ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2012/1/7


(リンクが壊れていたので修正更新しました)

年末に横浜市(JCC1101)みなとみらいのタワービルのホテルでのんびりしたのですが、せっかく景色の良い所に行くのだからと20年以上使いこんだNikonのフィールドスコープ(ちなみにPGJの世代は、この種の地上観察望遠鏡をコーワ製だろうがニコン製だろうがプロミナーと呼んだもんです)を担いで行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

でオフィスビルの仕事納めを覗いていたら、超汚い。

    クリックすると元のサイズで表示します

この有様が見える限りすべてのフロアで繰り広げられています。
よくもまぁ、こんなに仕事のできないスタッフで成立している企業があるなぁとあきれ返っておりました。 あのオフィスでは、探し物に1日の時間の半数を使っているんではないかと思います。 整理整頓しろよ。

ちなみに、写真から地図を見てみたらこちらさんでした。

なんだ、税金を食んでこの仕事か!?

2012/1/7

50m先の1cm  大道具小道具Gadjgets

クリックすると元のサイズで表示しますPGKもPGJも昔は鉄砲撃ちでした(むろんヘッポコシューター)。
年末に廃屋のガラクタを整理した際に、廃銃後も残してあった公安委員会規格の頑丈なガンロッカーや装弾ロッカーを壁から剥がして古物商に叩き出しました。
ZLのガンロッカーは分厚いスチールで一人では運びだせませんが、日本のは軽いもんです。

で、同時に出てきたのが、ファインベルクバウの照門のスペアやら
クリックすると元のサイズで表示します

ライフル射撃教本やら
(これを読むとゴルゴ13がSFだと云うのが良くわかります)、ライフル用のサポートグローブ(これのあると無しとじゃ照準の安定は大違い)やら
クリックすると元のサイズで表示します

     クリックすると元のサイズで表示します

とうとう買えなかった新銃のカタログやら
       クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

薬装銃射撃は体力的にとても再開できないですが、4.5mm標的射撃なら再開したいですね。 とは云うものの、ZLのFirearmsライセンスはあるし、わざわざJAのクソめんどくさい手続きを、超多忙の中で再度やる気もしない。

と云う訳で、ただ懐かしく見ておりました。

 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ