ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2021/1/8

仕事はじめ  観光物見遊山

休みはあっという間に過ぎるなぁ。
12月29日からの正月休みも7日でおしまい。 1月8日からは仕事です。 とはいえ、9日からまた連休ですが。 8日から非常事態宣言だとかで「ヒゼウ」な割には自粛お願いで終わりですねぇ。 ともあれ自粛警察という暗愚な人々が暴れる前にガラガラであろう政府機関へ行ってきました。

JAXAつくばとJAXA相模原。
まぁどれも役所系なので5Sの欠片もない有様でしたが、なかなか勉強になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら国際宇宙ステーションですが、手前の円筒形を二つくっつけたモジュール。 これが日本の「きぼう」ですが、実物大模型がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

よくもまぁ 打ち上げたもんです。

今回の「へぇ!」

  クリックすると元のサイズで表示します

我が家からも見える大涌谷神山火山ですが、あの噴火前後の山体の膨張ををcm単位で観測していたのがこちら「だいち2号」
お世話になっております。

   クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

こちらは人工衛星を打ち上げる際に衛星本体を空気の摩擦から守るフェアリングを半分だけつけて展示しているところですが、このフェアリングを実際に宇宙空間で割るときは左右のフェアリングを結び付けている数百のボルトを爆薬で同時に破断させるのだそうです。
たいしたもんですねぇ。 精密機器のすぐわきで発破をかけるわけで、そりゃぁ大変なノウハウでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ノウハウといえば、最近無事地球に戻ってきた「はやぶさ2」ですが、よくあんな小さいものが燃え尽きずに地表まで落ちてくるもんだ。と思ったら、冷却装置がついているんですと。
摩擦熱で樹脂が揮発し揮発熱で冷却。 さらに樹脂が炭化することで断熱材になるという。
畏れ入ったね。

はやぶさといえば、「はやぶさ」と「はやぶさ2」の大きさの違い知ってました?

こちら「はやぶさ」
クリックすると元のサイズで表示します

こちら「はやぶさ2」
クリックすると元のサイズで表示します

どちらも同じ距離から撮影しています。

「はやぶさ」の成功で「はやぶさ2」には予算が付いたのねぇ! です。

次の「へぇ!」は食い物
元缶詰レトルトパウチ食品屋としてはですね、見逃せません。

クリックすると元のサイズで表示します
こちら打ち上げ仕様

クリックすると元のサイズで表示します
こちら市販仕様

クリックすると元のサイズで表示します
中身は、そこいらのスーパーマーケットで特売99円で売っているアレです。 たぶん製造法も普通のラインに流しているだけと思われ違うのは試作用の白缶を使っていることぐらいかな?

クリックすると元のサイズで表示します
周二のビスコに富士子の海苔もある。

クリックすると元のサイズで表示します
たしか宇宙食カップヌードルもスープをゼリー化してこんな感じだったはず。

     クリックすると元のサイズで表示します
     おみやげ。

相模原はミュージアムショップを閉鎖しているので、お買い物はつくばでないとできません。 

     クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも当面 要事前予約です。 ネットで簡単ですが。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ