ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2014/12/16

何年目?  話の種 ミニ

年末大掃除の季節がやってまいりました。

        クリックすると元のサイズで表示します

照明の電球を新しいものに変えたり、最近では電球からLEDユニットに差し替えたりする人も多いでしょう。

ところで、皆さんのお宅の照明器具は何年目ですか?

新築したときに着いていたなら、家の年数と同じですね。  電球は換えるけれど照明器具そのものは換えたことが無い方が多いでしょう。
ましてやLED電球に変えてしまったら4万時間(1日10時間付けても10年以上)も持つので、照明器具自体の交換をしようとする人は本当に少ないでしょう。

ところで、NITEの調べによりますと、事故発生年度 平成19年度〜平成23年度間の照明器具事故総件数 492件の内、原因が明らかになった事故の2位が経年劣化です。
http://www.nite.go.jp/jiko/press/prs12071901set.pdf

もっと調査分母の多いと思われる照明工業会のデータと考察によれば、
「照明器具ごと15年で換えなさい」です。
http://www.jlma.or.jp/shisetsu_renew/anzen/anzen1.html
何が悩ましいと言って、一番悩ましいのは天井埋め込み照明でしょう。 劣化し発熱した器具のそのすぐ上に断熱材が載っています。 天井裏断熱材。
昔ははっぽスチロールだったから、火が出たらあっという間に天井裏大火災。 グラスウールになった後も、外装が紙だったり、燃えやすい樹脂だったりして、これまた導火線。
浴室、脱衣所、キッチンの照明が意外と盲点。 劣化は点灯回数に比例して進むので、居間のようにツケッパの場所より劣化が激しいのは想像に難くないわけです。

あなたの家は何年目? 定年退職の時に車を買うんじゃなくて、家じゅうの照明器具を全とっかえしたほうがいいかもよOM諸氏。
ローンが終わったころに家は丸焼け。では情けないですぞ。  まぁ ここで探してくださいな。

ZLの家は照明器具をすべてイタリア製に換えて一新したんだけどなぁ。 電球の寿命より勤め先会社の寿命の方が短かったhi 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ