ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2019/11/12


TTロドスタのリコールとサービスキャンペーン。 ご案内が来てから半年近く経ちましたがやっと部品が来たそうで只今入院中。

クリックすると元のサイズで表示します

代車がQ5TDI。。。
担当セールスが変わったのだがマトモな引き継ぎをしてなかったらしく(顧客データ管理破綻ともいう)、「おい、ウチの車庫に入るのか?」なクルマです。 まぁギリギリ入りましたが。 アウディディーラーとは6軒付き合いましたが、FCディーラーの営業は、どこも「顧客満足度など期待するなボケ」ですな。 

ともあれ、エンジニア氏の「試乗車でお店の近所をウロウロしているだけなんで、ちょっと回してカーボンすっ飛ばしといてください」とのお言葉でしたので、いつもの外輪山モーターウェイへ、わうさまと京塚とマサコを連れてでかけてきました。

重い!

1.9tonもあるクルマで140kWですよ。 
 



箱根外輪山モーターウェイを片道走っただけで、この有様。

重いだけではなくドライバーアシストが効き過ぎでタイトコーナーで対向車線にクルマが来ると衝突回避でブレーキが掛かる! 
コーナーを曲がっている最中に急ブレーキ。。。 下が凍っていたら即スピンして対向車に突撃コース。 ありえない設計です。

一方、高速道路でのマトリクスヘッドライトはTTのように間違って先行車を煽ることもなく対向車にハイビームをくらわすこともなく正確に機能し、車線維持機能も正確です。(たぶんカメラ位置が高いせい)

という訳で、PGJの結論。 都会の街ナカをとろとろ走るか、高速道路を淡々と走るだけのクルマですな。「平地の買い物用だね こりゃ。」

XYL「バカみたいに見えるから、この車ででかけたくない。」 だそうです。
まぁ、好きずきですけどね。

Audi TT Roadster 8S アウディ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ