ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/11/28

バサラ  日本食べ歩き

この3連休はいつ会社から電話が掛かってくるかわからなかったので自宅周辺をうろうろしていました。 自宅周辺で良いレストランを探そうと思うとこれが結構選択肢が少ない。 箱根外輪山内側は観光シーズンで大渋滞で行く気がしないし。
というわけで、山を下りて向かい側の愛鷹山の裾野にあるクレマチスの丘にある和食レストランを試してみることにしました。
窓の外に竹と植栽が広がる実にランチタイム向きなレストランです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますメニュー自体は「想像通りの物が意外性の無い盛り付けで出てくる」とXYLが言うようにあまり意外性はありません。

専門料理グルメトラベラーの記事を読みながら、やたらと新作料理に挑戦しているXYLには、よほどの事がないと驚きがないようですが、私が見ても。。。

もっともここは美術館資料館群のなかにあるレストラン。
美術館付属のレストランとしてみた場合にはかなり上級ではないでしょうか。
若い二人のデートコースには良いですよ。 (別に中年不倫カップルでもいいけど)

でもデートというなら、ここにはもう一軒イタリアンがありますからそちらのほうがお勧めです。
理由は、和食レストランは、しばしばナイフとフォークの使えないおばさんたちがお客さんとしてきます。 たいてい彼女らは大KYなので雰囲気をぶち壊してくれます。
このレストランは肉を炭で焼くのが売りですが換気能力が極めて悪く、またオープンキッチンであるので客室に煙がもうもうです。 彼女が燻臭くなります。

最近景気が良いせいか、この和食レストランに限らず、従来居酒屋にしか行かなかった人たちが静かなのが売りの和食屋さんに来る様になりました。
このTKYな人々が居酒屋のノリで騒ぐのでお店の雰囲気ぶち壊しという気の毒なお店が散見されます。 これは宿屋さんもそうですね。
またバブルなんですかねぇ。


2007/11/26

牡蠣は食べたし命は惜しい  日本での食生活

ZLではたらふく牡蠣を食べても当たったことはないがJAの牡蠣には1口でノロウィルスにやられた経験を持っております。
ともかく日本の水産業は各産地の衛生当局への発言力が強くて、「中毒者が出ないと食用禁止にしない」とは20年前に食品衛生学で習いました。(今はどうなんでしょうね)

一方ZLの衛生当局は怪しいと思ったらいきなり禁止してしまう。
どちらが国民の健康を意識しているかは言わずもがな。

というわけでZLで こんな量の牡蠣を食べ散らかしていたPGJとPGKはJAでは牡蠣を見ると「牡蠣は喰いたし命は惜しい」状態になっていました。

で、先日。 焼津インターチェンジ傍の魚屋で立派な牡蠣を見つけました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


これで、2000円しなかったかな?
恐る恐る、3個、生でいただきました。 

残りはオリーブオイルをかぶせてオーブンで焼いたり、オイスターチャウダーにしたりして堪能しました。

この箱入りの牡蠣は剥いていないので、ナイフで貝柱を切って開けてやる必要があります。 さすがに20個も剥けばだいぶ牡蠣剥きが上手になりましたよ。hi












2007/11/25

ノースウッドのマーケットデー  美しきモノ、心ひかれるモノ

今日は年に一度のノースウッドのマーケットデーのはず。
チーズの屋台が出たり、ノルウェー風ダンスを披露したり(NorthWoodはノルウェー移民が開拓した町です)普段は静かな町が沸騰します。
これは1999年のマーケットデーで購入した降誕人形です。 ろくろ引きで仕上げたマリア、ヨセフ、イエズス、東方の三賢人と羊飼い+家畜。
以来、我が家のクリスマスには欠かせない物になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
背景の刺繍はXYLのお手製。 ランプは19世紀末のもので、これまたノースウッドの骨董屋で手に入れました。

意外なものに会える田舎町です。 行ってらっしゃい!

2007/11/24

セントヘレナ  日本食べ歩き

クリックすると元のサイズで表示します三島の山の中にセントヘレナという米国西海岸風レストランがあります。
山の中で土地が安いので広々としたフロアが売りです。
山の中と言ってもPGJのQTHよりは下界に近いのですけどねhi

メニューを見て想像通りの盛り付けの想像通りの味付けの料理が出てくるというまったく意外性の無いレストランですが、ZLの小規模のワイナリーレストランのような、密着間の無い広さが気に入って時々出かけます。

久しぶりに出かけたら、お昼のアラカルトは消滅してコースだけになっていました。
土地柄かアラカルトで注文するお客さんが居ないのでしょうね。 メニューを見ても意味がわからんとか。。。  別にフランス語で書いてあるわけではないがhi

PGJはフランス語圏ではないのにフランス語で書いてあるメニューを出してくるレストランに行ったことがあります。 しつこくメニューに書いてある単語の説明を求めたのは言うまでもありません(嫌な客だhi)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


10年ばかり前にアメリカで流行ったサービスの形式を採用したようです(半バフェ+ワゴンデザート)。
目先が変わって面白いかもしれないけれど、落ちついて食事をする雰囲気ではなくなったのはちょっと残念。

さらにお犬様入場可になったので、躾のされていない暴れまくる小型犬とお食事する羽目にもなりまして。。。

前回行ったときより賑やかでしたから需要を掴んだということなのでしょうけどね。

XYL曰く
「あなたのかわいい子供は私にはただの躾のされていないサル。
あなたのかわいいお犬様は私にはただの馬鹿犬。
自分がかわいいと思うものは他人もかわいいと思ってくれるという勘違いが日本に蔓延している。」

当たらずとも遠からず。hi


2007/11/24

PGJの無駄遣い  更新履歴

ZLに引っ越す前から民芸やクラフトに目がないPGJとPGKですが、最近はこんなお店で無駄使いしています。
というわけで更新しました。 高価でなくても麗しいものと暮らそう。 日本の民芸

2007/11/23

観光シーズン  懐かし写真館

クリックすると元のサイズで表示します


クリスマス飾りの写真をHDDの中で探していたらこんな写真が出てきました。
ハブロックノースのワイナリーブラッドーショーエステートのブドウ畑です。
11月になるとZLホークスベイ辺りはこんな天気で気持ちのよい日が続きます。
どうです。ニュージーランド観光へ行きませんか?

2002年の11月ですからもう5年も前ですね。
この頃がZL2PGJの最もアクティビティーの高い時期でした。 CONDEXも良かったしね。

2007/11/22

西洋堂  日本食べ歩き

ちょっと前の話ですが、水戸の西洋堂に行ってきました。

去年初めて行ったときは、ZLから引っ越してきて日本のあっさりレシピに食傷してZL並みに重たいメニューが食べられる西洋堂は貴重な存在でした。
最近はPGJもPGKも日本風あっさり洋食に慣れてZL風コテコテに対する飢餓感はなくなりました。 で、西洋堂のメニューもずいぶんあっさりしてきました。 給仕長のブログによるとメニューの傾向を変えたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


メインはイベリコ豚。 良い餌で育てた豚肉は美味しいなぁ。
美味しい豚肉を作る最良の餌はジャガイモです。

(鰯が取れすぎて豚の餌にできないかと?どこぞの行政が考えているらしいですが、魚の脂肪酸の影響で魚臭くなった豚肉なんて売れやしない。。) 

西洋堂の唯一の欠点、「椅子の座り心地が悪い」のは総張替えで良くなっておりました。 とんでもないコストが掛かったとか。 レストランに限らず企業を良い状態で長く運営し続けると言うことは大変なことなのですね。 
ちなみに西洋堂は100年も続いています。 ミシュラン東京で星を取った店が来年残っているか? また、暗闇坂の和食の店が数年目でガタガタなのを考えるにつけ、良質なサービスを延々維持しているのは立派なものです。 継続は力なり。

ともあれ、味もサービスも美味しゅうございました。

水戸は箱根からは、東京を通過せねばならず、時間的に遠いので一泊しないといけません。 反面、一泊するからこそディナーでお酒が飲めるわけですが。

水戸に泊まる時の定宿は水戸プラザホテルです。 ダウンタウンから離れていてアクセスは最悪ですがインターチェンジから道一本ですし清潔で居心地がよろしい。
食事は試したことが無いのでノーコメント。 朝食は「並」です。
 
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/21

でましたミシュランガイドブック  日本食べ歩き

いよいよ出ましたね。 ミシュランレストランガイド
「え?」というようなカウンターの店もあるそうで、気楽に星を引き受けてしまったお店の中には予約をさばき切れなくてサービスが破綻寸前の店や、いきなり天狗になってしまう店などあるでしょうなぁ。

F(フランス)は星が減ったといって自殺してしまうシェフが出るくらいだそうですが、さてJAではどうなりますかね? 
このガイドブックに対して良く聞こえてくる意見としては
「ガイジンに日本料理がわかる訳がない」
「日本料理の予備知識が無くても入れるメニューの店が多い」
「老舗の伝統を無視して評価している」
などなど

馬鹿だねぇ。

「ガイジンに日本料理がわかる訳がない」
それをいう人たちは「日本人にフレンチがわかる訳が無い、中華がわかる訳が無い」とも思っているのだろうか? 旨い物は誰が食べても旨いものです。
ある種の日本人は日本の文化が非常に特殊でガイジンには理解不能と思っているけれど、大間違い。 特殊だけれど理解不能ではありません。 多くの場合、理解させる努力を怠ってきた面が多いとPGJは幾つかの外国の企業で働いてきた経験から感じています。
むしろ、日頃コンビニ弁当で暮らしている日本人には星付きの店の味は理解不能だろうとは思いますよ。

「日本料理の予備知識が無くても入れるメニューの店が多い」
当たり前です。 そもそもこの本は観光ガイドです。 「初めての人が訪れても戸惑わずサービスを受けられる」という要素は大事だと思いますよ。
そもそもあなた、すし屋のカウンターでネタ表を見ずに注文できます? 私は出来ない。

「老舗の伝統を無視して評価している」
味とサービスが評価対象なんでしょ。 大体、伝統は評価しようが無いでしょ。

まぁ、このミシュランガイドの騒動を見て居ると日本の攘夷思想の根深さを感じます。
外資に勤めるPGJなんぞは天誅されそうですな。hi
反面、このガイドブックは売れまくりでamazonでも5週間待ちだそうです。 各店も予約の山で大変らしいです。 

さて、意見といえば「来年、星付きの店の顔ぶれがどう変わっているか?」というのもありますが、これは本当にそう思います。
ちょっと売れるとビジネスを拡大してサービスの質が落ちてしまうのはよくあることです。
丸ビルと麻布十番にある行きつけの和食の店も去年くらいからサービスの質が低下してきて「アレ?」と思っていたのですが、先週行って、味にもメニュー構成にもサービスの面でもとどめを刺されました。
まぁお店の緊張感の鮮度は3年なのかなぁ?

ま、ミシュランガイドブック。 自分の舌に自信の無い方々にはFBなガイドブックではあります。

2007/11/19

クリスマスピラミッド  美しきモノ、心ひかれるモノ

クリックすると元のサイズで表示します


クリスマスが近づいたのでクリスマスピラミッドを出しました。
蝋燭の熱で羽根が回り中の人形が回ると言うこのドイツの古典的クリスマス飾りは去年新宿伊勢丹で入手しました。

日本ではなじみがない上に値段が半端でなく(ドイツ人の手作りだもの、そりゃ高いよ)売れ残ってクリスマス直前に投売り状態になっていたものでした。
値段は上級品の箱根細工並までは行かないけれど、結構清水の舞台でした。

そろそろ我が家も室内の飾りがクリスマスモードです。 一応クリスチャンなもんで。

2007/11/18

美術展2つ  観光物見遊山

東京国立博物館ではただいま大徳川展を開催中。 見に行ってきました。
入場規制も敷かれる大変な混みかたでしたよ。 
ほとんどの展示品は以前名古屋、水戸、の徳川系の美術館で見た物でしたので、「あぁあれね」感覚で、「混んでて見れ無いじゃないか!」という不満は無かったですが、まぁ、混んでた。
クリックすると元のサイズで表示します
食事をする施設が貧弱なのが東京国立博物館の弱点で、回転の悪いレストランが2つあるだけでは特別展などで混むときはどうにもならない。 ZLウェリントンのテパパ国立博物館のカフェを見習って欲しいものです。 
たくさんの海外からの観光客が食事が出来ずに右往左往していました。 気の毒に。。。 だいたい再入場不可だからこういう事になる。
日本の公営施設はこんなもんなのよ。 ごめんなさいね。

さて、今回は目玉がもう一件。
サントリー美術館で行われている。「鳥獣戯画がやってきた」展。
こちらも人の山でした。。。。

クリックすると元のサイズで表示します


昔から人々の心をひきつけて止まなかったのだなぁ と、分かる多くの模本の展示や、派生した戯画絵巻の展示は興味深いものでした。
特に男根大きさ比べの絵巻物には日本人のスケベ心のDNAを見た思いでした。


しかし、まぁ。

博物館美術館に行きつけていない人々の山には疲れ果てました。


ともかく、ガラスに貼り付いて見たがって後ろの人を慮れない。
その上べたべたと展示ケースのガラスに手形を残す。
携帯で写真を撮る。。。

XYLと二人で、「こいつら沖ノ鳥島へ送ってしまえ!」と悪態をついていましたhi

今回は、大きな展覧会を2つだったので1日には回れるわけが無いので、品川のパシフィック東京で一泊しました。 
前日の昼から、翌日の夕方まで車を駐めておいても宿泊客は無料なので高めの宿代も気になりません。 (なんたって都心の駐車料金の高さよ)
天井が低い古い設計だけれど、清潔で機能的、サービスが的確で早いという実に良いホテルでした。 客の半数が外国人というのも頷けます。

このホテルから歩いて15分ほどのところに赤穂浪士で有名な泉岳寺があります。 

クリックすると元のサイズで表示します

資料館で木像や遺品とご対面してお墓参りしてきました。
「各々方!」

お天気の良い初冬の週末でした。


2007/11/15

小手先勝負の日本製?  日本の「やれやれ」な話題

日本へ引っ越してきてもうすぐ2年。
つくづく感じるのは日本の市場で売られている白物家電の基本性能の悪さです。
今日も電子レンジが壊れた。 この2年でシャープ三洋とこれで2台目。 
XYLが料理の虫で一般家庭よりは稼働率が高いとはいえ、あまりにもろい。
各種センサーがたくさんついた多機能機でお値段もいずれも10万円を軽く越えるものが毎年壊れるのではたまらない。
しかし、こんな多機能がこの値段で造れるわけがないという意見もある。
耐久性を犠牲にして無理やり生産しているのかもね。 どうせ一般市民がそこまで使い込むことは購入者人口の0.1%も無いだろうから。 
コンビニエンスストア仕様の単機能電子レンジが20万円することを考えれば、耐久性の高いものはそれぐらいの値段をださなくては駄目ということなのですね。

ボッシュやAEGのコンベクションオーブンや電子レンジは大きくて単機能。 ただし大きさのおかげで、日本製のセンサー一杯な小型多機能よりも美味しく物ができると言うところはA3トヨタブレイドの違いと似ているかもしれませんね。
これは洗濯機も同様で、ボッシュのドラム式洗濯機+乾燥機合わせて1000ドル!のほうが、馬鹿高い斜めドラムよりきれいに落ちて、皺無く乾くという。。。

その昔、日本製のオートバイのフレーム設計が滅茶苦茶でパワーはあるけど曲がらない止まらないといわれたころ、ドカティーがパワーは無いのにアレだけもてはやされたのも基本設計の高さなんでしょうね。 へんなデバイスは無いけど基本がすごいと言う。

というわけで、日本製の白物家電にはうんざりしました。 

じゃボッシュのオーブンを買うか? アホ臭い、、、アメリカで700ドルの物に輸入家電店で20万円の値札をつけているのを見ると、これまた馬鹿臭い。。。。

悩ましいですなぁ。

2007/11/12

米内光政  観光物見遊山

米内光政といえば、知っている人は知っているが若人はまず知らないだろうという昔の軍人です。
当然PGJも彼の現役時代には影も形もない。 私が知っている米内光政は阿川弘之の小説の中の人でしかない。
彼の真実は知らない。 でも小説の中の米内はなんとも様子が良い。 
そんな米内の資料館が盛岡市にあります。
クリックすると元のサイズで表示します
盛岡先人記念館は盛岡市の郊外、美術館の傍の実にわかりにくい場所にあります。 何しろナビが迷うくらい、とんでもない場所に隠れています。
展示は麗しいわけではなく、説明も不足していて「どうしてこの人が尊敬に値する人だったのか?」はまったく伝わってきません。 しかし、OZ駐在中、6ヶ月間繰り返し「米内光政」を読んでいたPGJにはお宝の山でした。
なにより、米内が海軍省解散の報告の為に参内した際に昭和天皇から下賜された硯の本物には涙が出てしまった。
昔、日本には偉い人が居たもんです。

この近所には古代のJA3の暴れ者坂上田村麻呂がJA7に殴りこんだ遺跡「志波城跡」があります。 こんな辺地へ飛ばされた古代の近畿の人々の苦労もしのばれます。
というか、殴りこまれたJA7の人の迷惑もしのばれます。

クリックすると元のサイズで表示します


2007/11/10

てれすこ  ちょっと一言

映画「てれすこ」を見てきました。
うーーーむ。ナイトミュージアムを「アハハ」レベルとすると、これは「はは」レベルでした。
役者はいいが脚本がねぇ。。。 落語をかじった程度の人には「あの話は○○の。。」なんて言えていいかもしれないけれど。。
何回かは爆笑したけれど。 「日本語で聞いていてこれしか笑わせてくれないのかよ」レベルでした。

封切日に見に行ったので、近くの映画館ではやっていない(えーえーPGJは田舎住まいだよ、どーせ)。
で静岡市まで行ってしまいました。 いや、もっと近くにもあるのだがパチンコ屋と併設なんだよね。 XYLが「鉄球回転博打をする人々と同じ空気を吸いたくない」というもんで純粋映画館まで高速道路を使っていきましたhi。
ま、私も博打打ちとはお付き合いしたくないですのでXYLの言い分はわからないでもない。

ちなみに静岡県はヒーローが博打打ち(次郎長)の県です。 
なんだかなぁ。。。。。

2007/11/7

今晩のアントレ  日本での食生活

This Web Site is ZL2PGJ's copyright property. · This web site is designed for licensed or previously licensed ham people who able to understand Japanese well. "This site" means all of followings and lower folders & files of those. http://www.zl2pgj.com http://www.geocities.jp/zl2pgj http://sky.ap.teacup.com/zl2pgj/ http://6330.teacup.com/zl2pgj/bbs2 http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/ I am not liable to you or anyone else for any Loss in connection with use of this Web Site or a Linked Web Site. · You must ensure that your access to this Web Site is not illegal or prohibited by laws which apply to you or in your country, region or location. I am not liable to you or anyone else if interference with or damage to your computer systems occurs in connection with use of this Web Site or a Linked Web Site. You must take your own precautions to ensure that whatever you select for your use from this Web Site is free of viruses or anything else (such as worms or trojan horses) that may interfere with or damage the operations of your computer systems. You are provided with access to it only for your personal use. This Web Site may contain links to Linked Web Sites. Those links are provided for convenience only and may not remain current or be maintained. Links to those Linked Web Sites should not be construed as any endorsement, approval, recommendation, or preference by us of the owners or operators of the Sites, or for any information, products or services referred to on those Other Web Sites. My Rights to use information that you send me. · ZL2PGJ welcomes ideas and feedback from you about all aspects of the Web Site. You agree that ZL2PGJ may distribute, reproduce, transmit, create derivative works of, and publicly display any materials and other information (including ideas for new or improved products and services) that you submit to any public areas of the Web Site (such as bulletin boards, forums, competitions and newsgroups) or by email to ZL2PGJ. An e-address of sender of inpolite message would be exposed to public. # "Loss" means any loss or damage, however caused (including through negligence) which may be directly or indirectly suffered. # These Terms of Use are governed by the laws of Japan.# Nothing contained in these Condition of Use derogates from ZL2PGJ's right to comply with law enforcement requests or requirements relating to your use of this Web Site or information provided to or gathered by ZL2PGJ with respect to that use.
クリックすると元のサイズで表示します

今晩のアントレでありました。

ただそれだけ。

2007/11/4

本田宗一郎のお墓   クルマ/バイク/乗り物

本田宗一郎といえば知らぬ人はいない本田技研の伝説的創業者。 佐藤 正明 著「ホンダ神話―教祖のなき後で
によれば多くの伝説は相棒の藤原が作り出した「神話」であった面もあるとか。 読んだのが10数年前なので記憶があいまいだが、、、

ともあれ、本田技研のオートバイや自動車に乗っていたこともあるPGJにとってはヒーローには違いない。 その本田氏の墓所が職場が近所なので休日出勤の帰りにお墓参りに行ってきました。
お墓の地図などはこちらから

富士霊園はともかく広く かつ案内表示が極めて悪い。 園内地図を持っていかないとたどり着けませんよ。

今日はFISCOでレースだったらしく爆音が響いておりました。 XYLは「良い音している」と言っていましたが、あれは一般人には騒音だね。 FISCOが潰れてなくなる予定であの霊園は出来たのではなかろうか?

さて、有名なお墓はこちら
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


さすがホンダ乗りの聖地。 多摩方面からダックス(いまや骨董品)やモンキーに乗った20台以上のツーリングが来ていました。
XYLと「良いねぇ」と眺めていましたが。 日本の交通事情の悪さを考えるとやはり2輪は考えてしまうなぁ。 
先日も高名なレーサーがお馬鹿運転手のトラックに殺されましたしね。

じゃ4輪? ホンダのクルマも悪くはないが今のホンダに是非乗りたいという車はないね。 6MTかDSGでAWDのアコードが出たら考えるかな?

あと本田の問題として藤原が直営店網を積極的に設けなかったせいで、ハズレディーラーをつかむと最悪と言うZLでVWビートルを買うようなドキドキ感が味わえると言うことでしょうか。 

何はともあれ、教祖様のお墓参りでした。 お墓はこちら



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ