ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2015/4/25

ちょっと古いぞ  大道具小道具Gadjgets

大日本帝国が連合国軍に占領され日本国憲法が施行になった1947年から日本の望遠鏡工業会は輸出を始めます。
http://www.jtmas.jp/data/pdf/postwar_industry.pdf
貴重な外貨獲得手段であったと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

こちらは6x30双眼鏡。 日本光学製です。
上記記録によると輸出開始直後は日本光学は6x30を輸出しておりません。

クリックすると元のサイズで表示します

Made in occupied Japan (占領下日本製)と言う刻印から1952年(講和成立)以前に製造輸出されたものとも思われます。
つまり、約65年落ちと言うところでしょうか?

この手の古い日本製双眼鏡はeBayで結構見ることができます。
http://www.ebay.com/sch/i.html?_odkw=made+in+occupied+Japan&_from=R40&_osacat=0&_from=R40&_trksid=p2045573.m570.l1313.TR0.TRC0.H0.Xmade+in+occupied+Japan+.TRS0&_nkw=made+in+occupied+Japan+&_sacat=625

なにゆえわざわざこのサイズを? と言うと、現行の6倍30mmにグッとくるものが無かったというのが最大の理由ではあります。
確かにヒノデは性能や見え方が魅力的ですが、どうもあのCIロゴが気に入らん。。。



6x30の良いところは、視野の広さ。
上に挙げた昨今の双眼鏡は実視界8.3°8.4°です。 このMikronはそんなに広くはないですが日本光学9x35mmよりはるかに視野が広い。 実視界何度くらいなんだろ?

接眼側から覗いたところ
クリックすると元のサイズで表示します

対物側から覗いたところ
クリックすると元のサイズで表示します

埃があってもカビは無いのがさすがアメリカ大陸。

日本国内で古い光学機器買うとほぼカビています。 環境の違いに改めて驚きました。
ちなみに、給油されている部分はすべて油脂が劣化してカチカチかガタガタでした。
戦後すぐで資材が無かったのねぇ でした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ