ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2020/3/3

リスクの見方  日本の「やれやれ」な話題

昨今の新型肺炎騒動でリスクリスクと皆様大騒ぎ。 相変わらず「リスクが有るの無いの」とリスクの意味もわからん人々が喧しいことで。 リスクがあるのは困りますとか言いますが、ゼロリスクはありません。
リスクは大きいか小さいか、相対的な物です。 
クリックすると元のサイズで表示します

具体的に説明したのが下の図

クリックすると元のサイズで表示します

どちらの図も経済産業省のリスクマネジメントのページから貰ってきました。
https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/risk_assessment_practice.pdf

人が死にそうなことが高頻度で起きる これはリスク大です。
痛くも無いようなことが、ほぼ起きない。起きたことがない。 これはリスク極小です。

新型肺炎で死ぬ人がいます。ということは危害の重大性が「重い」です。 一方、罹患者の内で重篤になる感染者の率はインフルエンザ程度と言われていますので中くらいですね。 2番目の図のA領域で要注意には違いないですが、B領域との境くらいです。 予防ワクチンができる前の天然痘でしたら、トップオブトップのA3でしょう。 
リスクという概念はこのように見ますです。
素人向けに以下に一式揃ってますよ。 私も重宝しました。 流石天下の経済産業省。

https://www.meti.go.jp/product_safety/recall/risk_assessment.html



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ