ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/7/12

またまたまた、さらにドッカーン  日本の「やれやれ」な話題

クリックすると元のサイズで表示します高速道路を走っているとこういう光景は珍しくありません。 ZLの時速100Kmではしる山道ではそうそう見なかったのですが、日本ではほぼ直線の高速道路でこの有様です。
やはり騎馬民族に比べて我が農耕民族は乗り物を乗りこなす技量に欠けているのではないかと思うのです。

しかしPGJがここで言いたいのはヘタクソの自爆物語ではなく、事故の際の速度規制の馬鹿馬鹿しさです。 4Kmも手前から50Km/h規制をしている道路管理者の頭の悪さは、どうなっているんだろう?

50キロ規制?ハイそうですかと50Km/hで走ると後ろから追突されかねない。 なにしろ多くの「頭の悪い」ドライバーが(道路標識の50の意味が分からないのだから、たぶん頭は良く無いだろう)減速せず100Km/h以上での速度で突っ走っているから、後ろでは急ブレーキ音は聞こえるは、パッシングはされるは、ドキドキ物です。
おっかないのでバックフォグを煌々とつけて走ることもあります。 
(頭悪いといえばZLの文盲率は8%だが、JAもその内に識字率8割を切るかもね。)

規制に従って走行すると二次事故の原因になりかねないのは、法律を無視することが当たり前の東アジア人の共通項+非現実的なお役所的道路管理会社の管理の悪魔の方程式が原因です。 
(日本人は中国の毒野菜や偽ブランドを「決まりの守れない未開人」と笑っているけれど、ほんの数十年前は日本だってアメリカに同じように嘲笑されていたじゃないの。 東アジア標準文化なんでしょう。)

4Kmも先から速度規制をする必要があるのか? 100Km/hから50Km/hまで減速するのに4Kmも必要なのか? 新幹線では有るまいし訳がわからん。
守りにくい規則は往々無視されます。 品質保証の考え方でも「無理な規則は適用しない」というのが常識です。 

500m手前からの速度規制で十分ではないのかねぇ。。。

ついでにいえば、工事中の速度規制の滅茶苦茶さも何とかして欲しいものです。
数百メーターおきに、50,80,60,70,50,80と通常標識と工事標識が混在する馬鹿さ加減。へたすりゃ50と80が並んで立っている。 
いつか大事故の原因になるだろうね。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ