ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2011/3/20

科学に遠い頓馬な人々  日本の「やれやれ」な話題

福島からの避難民の宿泊拒否する宿があるそうで。
無学文盲な人には何でも恐ろしいものなんでしょうな。
農薬然り、食品添加物然り、BSE然り、原子物理然り、きりが無い。
福沢諭吉先生「学問のすすめ」 

茨城県産の農産物から微量の放射線を検出したといえば、それらの農産物は風評で売れんのでしょうな。 PGJは、一所懸命購入させていただきますよ。

大体、「1年間食べ続けても安全である」と云うものを、「基準を超える」にしてしまう日本の食品衛生基準てどうなのよ。
検査作業のために法律があるような愚かしさを感じるね。

不忍池の青く光る鯉よりは安全さ。
 「平成2 年1 月13 日及び1 月16 日に東京大学病院の敷地内において、自然放射線レベルの数倍〜200 倍の高い放射線が測定された。核種としては、セシウム-137 とストロンチウム-90 が検出された」 

2011/3/20

壊れた電気製品  ちょっと一言

家庭電化製品の取り説に、「異常を感じたらすぐに電源プラグを抜いてください。」
福島の原発では、その壊れて塩水に浸して漏電状態になっているところに高圧をつなんぐんだと。
誰が考えた案だか知らんが、照明入れた途端に安全機が飛んじまうんじゃないか?

ところで昨日だけで1,000トン以上の海水をぶち込んだそうですが10トン以上の塩をぶち込んだのと同じです。 核燃料プールの底に塩類が析出しているんじゃないの?

政府の対策も小出しでなぁ。 市民運動家は尻拭き紙不足の問題程度しか考えられないのかとあの宰相の顔を見ながら思う。

ちなみにこの宰相の論文は消火、30年前の実験を思い出して福島原発を消しに行くつもりで飛んで行ったのかねぇ。
(もっとも、この論文、彼はファーストではないし、掲載されやすい国内業界誌)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ