゃ。
月日は百代の過客にして が正解

しかしまぁ、ZLから引っ越してきて1年が過ぎてしまいました。 なんとまぁ月日の経つのは早いものか。 去るもの日々に疎しとも申します。

さぞ変わったろうねぇ。 Gisborne、Napier。
でも、こんな風景は変わらないでしょう。
ただいまGisborneとうもろこし収穫で大忙し。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、日本円に対して予想外に下がらないニュージーランドドルは日本への輸出の大きな障害で、ZL産コーンはEUへ輸出されているのでしょうなぁ。

イギリスへ輸出する為にBRC(英国小売商組合)のAuditをパスしたのも懐かしい思い出ですね。
タグ: 監査 品質

2006/12/7

ネーピアのクリスマス  懐かし写真館

ネーピアのクリスマスイルミネーションコンテストはすさまじいものがありました。
当時は不動産会社がスポンサーになって賞金を出していて、新聞に折り込まれた市内参加家屋の地図を持って、夕食後の市民が右往左往するのです。

なにしろ12月のネーピアは夏真っ盛り。 日没は9時前ですから、電飾が美しくなるのは9時半から。
そりゃー寝るまでの数時間の間に皆が集中して見物に回るのですから、かなり忙しいhi。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



この写真は2002年のもの。

月日のたつのは早いものです。

2006/9/17

ストックホルムは秋が綺麗  懐かし写真館

初めてスウェーデンのストックホルムに行ったのは1994年の秋でした。
スカンジナビアエア(SAS)の乗務員がストライキをして、コペンハーゲンからストックホルム経由で成田へ向かうつもりの私はストックホルム空港で欠航の表示を見て唖然。

ストックホルム乗り継ぎで成田に向かう人はほとんど出発地の空港で欠航を告げられたのですが、コペンハーゲンカストロップ空港の免税店ショッピングを堪能しようと早めにチェックインした私は網に漏れてしまったわけ。

300人の乗客中、私と同じ身の上の人が韓国の造船技師一家3人、ドイツのビジネスおばさん1人、スイスの看護婦さん1人、デンマークの老婦人1人、日本人ビジネスマン私を入れて2人。計8人。

8人皆でわいわいやりながらSAS手配のリムジンでストックホルムの町へ。
で、それから代わりの便が出るまで30時間。 顎足すべてSAS持ちでストックホルム観光をさせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します


楽しいハプニングでした。

ストックホルムの町は紅葉が綺麗、空が青い秋は観光に最適ではないでしょうか?
大江健三郎氏にノーベル賞が決まった日のことでした。
日本人のOEて? だれだ? などといいながら地元紙を見ておりましたhi

2006/9/12

原子力船むつ  懐かし写真館

その昔、日本には原子力実験船の「むつ」という船がありました。
実験船ですからいろいろとトラブルもあり、それを理科の素養の皆無なマスコミが袋叩きにして、恐怖の船は行き先が無くて補助金を垂れ流しにして扇のおばさんに廃船宣言されるまで、無駄に船齢を重ねました。
廃船が決まったとき、この時代遅れ船にこれで無駄金が投資されなくなると喝采したものでした。 10年早く実験を完了していれば国益にかなう実験もできたでしょうにねぇ。科学の研究は世界との競争だ。 1分でも遅れたら、そいつの負け。
こちらが1985年当時の母港である陸奥大湊港に係留中の「むつ」です。

クリックすると元のサイズで表示します


この写真を撮ったときは、すでに「放射能漏れの厄介者」扱いが始まっておりました。
進水した当時は未来科学の塊だったのにねぇ。 まぁ 儲かったのは港湾建設業の方々と地元の代議士さんだけだったかね? 
なんか気の毒な船です。

2006/9/3

XL125K2  懐かし写真館

XL125K2は1975年式の骨董品。
大学時代、初めて乗ったオートバイがこれでした。
同じアパートの先輩が、「これを買ったら、お前世界が変わるでぇ」と言うので、買った小型二輪です。
買ってから教習所に通って免許を取りました。

   クリックすると元のサイズで表示します

いいバイクでねぇ。治しながら15年近く乗った後、私にAE86を売ったトヨタの営業さんが欲しいというので譲渡。
今は維持費が払えなくて、物置の肥やしになっているそうな。

オートバイは古今、金持ちの道楽です。
PGJは貧乏だったから、維持は本当に大変でしたよhi

2006/8/24

DSB  懐かし写真館

HO87/Odenseはデンマークのオーデンセにある鉄道模型クラブでした。
OZ/7L2PGJがデンマークで豚肉と格闘していた頃、親切にしてもらったクラブです。
その当時の仲間にもらったデンマークの鉄道写真をwebに載せたいな。と思って承認を求める為に本人をインターネット上で探したら。。。。
見つかった!
10年前少年だった男はいまや機関車の運転士になっていました。
うらやましい人生だね。
で、その彼の写真です。

この機関車は遠隔操作実験機関車として製作され、やはり運転手なしの機関車はやめようということで普通の機関車に改造され使われています。
クリックすると元のサイズで表示します
(C)Jens Baier Naundrup-Jensen
そのうちに彼の写真をWEBに吸い込みます。

2006/8/19

ニューポー  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します



西欧各地から延々繋がっているレールがデンマークに入っていきなりぶっつりと言うのがこのニューポーでした。
20世紀までは、デンマークのシェラン島(首都のある島)はどこへ行くにもフェリーか飛行機に乗らないといけませんでした。

今は橋とトンネルでユラン半島、フュン島、シェラン島、スカンジナビア半島が鉄道でつながり、スイスの車輌をコペンハーゲンで見たりできる世の中になりました。

と言うわけで、この大車両基地も今はもう無いのでしょうね。

2006/8/12

バウ  懐かし写真館

ファインベルクバウ号は警察犬の影武者でした。
本物が忙しいときに影武者で出動。 姿かたちの良い敏捷な犬でした。

クリックすると元のサイズで表示します


ただし、追跡などはできないし、臭気選別もダメです。
ひとつだけ、訓練のデモンストレーションは抜群でしたhi。
出かけていっては警察の手ぬぐいをもらって帰ってきていました。

我が家で私の次に偉そうにしていて、マクドナルドのチーズバーガーが大好きでした。 (ロッテリアじゃだめだった。)

実家の近所で大型犬ばかり狙った毒餌ばら撒き事件があって、いじ汚いバウは毒を食って死んでしまいました。 
自分の不真面目棚に上げ、ひがみやっかみを犬を殺すことで晴らす「負け組」の存在を知ったのは1992年のことでした。

で、このエリザベス1世のような襟巻きは。 通りすがりの訓練のされていない室内型小型犬が恐怖のあまりバウの後ろ足に食いついて大怪我したときのもの。
不愉快そうでしたよ。hi

バウのお骨はいまもシャックにあります。
命日にはチーズバーガーを供えます。

以来、不真面目で怠惰で学ぶ意思の無い、仕事振りの不真面目な、ただ愚痴を言うだけの「負け組」は私の嫌いなものの筆頭になりました。

2006/8/11

外国で見る日の丸  懐かし写真館

我が国の皇太子殿下のご成婚の日。 私はデンマークの工場で仕事をしていました。
朝出勤すると旗竿に日の丸が揚げられている。 日本からお客さんが来ると日の丸が揚がるので、「今日は誰?日本ハム?」とボケた質問をしたら。 「今日は貴国の皇太子殿下の結婚式である。 それを祝して日の丸を揚げさせてもらった。 心からお祝い申し上げる。」
さすがデンマークは女王様をいただく「デンマーク王国」です。

デンマークの青い空に翻る日の丸。
外国で見る日の丸は本当に美しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します


2006/8/6

ヨセミテ  懐かし写真館

フィルムスキャナーを購入してから、せっせと銀塩フィルムをスキャンしています。 今は無き工場の写真が出てきたりして、懐かしいやら、年を感じるやら。

で、こちらは1996年当時のZL2PGJです。 場所はWのカリフォルニア。

クリックすると元のサイズで表示します



よくもまぁ、世界中をあっちこっちまわったなぁ ですよ。
このころの私の英語はゴミ状態。 なんとかしないとと言う熱意だけで修羅場をくぐっていました。 
そのような激務だったのでやせています。
年間休日50日だった。。。。。

ま、 楽しかったですよ。
若い頃の苦労は買ってでもしろと申します。

2006/8/5

サドルバック  懐かし写真館

小田原市の根府川にあるサドルバックは20年前には会員制トライアルバイクコースでした。
いまは乗馬くらぶだそうで。

ここで私はトライアルの基礎を学んだのでした。
ついでにPGJとPGK結婚披露宴もここでした。(汗)

クリックすると元のサイズで表示します

行く川の流れは絶えずして。。。 ですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ