ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む
各国台風進路予想足柄地方ハザードマップ

2016/1/24

屠場  話の種 ミニ



PGJが前世紀にOZ(デンマーク王国)で仕事していた頃の豚の屠場と比べても「古いなぁ」と思う設計のラインなんだが、画像は21世紀らしいので、こんな古臭い屠場がDLにはあるのかよ? です。
 
それとも9:16に近いフィルムで前世紀に撮影したもののデジタル変換なんでしょうかね?

ともあれ、こういう画像は珍しいね。 懐かしい風景です。
屠場と言うのは毛を焼くにおい、内臓のにおいなど、独特なにおいがするもんですが、それを思い出しました。

屠場のオペレーターのストライキで屠畜できず、農家で豚が育ちすぎて、枝で90Kg!(日本では当たり前のサイズ)とか言って悲鳴あげていた頃もありました。
この中に出てくる屠体を半分に割って内臓を外した状態が出てきますが、そこの秤とにらめっこしながら、「今日のロットは全量リジェクト。見る価値無い!」とかやっていたなぁ。


「他の生き物を殺して、その死体を頂く」肉でも魚でも、それは変わりません。
発酵食品でも納豆一口で億単位の微生物大量殺りくです。
有難く食ってくださいね皆さん。

あの屠場も今は無く。 

爺になったもんだ。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ