ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む
各国台風進路予想足柄地方ハザードマップ

2008/1/2

箱根駅伝  ちょっと一言

使用条件. このZL2PGJサイトのすべての内容、写真、記事について著作権はZL2PGJが保有します。 許可なくコピーを利用してはいけません。・ このサイトとは、以下の全てと、それらの下層の内容全てを含めます。http://www.zl2pgj.com www.geocities.jp/zl2pgj //sky.ap.teacup.com/zl2pgj/ ・ このサイトは日本語を十分理解することができるアマチュア無線家のためにデザインされています。・ このサイトの内容が原因で、あなたや、それ以外の方に被害が発生しても、私は責任を取りません。・ このサイトにアクセスしたことによって、あなたやそれ以外の方に被害が発生しても、私は責任を取りません。・ あなた個人で楽しむ以外に使用してはいけません。・ 内容を信用するしないは、あなたの自己責任です。・ 本ホームページの内容は、現在もしくは過去の私の勤務先の意見を代表するものではありません。・ ご意見歓迎。・ あなたの送られた情報を私が使うかもしれません。・ 品の無い投稿をした人のアドレスはさらし者にします。・ 日本以外の国で違法となる画像や表現が含まれているかもしれません。そういう国に居る人は、このサイトを見てはいけません。・ あなたのいる場所や時間によりこのサイトを閲覧することが禁じられている場合、このサイトを見てはいけません。・ 引用については、お問い合わせください。・ このサイトが使っているリンク先の内容についてZL2PGJは責任を負いません。・ ウイルススキャンは定期的に行っていますが、もし、当サイトが感染していて、二次的にあなたが感染してしまっても責任は負いません。・ このサイトは日本国の法規の元で運用されています。・ このサイトはリンクフリーですが、あらかじめメールで連絡してください。無断RSS使用などは禁止します。
今日は箱根駅伝往路ですね。
XYLの母校は大根振り回す応援団に励まされながらもすでにトップに大きく離され、XYLは「来年も予選会からだ」とぼやいています。
ちなみにあの大根を振り回す応援団は独自財源を持っている裕福な団体です。 学費の他に「応援団費」なるものを大学の納付金の中に見たときはびっくりしました。 
「もともと栄養の良い大百姓の家に生まれた体力のあるセガレ共が走っているんだから他所の大学に勝てないわけはない」のに「一度も優勝したことがない」のはXYLの不満の種です。hi

まぁ出られるだけマシで、我が母校は予選会落ちですわい。
しかし駅伝のタイムの異常な短縮振りは物凄いですね。5年前の優勝タイムでは予選にパスできないと言われだしたのが10年ほど前からでしょうか? 23区内に本部のある大学だけでやっていれば良かったのに、大相撲ではあるまいにどこぞの山の中の大学が外国から選手を輸入しだしたころからのどかさがなくなりました。

以前は沿道の市民は家族の誰かが卒業した大学を応援しに駅伝を眺めに行くのが娯楽でしたが、昨今はどこにあるのか分からない大学のほうが増えてしまいましたねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します箱根の復路スタート地点の脇に潰れたレストランを改築した箱根駅伝ミュージアムがありますが、そこの資料によりますと、太平洋戦争直後は選手が足りなくて砲丸投げの選手までかき集めて走らせていたそうです。

トラックの荷台の上から、自動二輪のサイドカーから監督がメガホン握って激を飛ばしていた時代もありましたが、「大学生が一々指示を受けないと走れないのか?」という批判を受けて今年復活するまで無くなりました。
(昨今の大学生馬鹿化で今年から復活らしい。)

そろそろ、箱根にかかりますね。 XYLに「おやまぁ、君のところはまた抜かれたのかい?」と聞いたら「予選会落ちの大学にガタガタ言われたくないわね」だそうです。。

ちぇー!!




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ