ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2009/10/12

申し訳ありません!  懐かし写真館

仕事柄、お客さんに謝罪訪問したり、けつまくりに行ったり、接待に行ったりしたもんです。

明治乳業様

大きな地図で見る

グリコ様

大きな地図で見る

メグミルク様

大きな地図で見る

森永乳業様

大きな地図で見る

ヤクルト様

大きな地図で見る

熊本県果実農業協同組合様

大きな地図で見る

コープ果汁様

大きな地図で見る

企業風土も色々。  技術水準も色々でしたよ。
お世話になりました。 一消費者として応援していますよ。 あー原料買っているかな?

2009/9/13

最初から達人ではない  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します今では外食に出かける度に「この料理で金を取るとは大胆な」と曰わるXYLですが、新婚当時はこんな感じのお料理でした。

しかし、、当時は本当に貧乏だった。
ハムベーコン類工場勤務だったので肉だけは安価豊富に手に入りましたので「給料日前で貧乏だからヒレカツにしよう」という変な生活ではありました。


2009/8/30

選挙  懐かし写真館

前回の衆議院選挙は2005年。 PGJはJAでジャンレールパスを使って就職活動中でした。 で、呉の大和ミュージアムの近所で見かけた選挙事務所。

クリックすると元のサイズで表示します


光陰矢のごとし。。。

2009/8/16

GF長官遭難  懐かし写真館

吉村昭の小説に海軍乙事件というものがあります。暗号電文を解読されて撃墜されてしまった山本五十六長官の後任が、今度は飛行艇で移動中に遭難してしまったという。。。
(それにしても先日の海軍無責任証言400時間を吉村昭に聞かせてやりたかった。 さぞ良い小説が書けたのではないかと思うのです。)

古賀長官が搭乗していたのが二式大艇(写真は鹿屋海上自衛隊基地 2005年撮影)

    クリックすると元のサイズで表示します

その搭乗員の一人は祖母の従兄弟だとか。 一族は優秀な順に死んでしまったそうで。
ま、ゴミの生き残りです>PGJ

2009/3/3


クリックすると元のサイズで表示します

月日のたつのは早いもので、ZZW30 MR2ロードスターを買ったのは、もう8年も前になったんですなぁ。
嬉しかったなぁ。 JA(日本国)から持って行ったSW20の部品供給が不確かな為もあり、かわりの通勤用に買ったZZW30です。 まぁこれでも現場のお兄さんの年収の倍の値段ではありましたが、駐在バブルのPGJにはポケットマネーでした。 まぁその後バブルがはじける訳ですがhi

現在のPGJのQTHはトヨタ自動車系列の方々が多い地方なので、ZZW30もSW20もよく見かけます。 新車の頃から大事に乗っているんだなぁ 部品の設計でもしたのかなぁ というロマンスグレーから、ローンで買ったぜ というオニイサンまで、取り混ぜて走っていますが、いずれにしても すれ違うと目で追ってしまいます。
「スペシャルではないけれど、中流が買うことが出来るちょっとした憧れのクルマ」が歴代のMR2でした。

スバルのボクサーエンジンをリアミドに積んだライトスポーツが出来たら、買いたいけれど。。。 まぁ需要を追う事は出来ても発掘は出来ない水牛自動車様には作れないでしょうなぁ。

豊田織機自動車。 結構好きだったんだがなぁ。

2008/11/30

うわ! 出た!  懐かし写真館

とでも言いたい様なPGJの中学校の修学旅行のネガフィルムが見つかりました。
XYLと「目黒先生はさすが海軍兵学校出身で雰囲気が良かった」と未だに話している英語の目黒正八郎先生の爆睡姿が出てきました。
あのころは教職員にそういう世代がまだ居たんですね。
かと思えば、今では普通の「商売物に手を付ける教師」のはしりも居たんですよ(担任だよhi)。 

恐ろしいですなぁ。 XYLもPGJも「これはXX君だ!」と名前がすらすら出て来るんだなぁ。 前の会社の部下の名前なんて全く出てこないのにねぇ。

アルツハイマーになって今のことは全く覚えていないけれど なんて話は良く聞きますが、、、 うわー若年性アルツハイマーか?


お金持ちのボンで成績優秀なA君は今頃どうしているのか?
暴走運転の末、10代で死んでしまったB君は悪童そうに笑っている。 
大変な爺さん先生と思っていた数学の石黒春造先生は「なんだい禿げてるだけの中年じゃんか」。
さすがに30年以上前の写真はXYLともども「うわ!」の連続ですhi
クリックすると元のサイズで表示します
というわけで30年以上前の夢も希望も無限大だった頃のPGJであります。



2008/11/24

どうしているやら  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します


1977年頃の中央本線小淵沢駅で撮影した写真です。
小学生か中学生か? いまごろ40歳過ぎのオジサンとオバサンですな。

2008/10/24

広いキッチンが料理を生む  懐かし写真館

XYL曰く「キッチンが狭いと料理をする気も起きない」
たしかにJA1で住んでいた家はキッチンが狭く、また外食条件が豊富なのもあり、あまり新メニューにお目にかかった記憶が無い。
JA2の現QTHではやや広いのでXYLは新メニューの開発に余念が無い。
それにもましてZL2ギズボーンの家のキッチンは広くてFBでした。

クリックすると元のサイズで表示します

このキッチンで、日本料理もどきをドンドン開発していたのです。
ここは純然たるキッチンで、このほかにダイニングルームがあるのである。
人間の少ない国は建物もゆとりですよ。

2008/8/20

ケチャップ工場  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します

いまから12年前の写真です。
カリフォルニア州にあったケチャップ工場のトマトペースト製造塔です。
圧力釜ならぬ減圧釜で低い温度でトマトジュースを沸騰させ濃縮します。
こうすると香り豊かなトマトケチャップが出来るわけです。
この工場はとっくにありません。
数十年生き残る工場と言うものは、どの業界にせよ立派なものなのです。

2008/8/6

Hiroshima  懐かし写真館

8年前の今日、Hastingsの職場で「今日は広島に核爆弾が使用された日だね」と同僚に声をかけられました。
「そうだね、しあさっては長崎の日だよ。 都合何十万人のシビリアンを2発の爆弾で殺したんだから戦争犯罪だね」とこたえると。

「え? 2発も?」と言って、そのおばちゃんはハラハラと泣いておりました。
ZLはVK(オーストラリア)が嫌い、 VKが持っている核も嫌い。というわけですが、ニュージーランド人の「市民にそのような攻撃を仕掛けるのはフェアでない」という常識は見習いたい感覚です。

クリックすると元のサイズで表示します


3年前に訪れた広島。
市の中心に怨みの標しに立っているかのような原爆ドーム。
右派左派中道いずれにしても、まっとうな議論はあの恨みの前には無力だな と感じました。
(結局広島は真っ赤らしいですが)

負ける戦争はしてはいかん(C)東郷茂徳

2008/7/27

花火  懐かし写真館

夜空から軽い破裂音が聞こえてきます。
ズシンと腹に響く音なら遠くの陸上自衛隊の演習ですが、パラパラというのは打ち上げ花火です。
駿河湾沿岸のどこかで打ち上げ花火をあげたようです。
なにぶん湿度の高いJAの夏。よほど近づかないと花火はかすんで見えません。
ZLは花火を打ち上げるのは大晦日の晩とガイホークスの日と決まっておりますが、大晦日は乾燥しきった夏の晩ゆえ花火がやたらときれいに見えます。
ネーピアに居たころは花火を見に行きませんでしたがギズボーンに居た頃は目の前の公園から打ち上げるので良く見えました。

クリックすると元のサイズで表示します


日本の花火と比べるといかにもささやかですがそれでも近郷近在から車が集まったものです。

2008/5/20

2002 Hawkesbay Teawa  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


上のクラフトはTeAwa Farmワイナリーの庭のクラフト。
2002年の撮影です。

このころは よくXYLとランチを食べに行ったものです。 なにしろ当時はサンデー毎日で時間だけはたっぷりhi。


そのころにTeAwaで醸造されたワインを酒屋で見つけました。
XYLと「今、JA2に住んで、自分たちが通った頃に作られたTeawaのワインを飲んでいる。不思議な感じだね」と笑いあっています。



2008/3/13


PGJが乗ってきた車の中でXYLが一番お気に入りなのがAE86トレノ2ドアアペックスです。 今思えばシャーシーはヨレヨレ、MTのギヤ比はトンチンカンな変な車でしたが、なぜか素敵なクルマでした。

この写真は1987年。 ヤビツ峠下の蓑毛の神社の境内で撮りました。

      クリックすると元のサイズで表示します

おそろしや21年前。。。

2008/1/29

根府川鉄橋  懐かし写真館

東海道線根府川鉄橋といったら東海道線が運行停止になる原因の一つ「根府川鉄橋での風速が規制値を越えました」で有名です。
この為、強風対策が進み、写真栄えのしない場所になってしまいましたが、PGJが高校生だった1970年代はこんな風景で鉄道写真の有名ポイントでした。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしまぁひどい写りですね。
当時の貧乏PGJのカメラ機材は父親のお古の無限遠のイカレタ50mmレンズの付いたフルマニュアル露出測光機能無しのキヤノンの一眼レフ(型式は忘れた)。 同級生がOM1だOM2だというのを別世界のように見ておりました。
腕は悪いカメラは悪い。 でこの有様。 

2007/11/23

観光シーズン  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します


クリスマス飾りの写真をHDDの中で探していたらこんな写真が出てきました。
ハブロックノースのワイナリーブラッドーショーエステートのブドウ畑です。
11月になるとZLホークスベイ辺りはこんな天気で気持ちのよい日が続きます。
どうです。ニュージーランド観光へ行きませんか?

2002年の11月ですからもう5年も前ですね。
この頃がZL2PGJの最もアクティビティーの高い時期でした。 CONDEXも良かったしね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ