ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2017/10/9

なんでも売ってら  話の種 ミニ

こんなものを売っているんだねぇ。

なんだと思います?

12番口径用散弾銃に使う空打ちケースです。
銃の清掃などの際に薬莢(実包か空包かを問わず)を装填せず引き金を引くと微妙に鉄砲の機関部が傷むとされています。
で、これを使うんですねぇ。 


30年前は800円だったから、デフレの世の中で値が上がった珍しいものの一例でもあります。

次、イヤマフ

PGJのは貧乏鉄砲撃ちだったのでJAで撃っていた99年までは耳栓でした。 「イヤマフなんて高くて買えん!」というのと「スキート撃ちはクレーが飛んでから挙銃するので頬付けの際にイヤマフに銃床が当たって気が散る、眼鏡がずれる。」という理由もありました。
ZLのスキートはアメリカンスキートなのでトラップ同様頬付けした状態でクレーが飛びます。
というわけで99年からはイヤマフを使っていました。 缶詰工場の現場で使う一番安いやつ。

20世紀から電子制御で大きな音のときだけ遮音するというイヤマフがありましたが、日本で買うとウン万円。 ZLで買っても200ドルとかで手が出ませんでしたが、今やブランド品ペルターでさえこの値段。

CEマークが付いて、この値段というのもあります。
こういう物の場合は値段の差は耐久性ね。
 
ちなみに会社の業務で安全防具を購入する場合は国家検定や国の定めた国際基準に受かった物を使用しないと労働基準監督署に叱られますよ。  耳栓の場合は十分なSNR値を確保しましょうね。
http://www.jashcon.or.jp/publish/pdf/73/73gijutujouhou.pdf


トランジスタと言えばマルツの通販だったもんですがねぇ。

100個で154円 送料無料とはおそれいった。



右は、しばしばデジタルモードのPCとリグを繋げる際の絶縁用IFに使われるトランス。


よく見たら出店がマルツだった。
マルツウェブより高くて送料別でした。

なんでも売るなぁ。

そうだ。 こんなのも有ったっけ。


2017/10/9

おやつ  日本での食生活

8月に熊本に行った際にJA6SOVがオススメしてくれた地元銘菓。

クリックすると元のサイズで表示します

くまモンクッキー ではなくて 「誉の陣太鼓」。
http://www.kobai.jp/jindaiko/
8月には暑くて甘いものを食べる気がしなかったのですが、涼しくなってきたので、では!

クリックすると元のサイズで表示します
お勧めだけに美味しゅうございました。

一点、難点は開封が極めて面倒くさいこと。
パンフレットの写真のようには開けられません。 というわけでメーカーはYoutubeに開封方法を上げているくらいです。hi



この方法で開けると手が糖蜜でベトベトになるのよねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

PGJは我慢ならずにキッチンナイフでアルミ外装を切り開きました。
容器技術者から言わせていただくとイージーピール性を付与していただければ、もっと売れるかもねぇ。

副島さんには容器包装展に行っていただくといいかもしれません。 そういえば今年は行けなかったね。
http://www.tokyo-pack.jp/

され、陣太鼓最後の1個 XYLが食べるまえにゲットできるか?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ