ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/10/10


最近XYLの14万キロ走行のジムニーをいじっていて、「あら?いつの間に失くしたか?」や「さすがに、良い工具に買い替えるか?」な道具工具についての気持ちが出てきまして、買いましたKTCネプロス。

道具マニアの中にはSnap-On以外はカス工具と宣うSnap-On原理主義者が居ます。 あのスパナやソケットが良いのは否定はしません。 但し、あれは工業の基礎を知らん人には「値段が高い」のがありがたさですが、品管/品証をやった人には「あれだけ追加の検査を入れればコストが上がる。 そんな検査をしなくても安定して作れるようにするのがまともな工業」なのです。
という訳で、PGJは20代から安定してバカ高くないKTCの工具を多く使っていました。

とは言えKTCの高級品である光沢のあるシリーズ、昔のミラーツール、今のネプロスは、素人さんが小遣いで買うには、お安くはないので、必要な時に1個づつ普及品のKTCと入れ替えておりました。

ただ、さすがにラチェトハンドルは諭吉がすっ飛びますので、手を出さずにいました。
が、
買っちゃった。  hi

クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

右のネプロスは1ノッチ4°ですよ。 三十数年使い込んできた古い方(左側)は1ノッチ約18°
ネプロスはヘッドも小さくなり、より狭いところでの作業がしやすくなります。
嬉しいなぁ。

ついでにネプロスのソケット数個と、ロングレンチ、ノーマルKTCのロングドライバーも買いました。
自分で機械をいじるって、あと15年くらいしかないわけで、買うなら今。と思いましてね。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそもローテータまで担いで行くような移動運用に使っていた工具をZLからJAへQSYした際に実家のガレージにぶちこみ、そのまま放置。 
オートバイの全ばらしができる工具、自動車の日常のメンテナンスができる道具、アマチュア無線のタワーを建設できる道具、水道工事、電気工事、電子工作、電気製品修理、その他日曜大工道具がすっかりあると思ってください。 そりゃもう溢れんばかり。

実家を畳んだ際にだいぶ処分したにもかかわらず、使わない工具がザクザク残り。。。 さらに出先やZL時代に故障時に応急で買ったりした安物工具があったりもするもんだから。。。。

かてて加えて、これにXYLのガーデンツールが一揃いあるわけで。。 
我が家に物置が3つあって更に工具キャビネットがこの有様なのは自然の成り行きかね。(^^;)

    クリックすると元のサイズで表示します

移動運用に持っていく持ち出し工具箱を復活させることでメインの工具箱から古い工具を出すことで整頓することにしました。 (ガラクタ工具の整理も兼ねて)

「整理」=余剰物を排出すること。 「整理整頓」だと意味わからんけど、「人員整理」というとわかりやすいでしょ。

PGJ, 人員整理された経験あり。 hi



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ