ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2019/11/13


代車のQ5
XYLが乗らんので、わうさまと家来たちを連れて箱根へ

クリックすると元のサイズで表示します
わうさま

クリックすると元のサイズで表示します
京塚 と まさこ 典侍と権典侍

クリックすると元のサイズで表示します
わうさまと 愛車のA1スポーツクワトロ

クリックすると元のサイズで表示します
「よし山羊までタイムアタックじゃ!」

クリックすると元のサイズで表示します
「2京塚馬力ではパワーが足りんのぉ」

結局くたびれて お布団帝国に帰って寝ているところ。
クリックすると元のサイズで表示します


様子が良くないですよ わう様

2019/11/12


TTロドスタのリコールとサービスキャンペーン。 ご案内が来てから半年近く経ちましたがやっと部品が来たそうで只今入院中。

クリックすると元のサイズで表示します

代車がQ5TDI。。。
担当セールスが変わったのだがマトモな引き継ぎをしてなかったらしく(顧客データ管理破綻ともいう)、「おい、ウチの車庫に入るのか?」なクルマです。 まぁギリギリ入りましたが。 アウディディーラーとは6軒付き合いましたが、FCディーラーの営業は、どこも「顧客満足度など期待するなボケ」ですな。 

ともあれ、エンジニア氏の「試乗車でお店の近所をウロウロしているだけなんで、ちょっと回してカーボンすっ飛ばしといてください」とのお言葉でしたので、いつもの外輪山モーターウェイへ、わうさまと京塚とマサコを連れてでかけてきました。

重い!

1.9tonもあるクルマで140kWですよ。 
 



箱根外輪山モーターウェイを片道走っただけで、この有様。

重いだけではなくドライバーアシストが効き過ぎでタイトコーナーで対向車線にクルマが来ると衝突回避でブレーキが掛かる! 
コーナーを曲がっている最中に急ブレーキ。。。 下が凍っていたら即スピンして対向車に突撃コース。 ありえない設計です。

一方、高速道路でのマトリクスヘッドライトはTTのように間違って先行車を煽ることもなく対向車にハイビームをくらわすこともなく正確に機能し、車線維持機能も正確です。(たぶんカメラ位置が高いせい)

という訳で、PGJの結論。 都会の街ナカをとろとろ走るか、高速道路を淡々と走るだけのクルマですな。「平地の買い物用だね こりゃ。」

XYL「バカみたいに見えるから、この車ででかけたくない。」 だそうです。
まぁ、好きずきですけどね。

Audi TT Roadster 8S アウディ 

2019/11/6


足柄平野の東端に旧国鉄国府津電車区があります。
そのせいでしょうか、そこの近所の古物屋で手巻きのセイコー鉄道時計と昭和初期のノギスを見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します

和の喫茶室の鉄道コーナーに飾りました。

クリックすると元のサイズで表示します

驚いたことに日差2秒。 立派なもんです。 さすが諏訪精工舎(現エプソン)製。 エプソンは今もスプリングドライブを作ってセイコーに供給しております。

2019/11/5

源泉!  話の種 ミニ

クリックすると元のサイズで表示します 
箱根町(JCG11003C)の湯本の源泉地です。
後ろに見える白い筒は

クリックすると元のサイズで表示します
温泉源泉井戸からの各旅館への供給配管です。 赤い取っ手を回すと、温泉供給をON/OFFできます。 特にカバーもフェンスもないのですよ。 これを締めたら、温泉ストップなんですが。。。

クリックすると元のサイズで表示します
温泉の守護神たる熊野神社に守られているので、大丈夫なのかもしれませんけど。


2019/11/4

箱根  観光物見遊山

台風で1000mmも雨が降った箱根山地です。 さすがにとんでもない事になっております。


クリックすると元のサイズで表示します
東海道を並走する遊歩道

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
この国道1号線の橋は水没したそうで、木の枝が引っ掛かっております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
須雲川の下流である箱根湯本も、よく温泉街が残ったなぁ 
という有様。

クリックすると元のサイズで表示します
で、流れてしまった箱根登山鉄道の宮ノ下駅の下にある、奈良屋旅館の末裔のカフェに行ってきました。 奈良屋といえば富士屋ホテルと格式を競っていたのですが、いつの間にかに潰れてしまいました。 今、跡地には、石碑と、ちょっとお品のないホテルが建っています。 栄枯盛衰。 
クリックすると元のサイズで表示します

何を以って佳とするかは個々人の嗜好ですので、
あれが良いというヒトを否定はしません。

クリックすると元のサイズで表示します

で。 奈良屋ホテルの資材を使って作られたカフェは、なかなかいい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
暖炉が懐かしい。 NapierでもGisborneでも、
よくスズメが飛びこんで焼き鳥になっていたなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
メンテナンスオタクのPGJとしては
「そろそろステイニングしないと材が腐る」と思うんだが。。

クリックすると元のサイズで表示します
大人を童心に帰らせる図書室。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、足湯も温泉利用施設なので法に定められた表示が必要なんだが。 見かけなかったなぁ。

お土産に、コースター買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
太田木工さん

https://ota-mokko.com/collections/

2019/11/3

大名行列  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します

箱根の大名行列
今年は見物場所を失敗。 とはいえキャンプ座間からの参加には御礼申し上げます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
御駕籠の人足がゲスト芸人にうんざりして駕籠を投げ出しているところ。

いやはや、今年は不作だった。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ