ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2015/10/27


http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=11535481
Hawkes BayのCliveで殺人事件。 斧だの棍棒だのでぶん殴った。のではなく銃によるもの。
時代が変わったもんです。

どれどれ、と、ZL警察の
犯罪統計を見てみました。
http://www.police.govt.nz/sites/default/files/publications/crime-stats-national-20141231.pdf
殺人事件は減り傾向ですが。。。 それでも人口10万人当たりの発生率は日本の1.5-2倍ですね。(平成27年警察白書

ZLの性犯罪は日本の強姦データと比べると8倍ありますが十代への買春はZLでは「いじめいやがらせ」に分類されますし、電車の中での痴漢も同様。
という、ZLには満員電車は無いので、公平な評価は上記の統計からは見えないですね。

全体的に言えることは、ZLの犯罪発生率が目立って減っていることです。
泥棒さんは前世紀末に比べて半減です。

「あれ!? 庭の椿の大鉢がない!」なんてことも、だいぶ減ったんですかね。
Gisborneでは新聞に「今週の泥棒」なんて欄が地図込で有ったもんですが。

犯罪減れば移民も増える。 いつのまにかZLは人口が450万人を超しました。
優秀な、金を持った移民に来てもらう政策が成功しているニュージーランドでした。
ちっともトホホな話ではないですね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ