ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2011/10/21

自前のブランド  大道具小道具Gadjgets

VS6(香港)、BY(中華人民共和国)は世界の工場であり、世界の偽物工場としても有名です。
で、JAの多くの人々は「Made in Japan」を盲信していますので「国産国産」とやかましいことですが、分かっているのか?
例えば時計。 手間のかかる機械部分はBYで作って、化粧ダイヤル、針、バンドなどを日本で組み立てている「Made in Japan」なんて珍しくも無い。
カメラでNikonがMade in Thialandを堂々と表示しているのが潔くてよいくらい。
BYの人々も「日本製造」が好きで、看板には日本語があふれています。
まぁこれは日本の繁華街が西洋の言葉であふれているのと同じ東アジア共通の習性ですね。

ところが、「中国製だ文句ある?」と潔いメーカーが出てきました。
かつてのJAの時計メーカーやクルマメーカーが、「ドイツのあれと、アメリカのあれと、フランスのあれとを混ぜたような『オリジナル』デザイン」だったのと同様ですが、安価にかつよさげに作る工夫が随所にみられる面白い時計だったので2つ買ってきました。
時計道楽なんてもんじゃないね、これは。 あまりにお安い。
のでパワーリザーブの表示が当てにならないところはhi

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにこの会社Seagull。シーガルっていうと鴎ですかね。
 トゥールビオン脱進機式の時計も作っています。
こうなるとあほくさくて、スイスの時計200万円也なんて買えませんな。

BYはどんどん工業水準上げてきています。 四十代前後のバブル世代、それ以降のゆとり世代のJAの若者が勝てるのかねぇ。

祖国を憂います。 

PS 3,000to4,000HK$の時計でこの箱の立派さは、日本人の上を行く容器見栄え主義ですねぇ。

      クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ