ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2019/7/31

台風蕎麦  日本食べ歩き

今年は梅雨が長かったですね。
梅雨の間中TTが、やれブレーキだ、やれハブベアリングだと修理で使用不能であったので、しばらく乗っていませんでしたが、この週末も台風で。。
それなら!と台風の晴れ間をついて伊那谷へでかけてきました。

古物を見に行ったのですが良いものはありませんでしたので、気を取り直して定番のボタニカルアートを眺めにかんてんぱぱガーデンへ。

クリックすると元のサイズで表示します

嵐の前の静けさ。 お見事に晴れの長野県伊那地方。

   クリックすると元のサイズで表示します

こちらにボタニカルアートの常設展示がありまして。 四季ごとに入れ替えるので それが楽しみ。

我が家のダイニングルームの壁の絵は、そのコピーを毎月とっかえひっかえ。 今週から8月下旬まで馬鈴薯です。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージアムの前の庭園は花盛りです。

 クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ブルーベリーのシーズン

クリックすると元のサイズで表示します

もう、食べつくされてしまったでしょう
10粒ほど おいしくいただきました。

(アウディ Audi TT Roadter)クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

おひるは定番 蕎麦でした。


2019/7/30


クリックすると元のサイズで表示します


寿?



元気よく電鍵叩いていたり、半田ごて握っていたりする老人はともかく。 生きていることに喜びを感じない人は
寿
ではないわなぁ。
そんな人々を背負いたくない。

2019/7/30

ドライビンググローブ  クルマ/バイク/乗り物

クリックすると元のサイズで表示します

ZLで浮き石で滑りまくるターマックのワインディングを当て舵をあてながらSW20-MR2で100km/hで走るにはドライビンググローブは必須でした。
爺になってくると、手が乾いてきてステアリングホイールを握る際にホールド感が落ちてきます。 という訳で牧歌的な日本の道路でもドライビンググローブが必要になってきました。

iPadナビゲーションなので、指先が出ていないといけませんからグローブの選択肢は限られます。 おまけに高い。 現在使用しているもの(上写真左)は諭吉が一人では片手しか買えない有り様。
しかも1年弱でくたびれてきて。。

この週末、偶々寄ったモンベルショップで山用のトレッキンググローブを見つけました。 見た目のデザインはともかくフィット感がよく購入しました。
ドライビンググローブとして使用する際は2サイズ小さい方がよいようで、私はSサイズです。 4000円! 安いのも魅力。

クリックすると元のサイズで表示します

https://webshop.montbell.jp/sp/goods/disp.php?product_id=1118295

2019/7/23

パンダの焼肉、ライチョウの焼鳥  日本の「やれやれ」な話題

クリックすると元のサイズで表示します

ニッポン人は鰻をまだ食べる気だそうで。
環境省はおろか消費者庁、はては文春までが
「いい加減にしろ」と言っています。
https://www.env.go.jp/press/16264.html
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/food_loss/case/pdf/case_181029_0006.pdf
https://bunshun.jp/articles/-/10434?page=1

まさに貪食。 資源が枯渇するまで使い倒すと云うのは東アジアの共通項です。 中国と云い、日本と云い、水産業のみならず消費者も流通も頭悪すぎ。
我が家もニホンウナギがレッドデータブックに載ってからはウナギはやめました。 「他に食べるものあるし。 AUSビーフとかNZラムでいいんじゃない?」です。

しかもシラスウナギは密漁密輸がなければ、国内の養殖量がまかなえないらしく、「今や鰻を食べることは反社会勢力の援助に繋がっている」何て言う事態が発生するかもしれない。(すでに?)

クリックすると元のサイズで表示します

さて 上はXYLが買ってきた食材。 かまぼこ生地で作った「うなもどき」
「うはっははははっ! 二度と買わん」そうです。

皆様、鰻は完全養殖が確立するまでやめておきましょう。
私らが最後に食べた鰻重は一人前8000円。 まっとうな鰻重は今は諭吉超えでしょう。 1万円あったら 他のごちそうが頂けます。 ましてやスーパーマーケットで売っているカスウナギを食べて、ヨーロッパウナギの絶滅に手と口を貸さなくてもよかろうに です。

ウナギの蒲焼きなんて、江戸中期以降に出てきた最近の食材ですよ。 そんな「伝統!」て物でもない。
安心安全ならUSFDAやNZMAFが管理してくれている輸入肉でいいんじゃないの?
国産より遥かに安全。

2019/7/17

リア充  XYLの名言

讀賣新聞の記事
食前の一皿 アペテリィーボ
クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「そんなもの、うちでは当たり前だ」
XYLの亡き父上の夕餉がそうだったので、私もそういう一皿以上を出していただいております。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



これらが1〜2皿出てくる我が家のアペテリィーボ。
ありがたやありがたや。

妻を娶らば7L2PGK


2019/7/12

なんの意味があるのだらう  ちょっと一言

クリックすると元のサイズで表示します

経済産業省が日本工業規格をやめて日本産業規格に名称を変えたそうです。 英語での名称はJapan Industrial Standardで変わりませんから、これからもJISです。

日本工業規格 とは言え日本特有を振り回すと非関税障壁と言われるので文明先進国の工業規格を「ほぼ」追っかけコピーしています。

例えば情報系電機製品の欧州の安全規準はIEC60950,それをコピーして一部省略し、日本固有の何かしらを足したのがJIS C6950。 桁数が違うところがクセモノで。。
JISは英語版がないので非関税障壁になります。 そこで経済産業省様は海外メーカーのかたにはIECとJISの要求事項を全部含むJ規格を出して「これが便利よ♪」と世界に向けて発信しています。 情報機器の場合はJ60950。
超悩ましいのは
JIS6950
IEC60950
J60950
がイコールでは無いところ。 JISが緩くて、IECが厳しくて、Jは両方満たすから超厳しい。 PGJは電機屋になった2009年に「どひゃー!」でしたが、これに引っ掛って経産省の試買で不合格になる製品の多いことよ。
日本の結構な大手電機企業も海外工場で開発した製品で地雷を踏んでいるんですとさ。(某社談)
最近は社名出さなくなったね。
https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/after_distribution.html


2019/7/7

テイコウペンギン  文芸、映像

クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

「神のくせに相談室に頼りやがって」

笑わせていただきました。 


2019/7/5

耕運機  XYLの名言

クルマで出張に行ったXYL。同乗の 同僚が前のクルマについて「911って高いのかなぁ」と聞いたそうな。
「日本の値段は暴利よねぇ 南洋の孤島に住んでいた時に買うの買わないのと言っていたもの。 サラリーマンに買えるクルマだけど。。。。」
「日本じゃ耕運機よね」

XYLの説明
「日本の道路事情にマッチしていないのは耕運機で幹線道路を走るのと同じ」
だそうです。

耕運機はこちら
https://youtu.be/qT86Z2EhpdE

フェラーリほどひどくはないと思うんだけどね。hi
7L2PGK

2019/7/3


クリックすると元のサイズで表示します

XYL曰く「今日は見映えがしないなぁ」

いえ 十分でございます。
美味しゅうございました。

2019/7/1

baby lamb!  日本での食生活

ZLに仔羊の生まれるシーズンがやって参りました。
そして、西相模のド田舎にもNZラムが店頭に届きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

旨いねぇ! XYLの料理。
ネスプレッソグラスをワイングラスにしてAirNZのビジネスクラスの料理風 hi



7L2PGK



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ