ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/12/24

本当のイエズスキリストの誕生日  話の種 ミニ

一般にはイエズス(イエス)キリストの誕生日は西暦1年12月25日と信じられておりますが、考古学的には紀元前7年の北半球の夏と言うのが定説でした。(最近の学説は知らんけど) 
根拠は
1 幼きイエズスを殺そうとしたユダヤ王ヘロデが死んだのが紀元前4年。 だから紀元前4年以前に生まれていなくてはならない。
2 東方の三賢人(三博士)が西方であるユダヤに導かれたのは「星によって」でありますが紀元前7年には惑星重合という天文学的に珍現象があり、これを「三博士」は観察に来たのだ云々説が聖書考古学の古典「歴史としての聖書」に載っておりますが、その現象が起きたのが紀元前7年だった。
3 羊飼いが夜、不思議な光を見たという記述があるが、夏でなくては羊飼いが凍えてしまう。 だから12月はありえない。
というものです。

知ってました? まぁ仏教徒の皆さんには知らなくてもいい話題ですけどねhi
(でもゴータマシッダルタの誕生日は知っていましょうね釈な皆様)

2007/12/24


昨今の車にはほぼ漏れなくついている装備に電子姿勢制御装置があります。
言うまでも無くスリップし易い路面でスピンしたりしないようにしてくれる便利な装置です。 XYLがZLで乗っていたスポーツカローラにもついていて、ネーピア、ギズボーンロードの浮石だらけのワインディングを100Km/hでぶっ飛ばしてもスイスイコーナーリングしてくれて感心したものです。

A3にもESPなる装置がついていますが、今回これの効きを実感しました。
長野へ行く用事があり帰りがけに清里に寄りましてね。 八ヶ岳周辺はさすがに雪だらけ。 ひとけの無い駐車場でESPをOFF。ステアリングをフルロックしてアクセルをブンと踏み込んでみました。 クワトロとはいえ見事に1回転半のスピンでした。 そこで、今度はESPをONにして同じことをしてみると。。 まったく舗装路の上で回るのと同じように流れもせず転回してしまいました。 

ESPが無くても雪道に慣れたドライバーは流れたら当て舵してアクセル踏んで何とかしてしまいます。(PGJのJAの運転免許はブリザードの中で卒業検定hi)
しかし、ケツが外側へふくらみますので対向車が来ればぶつかりかねない。
で、ESP。 便利な代物ですねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

アウディの良い所はこのESPを強制OFFに出来ることです。 砂利砂利ダートではESP-OFFのほうがコントロールし易いこともありますからね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ