ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2021/4/27

週末の御馳走  日本での食生活

日曜日の晩御飯

XYLは桜エビ丼
クリックすると元のサイズで表示します

駿河湾の生桜エビが手に入ったのでね

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん桜エビを足しながら完食。

PGJはラムを焼いてもらいました

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはDelafontaineさんにもらったフランスの甘いもの。

クリックすると元のサイズで表示します

2021/4/26

Can you speak Japanese?  XYLの名言

クリックすると元のサイズで表示します

JOAKの日本語を話せる率が激減しているのは分かっていましたが、これもひどい。
「医師看護師の資格持つ自衛隊の協力。」
医師や看護師、無線技士、火薬類取扱保安責任者、などなど。これは個人にかかる資格。
自衛隊という組織の資格ではありません。
「医師看護師の資格を持つ国会の協力を得る」と言ったらおかしいでしょ。

「医師看護師の資格持つ自衛隊員の派遣の協力。」が正しい。

どいつもこいつも文科系なら母語くらい話せよ。  母語が日本語でないなら勉強してね。

2021/4/25


先日、肩こりパンパンでどうにもならんので「午後は温泉でリモート勤務!」で中川温泉へ行きました。
前職では温泉にこもって週末は書き仕事が多かったもんですが、現職は土日が休めるので助かります。

で、出てきますと。
目に鮮やかなオートバイが停まっているではありませんか。
クリックすると元のサイズで表示します
オレンジタンクと黒のサイドカバーってとこがPGJが昔乗っていたXL125K2にそっくりで「おぉ!いいなぁ」と見入ってしましました。

クリックすると元のサイズで表示します
XL125K2 1985頃

「どれどれ」と川崎重工のwebを見に行くと、とっくに廃盤。
残念でしたー! https://www.bikebros.co.jp/catalog/4/54_2/

クリックすると元のサイズで表示します

PGJもXYLとオートバイ2台であちこちでかけたなぁ。
二人とも膝の靱帯を伸ばしているので異口同音に「この歳ではもう乗れん!」ですし、オープンに乗り出してからオートバイに乗る機会が激減したのは確かですしねぇ。

とはいえ、ハンターカブは人気が落ち着いたら近所用に考えてもいいかなぁ。
タンデムできるし。(XYLは後ろですぐに寝るので結構怖い)

クリックすると元のサイズで表示します

丹沢 新緑です。

尚、中川流域にもキャンプ場がありますが、神奈川県西部のあちこちのキャンプ場は大変な三密です。 お諦めください。 BBQなどはお庭でどうぞ。 


2021/4/20

タイヤ空気圧センサー  クルマ/バイク/乗り物

始業点検してれば大抵の故障は見つかるもんです。 
馬鹿にオイルを食う歴代のアウディに乗っているとエンジンオイルの量はしょっちゅう見ますし、下手をすると1日で3mm削れるブレーキパッドのS1やTTは出先でも覗き込んでいました。 もちろんタイヤの空気圧は1か月に一度は図っておりました。 スポーツ車の挙動はタイヤの空気圧に敏感なもんで。 そもそもタイヤのトレッド残がドンドンなくなっていくのでねぇTT(8S)もS1(8X)も。

去年だったか一昨年だったか、Audi乗りのグループで「タイヤの空気圧センサーが無いモデル(TTとか)はタイヤの空気圧どうしているか?」という話題があって、「そんなもんタイヤゲージで測れよ」という意見と「持ってないから燃料スタンドで」という現実と、「後付けタイヤ圧力モニターがあるよ」という情報に接しました。

そもそも、スタンドで温まったタイヤに規定値で空気圧調整すると圧不足になるんですけどねぇ。

PGJはオートバイ乗りだった前世紀から圧力計で冷間時のタイヤ空気圧を見ているので、いわゆるスポーツ系に乗っている人の中に圧力計すら持って居ない人が居られる方に驚きました。 1,000万とかするクルマなんだから道具くらいケチるなとは思いますが、見栄とはったりなアルベル乗りのアジアンタイヤと同じ感覚なんだろうなぁ。
タイヤ圧力計なんて 今じゃ安くなって1万円(下左)でおつりが来ますよ。

     

計測機器なので車に積みっぱなしにしていると誤差が出るのでNDには安いの(上中、上右)を積んであります。 ここまで安いと校正に出すより定期的に買い換えた方が安いですし。

タイヤって意外と個体差があって冷間時に4本同じ圧に合わせても、タラーッと高速道路を走っただけでも4本が同じ圧で高くなっていることはありません。 ワインディングで前だけに負荷とか右だけに負荷が高い、とかいうのならまだしも、ほぼまっすぐに走っても差が出ます。 標準180kPaだとしたら200-210kPaで多くて2-3%バラつくような。
というわけで、PGJは平均的にタイヤが温まったら、温まったところで空気圧を均等にします。  だからゲージを積んでいるわけです(こうすると冷間時の圧がばらつきますけど、実用上問題ないので無視)。
順番としては 冷間時に指定圧力で調整、一定走行後温まったところで再測定、温まった際のタイヤ空気圧の中から一つを選び、ほかの3つをその圧に調整。 再度冷間時の圧を測り1本でも規定より低かったら、規定より5-10%増しで空気を足し、再度走行後に測り調整します。というところですね。

さて、無線式の「後付けタイヤ圧力モニターがあるよ」は教えてもらったので、XYLのジムニーにもPGJのTTロドスタにもつけました。 便利といえば便利。 AWDだとエア抜けがわかりにくいので導入した次第。

もっとも後輪駆動の車はスローパンクで左右の空気圧のバランスが狂うと低い方のタイヤの転がり抵抗が増えるのでアクセルオフ時に低い側へ車がブレますから、トラックタイヤでもなければエアが抜け出してくるのはわかります。 ましてフロントはスローパンクでさえ抜け始めた方へハンドルを持っていかれますから容易にわかります。 

今はFRのNDロドスタにクルマを変えてしまったのでタイヤ圧モニタは無くてもいいのですが、「まぁせっかくあるから。」と思って付けています。 ちなみに英国仕様のNDロドスタには標準でパンクセンサが付いているそうです(差動検知式だと思う)。 もっとも「誤作動がひどいんで日本仕様にはついてません」と神奈川県内の松田正規ディーラーが言ってましたが、本当かねぇ? 

クリックすると元のサイズで表示します

通販で手に入る無線式タイヤ圧モニターは殆どが電波法違反の無届無線機器なので選ぶのが大変。
一応PGJのは総務省への届け出は出ているものです。

タイヤ空気圧モニタや自動車のリモコンキーって315MHz帯なんですねぇ。

さて、その精度ですが、きちんとしたメーターで測った値と比べると差が出ますが、タイヤの温度(温度計もついていて、TTの時は600℃に焼けたロータの余熱でオーバーヒート警報が鳴ってうるさかった)と「出先での駐車中の大幅なエア漏れが分かればそれで良い」くらいのつもりで付けているので、10%くらいの誤差は無視しています。

クリックすると元のサイズで表示します

昔はパンク予防剤というものを使っていました。 始業点検しない人やタイヤの空気圧の変化に鈍感な人は、それも手ですね。 あれ、効きは良いですから。 ただ、タイヤ交換の際にデロデロになるのでタイヤ屋さんは嫌がるのよね。
 
タイヤの空気圧と言えば未だに窒素を入れる人がいますね。 気持ちを加速するんでしょうけどねぇ。 まぁ気のもんです。 私は乾燥空気で十分です。 

で、このTPMS 未開封新品技適OKが1式余ってます。
ほしい人に差し上げます。

4月22日 10:00追記
行先決まりました。



Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2021/4/18

花見  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

湯河原町(JCG11003B)の幕山公園へシャクナゲを見に行きました。

残念ながら暖冬で、もう、おしまい!

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
新緑が綺麗だったから良しとするか。

XYLが「小田原城の御感の藤は盛りだろうから そっちを見に行こう」というので
行ってみましたら

クリックすると元のサイズで表示します
お見事
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
小田原城の夕景もお見事でした。
クリックすると元のサイズで表示します


2021/4/17

帝室アルバム  庭の生き物たち

けふ わうさまは女中の仕事部屋をご視察あそばしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
公式写真

この後 下男の仕事部屋を覗かれて「けっ」と申され公式行事はキャンセル

さらにこの後、台湾おふとん帝国友好のためのセレモニーに参加されました。
「台湾のパイナップルを食べよう!」

クリックすると元のサイズで表示します

以上帝室アルバムよりゲロリン一世陛下のご日常でした。

2021/4/8

イースター休暇  観光物見遊山

先週の金曜から今週の月曜まではイースター休暇

クリックすると元のサイズで表示します
最終日は わうさまの伊勢行幸にお付き合い。
王権神授説のわうさまとしては他所の神様は鬼門らしいので橋は渡らずじまい。

「よいのじゃ。 桜が見られれば」(わうさま談)
クリックすると元のサイズで表示します
たしかにさくらも新緑も見ごろでしたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
さすが天下の伊勢神宮 大変な人出でした。

というか、なぜこの時期に団体旅行がこんなにいるんだ?

まぁともあれ

三密を避けて わうさまと走り回った連休でした。

金曜日
クリックすると元のサイズで表示します

   土曜日
   クリックすると元のサイズで表示します
   
      月曜日
      クリックすると元のサイズで表示します

都合1,700kmでした。 あー楽しかった。

クリックすると元のサイズで表示します
納車5か月で12,345km でした。

   クリックすると元のサイズで表示します
     「赤福 わしも食いたい」

2021/4/5

フロントインジケータLED化  クルマ/バイク/乗り物

NDロドスタのインジケータ(方向指示器)は白熱電球ですというのは既報の通りです。
先日スタッドレスから夏タイヤに変える際に前の電球をLED灯に入れ替えました。

後ろもクソ面倒でしたが、前は前でタイヤを外したほうが作業がしやすいのでタイヤ交換まで放置していました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまでカバーをはがすのは配線作業を楽にするため。 

クリックすると元のサイズで表示します
LED電球用の抵抗を金属ボディに接着しないといかんのでこうなります。

道具や部品は前回同様です。



Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ

2021/4/3

イースター休暇  観光物見遊山

盆休みがない仕事柄、復活祭と降誕祭は休みます。 
で わうさまと高遠へ花見に。

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま。 ゴザを引いての花見は今年は禁止ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
確かに人出は少ないです。 そりゃ平日でしたので(行ったのはGood Friday)。

わうさま藩校をご見学
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

記念撮影

で、高遠だけでは芸がないので 以下のようなコースを

クリックすると元のサイズで表示します

まずは甲府市(JCC1701)の禅寺
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

韮崎市(JCC1707)の王仁塚
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
王仁塚の駐車場で花見のわうさま

次が 北杜市(JCC1709)武川クリックすると元のサイズで表示します
このあたりは「柳沢氏」の発祥の地だそうです。

武川の眞原桜並木。


小淵沢駅はいつからこんなにオサレになったのか?
クリックすると元のサイズで表示します

小淵沢IC近辺の桜を眺めながら高遠を経て、悪魔の国道152線を飯田市(JCC0905)の大鹿村大河原へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

NDロドスタ

国道152号線地蔵峠は災害のため不通で大河原から上村へは抜けられませんでした。

この記事の写真はクリックすると大きなサイズでご覧いただけます

2021/4/2


NDロドスタのオイル交換をしました。

初回5000Km点検から、また5000km走ってオイル交換表示が出たのでジムニーにも使っているMobile1-SP級に入れ替えました。 

クリックすると元のサイズで表示します
ジムニーは下から簡単に抜けますが、NDロドスタはアンダーカバーを外してからドレンボルトなのでかないませんので上から抜きます。 楽ちんですなぁ。

4.5Lも抜けました。 さて、「既定のオイル量は何リッターかなー?」と取説を見ると4.1L(15,000km毎)。 はぁ? 何のことはないディーラーが初回オイル交換したときに警告距離のセットし直しを忘れていたという。 アウディの時もそうだったが日本のFCディーラーって今一つ抜けてる。
まぁ、PGJのNDはシビアコンディション使用と思われるので7,500kmで警告するようにセットしました。

道具とオイルはこちら




Link to: PGJのマツダ ロードスター NDRF-RSのページ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ