ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2016/7/7

ドゥカーレ宮殿  観光物見遊山

一応、普通のベネチア観光もいたしましてですね。 サンマルコ教会は大行列なので、外から眺めただけ。 
カトリック教徒用の入り口も作れよ。とチョット思ったりして。

    クリックすると元のサイズで表示します

で、空いているところを見計らって入ったのはドゥカーレ宮殿。 http://palazzoducale.visitmuve.it/en/home/
wikiの日本語版はほぼ説明がないので、こちらをどうぞ https://en.wikipedia.org/wiki/Doge%27s_Palace

クリックすると元のサイズで表示します
右側の建物がドゥカーレ宮殿です。

金属検知器で身体検査されてから入館です。 というわけで、えらく入館に手間がかかる。
また、チケット発券が人手で、かつ手がめちゃくちゃ遅いので、これまた待ち時間がかかります。 この発券が遅いというのは鉄道の自動券売機も一緒で切符一枚買うのに2分かかるというとんでもない代物。

さて、中には入りますと。

クリックすると元のサイズで表示します
このような中庭があります。

これで感心していてはいけません。
建物に入ると金ピカ攻撃が。。

クリックすると元のサイズで表示します
これで興奮して写真を撮りまくる観光客多数。 階段で渋滞。 ですが警備に「さっさと登れ」と急かされて階段を登り切ると、こんなものはカワイイものよと思い知らされます。

クリックすると元のサイズで表示します
うわ! な天井

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このくらいは、まだ皆さん撮影する気力がある。 謁見室。

クリックすると元のサイズで表示します

商業権益を守るためには武力が必要というのは現在のW(米合衆国)もベネチア共和国も変わりません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
歴代ドゥカーレ(ドージェ)肖像
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この建物は窓が非常に多い。 
紫外線吸収フィルム張っているのか?と心配になるほどです。
まぁ、おかげで写真は撮り放題。



で、この政庁。 監獄が隣接しております。

クリックすると元のサイズで表示します
上の美しい部屋から狭い橋(上)を渡ると監獄
世を儚んだ権力失墜者が溜息を付きながら渡ったので「ため息橋」とか。

クリックすると元のサイズで表示します
その橋の内側から

クリックすると元のサイズで表示します
獄房

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

かのカサノバ氏も、この窓から外を眺めたのでありますかね?

というわけで。  行く価値ありでした。 ドゥカーレ宮殿



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ