ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/10/14

おいしい気がする「だけ」  日本の「やれやれ」な話題

今日、昼の暇ネタTV番組を見ていましたら、鳥取県が日本のトマトケチャップ消費額トップだとのこと。 なんでも余剰規格外れのトマトをトマトケチャップにしたとかで。

で、農家のおばちゃんたちが100リッターほどの小さな鍋でトマトを煮詰めてケチャップを作っておりました。

悪いが。。。 旨くないだろうね。

あんな高温(100℃)で煮詰めたら風味がぶっ飛んでしまう。
工業的にトマトケチャップの原料であるトマトペーストを作るときは、減圧タンクにトマトジュースをいれ、60℃や80℃の低い温度で沸騰させて濃縮する方法をとります。
こんな感じの設備
こうすると、短い時間で風味や色を損なわず良質のペーストが出来ます。

なんでも「手作りはいい」という大きな勘違いがありますが、あれで旨いわけがない。
旨く感じるのは「気のせい」です。 
本人が旨いと思って買えばそれで良いんだけどさ。 でもねぇ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ