ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2013/6/4

旨かったよ  日本食べ歩き

JA2駿河湾と言えば魚が旨いので有名。

では、どれだけ旨い寿司屋があるかというと。
地の人が「うまい魚はみんな東京へ行ってしまいます。」「寿司屋ねぇ。 ほとんど観光客相手だしねぇ」 と聞いたのはJQ2WTVだった、ずいぶん前の話。

まぁ、なんとか見つけて行ってきました。 場所は静岡市清水区(JCC180103)。

寿司に限らず、「およそ外食というものは予算を言ってお任せにするのがよろしい」という典型でした。

旨かった。

デザートのメロンに妙に力が入っていまして。
入り口にもこんな感じで。hi

クリックすると元のサイズで表示します

瓜女のXYLが旨い旨いと食っておりました。
こんなメロンです。
http://www.crown-melon.co.jp/info/2013/05/-524.php

2013/6/3

悪筆のメモ道具  大道具小道具Gadjgets

万年筆やボールポイントペンに凝る方がおられますが、PGJは10万円を超える筆記具を持ったことはないです。 何しろ失くすので、普段は150円から高くても1万円です。hi

出張に行くとご当地ボールポイントペンを買って来ますが、まぁ数か月。
それに、天性の悪筆なので、自分で書いた文字が読めない。
とは言え、紙のメモを付けるのはやめられません。  iPadとか便利そうだけどねぇ。

というわけで出張先ではiPhoneとBluetooth keyboardが必須ですが、職場に新兵器を導入しました。

ふふふ、50年前のタイプライター。 1000円!

     クリックすると元のサイズで表示します

50歳以上の同僚は、「ヘー!」、秘書検定1級の役員秘書は「私これでブラインドタッチ勉強したんですよ」と、まぁ盛り上がっています。

30代社員の「機械式ワープロですか?」には茫然。。

持ち歩くシステムノートに書き足しが簡単にできて、自分用ミニッツを作るにも要約しながら作るので忘れないってことが、メリットですかね。 むろん英語用なので日本語は無理。ドイツ語もちょっとつらい。

ワードなどで作る牛のよだれのようなミニッツ。
あり得ない。。。

よくよく思い出してみると、父のタイプライターは、このオリンピアをはじめとするドイツ製かスイス製。 あの有名なOlivettiは無し。 太平洋戦争を戦った父としては寝返りイタリアが許せなかったのだろうか。。
そのくせラテン語は話したらしいが。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ