ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2008/7/20

鯨の島の少女  ちょっと一言

Whale riderなる映画をCSでやっていたので、いまさらながらですが見ました。 2002年に公開されたイーストコーストが舞台の映画です。

見慣れた人相の人たちが聞きなれたイーストコースト訛りの英語を話していて、XYLとのんびり休日の午後を過ごすのにFBな映画でした。
エキストラには「あれ、こいつ工場にいなかったか?」のような人も居まして。

まさに映画のあの風景がZLの北島イーストコーストでは広がっておりまして。
「あそこに住んで居たんだよねぇ」とXYLと感慨にふけっておりました。

しかし、邦題「クジラの島の少女」 
たしかにZLは島国だが。。。。 イーストランドは半島で独立した島ではないんですが。

2008/7/20

これは大変  大道具小道具Gadjgets

形に惹かれてペトロマックスという灯油ランタンを買いました。
共産中国製らしく(本体に生産国が書かれていないところがあやしげ)部品の加工精度はかなりいい加減。

生産国がどこであろうと、これが実はとんでもなく手の掛かる設計のシロモノ。 いやまいったね。
余熱に失敗するとノズル清掃してから再スタートが必要。
消化に失敗すると次回の点火は不完全燃焼で大ごとになる。(ランタンがたいまつの様に炎をあげるところは強烈)
と言った按配。

クリックすると元のサイズで表示します


おまけにマントルは1回使うと穴が開いてしまい再使用を憚られる脆さで、灯油の燃料代の安さもマントルの消費の早さでパァ。

昔のキャブレター式単気筒オートバイエンジンをスタートさせるのと同じで、これを上手に使いこなすところが使用者の心意気なんでしょうが。
いやはや 慣れるまでが大変だ。hi

それもこれもJA市場にそこそこ明るい円筒芯のオイルランプが無いのがそもそもこのランタンを買った理由です。 OZ(デンマーク王国)ステルトンのオイルランプを野営に使うほどPGJはお大尽ではありませんのでねぇ。 そういえば日本に引っ越してきてから荷物を開いていないなぁ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ