ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2019/10/2

プーの人々  観光物見遊山



クリックすると元のサイズで表示します

山梨県立美術館で萩尾望都SF原画展を開催中
PGJは萩尾望都のSFはほぼ読んでいないのです。 

週刊誌の漫画の印刷は決して良くないので、原画で見るとこんなに綺麗だったのねぇ
なのは元印刷屋としても驚き。

山梨県立美術館は予算枯渇でえらいことになっています。

まず 噴水の池は干上がっております。

クリックすると元のサイズで表示します
「池に入らないで下さい」だけが元池だったことの記憶

クリックすると元のサイズで表示します
落ちたらけが人が出るね。 水を入れるのを諦めたなら手すりを作ることですね。
いくら田舎で人の命が安いとは言え。 高価な都会の観光客を殺すと大変でしょ。

昼餐は美術館前の小作
     クリックすると元のサイズで表示します
     定番

   クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
       当たりくじ付きらしい

クリックすると元のサイズで表示します
なんじゃかんじゃ 金丸先生のおかげで 展示はそこそこ
        クリックすると元のサイズで表示します

    クリックすると元のサイズで表示します

XYL「萩尾望都読んだ?」
PGJ「トーマの心臓とか」「SFはほぼ知らない」
XYL「プーの人々とか無かった?」
PGJ「奥様それはポーの一族ですよ。ヴァンパネラの」

読みたいと思った本は廃盤だねぇ 

あらら



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ