ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/4/23

おもちゃの鉄砲  大道具小道具Gadjgets

心ひかれる物というほど麗しいものでは無いですが。
おもちゃの鉄砲を買いました。
18歳未満使用禁止の「遊戯銃」という奴は強力すぎて遊びに向かないので、10歳以上用のデフォルメを施した電動連発式です。
これはステアーというオーストリア製の自動小銃を模したものです。
笑えるでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します



で、変な形でしょ。 本物の解説はコチラで見ていただくとして。
ZLのホークスベイに住んでいたときに、職場にニュージーランド陸軍予備役軍曹が居て、陸軍射場につれて行って貰ってこのステアーのNZ陸軍仕様を2マガジンほど撃たせてもらいました。 撃ち易く、ショットガンよりずっと反動が少なく、意外と弾がまとまって的に命中し「さすが殺し合いの為の道具だ」と感じました。 まぁ200mの伏せ撃ちですから、当たらないと困るhi。

そんな鉄砲のおもちゃが有ったので、懐かしくて、つい買っちまいました。
本体の上の照準器にBB弾が詰まるようになっています。
引き金を引くと雨あられと単四電池による電動モーター仕掛けで弾が連発で吐き出されます。 
射程距離の概念を「狙ったところに反復して正確に当たり、当たったときに目標に明瞭な効果を残すことができる距離」とすると、このおもちゃの鉄砲の射程距離は7mに満たないでしょう。 飛距離は15mほどか?
ティッシュペーパーの箱すら撃ちぬけないほどのささやかな威力です。 屋内で隣の部屋のテッィシュペーパーの箱の取り出し口に弾を流し込むにはちょうど良いおもちゃです。
笑えます。
メーカーのサイトはこちら

これで曳光弾発射のオプションが付いたら抱腹絶倒なんだがhi

ちなみに、ZLではこれですらマシンガン扱いで法規制の対象ですhi。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ