ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/8/7

またまた壊れた  クルマ/バイク/乗り物

さてPGJのTT Roadsterですが。
ミッション不良とエンストで先週一週間入院していたのですが、原因不明で帰ってきまして。

とりあえず様子見で、箱根に涼みに行ったのです

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します 

ブレーキロータが熱くならん程度で流してきましてた。 山の上は24℃。 下界に比べれば極楽です。

で、下界に降りてきたら、これですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで華やかなエラーメッセージは見たことが無いです。 ディーラー様は「部品は来週末」とか言ってましたので、部品の国内在庫も絞っているのでしょう。

23か月で3か月入院しているクルマです。 減価償却費の無駄を考えたら、好きでなくては乗れません。 hi

Audi TT アウディTTロドスタ ロードスター




Facebook group Audi light weight sport S1, TT, S3, etc

2020/8/5

そろそろ考えましょう  日本の「やれやれ」な話題

クリックすると元のサイズで表示します

飲食店だの、小売店だの、が「もたないから援助してくれ」と仰せですが、COVID19不景気が始まってすでに半年。 そして先行き不透明。
仕事がないなら、需要のある仕事に変えましょうよ。
個人経営も商店も会社も同じ。
見切りをつけないと泥舟です。
私の最初の勤め先が潰れたとき、多くの同僚は同業他社に移りました。 しかし、それらの会社も数年を待たず潰れました。
落ちぶれる業界や技術にしがみついていても未来はないから、とっとと新しいことをやってみましょう。
何が言いたいかというと「砂漠に水をまくような無駄な補助金はやめてくれ!」
どうせ、ばらまきの帳尻合わせは、わしら中流給与所得者への増税なんだろ。 いい加減にして欲しい。

2020/8/2


ネスプレッソの公式サイトでVertuoが100円なので、試しに導入してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
我が家に来たNespresso machineは、これで何台目だろう?
一番初めがコンセプトマシン
そのあとが
エッセンサ
ラティシマ(初代)
ルキューブ(アメリカズカップ)
マエストリア(プロトタイプ)
ピキシー
イニッシア
ラティシマプロ
エッセンサミニ

バーチュオ

カプセル1個で500mlのポット分を抽出できるモードもありますが、、、、 W(米合衆国)で人気のある230mlが主なカプセルバライエティなので、まず230mlのカプセルを。



前の前の勤め先のマシンで、前の会社のカップに注ぐと云う。hi

家庭用品品質表示法で云う「電気コーヒー沸器」にはレギュラー式とエスプレッソ式があります。 
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/guide/electric/electric_17.html
エスプレッソ式は「バスケットのコーヒー粉に水蒸気等の圧力で熱した水を浸透させ、強制的にコーヒー液を抽出するもの」なのですが、バーチュオは圧力を遠心力で発生させています。 カプセルが抽出中に超高速回転することで遠心力によりカプセル内面の円周に湯とコーヒー粉末が張り付いて、周囲の穴からコーヒー抽出液がこぼれだすという仕組み。
考えたやつ偉いよなぁ。

従来の振動ポンプ式や蒸気式の加圧と違い、カプセルの回転数を抽出の前段と後段で抽出の圧が自在に変えられる。 より、各ブレンドに、より最適な抽出条件が作れるという訳で、カプセル内のコーヒーの焙煎、粉砕、配合に自由度が生まれると思われます。 
コーヒー生豆の供給が年々厳しくなっているので、この自由度はコーヒー会社には大事でしょう。

ま、とはいえ、25ml、40ml、110mlのエスプレッソなら従来のクラシックカプセルマシンの方が起動から、抽出完了までの時間は短いです。 それにクラシックマシンは片手(親指と人差し指)で動かせます。

まぁ、朝専用かなぁ。バーチュオ。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ