ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2007/4/30


クリックすると元のサイズで表示します
(写真をクリックすると大きくなります)

XYLのお気に入りは鳥獣戯画絵巻のうちの蛙の相撲。 このシーンです。
この絵巻物は意外と大きくて、画面に写っているCD-Rと比べると、その大きさが分かってもらえるでしょう。

絵巻物は広げて見るのはいいけれど、巻いてしまうのが一苦労。です。
ZLにはこの手の絵画を収納する額を作る店が普通にあって、結構無理難題を聞いてくれましたが、狭い家が基本のJAではそうも行かず。

どうやって飾るか「考え中」です。

2007/4/30

脱包するまで歩くな  日本の「やれやれ」な話題

千葉県市原市の射撃場で足元に向けて発射してしまったご老人がおられて3人怪我したそうです。
神奈川県営伊勢原射場でも同種の事故がありましたが、決められた手順を守らないと事故になるという典型です。 規則は守るものです。 守っていれば事故が起きる可能性は大変低くなります。 これは工場での生産も同じです。 手順書を守って作業していれば事故にならないし、生産性も高いし、品質も落ちない。
また、守りにくい規則は改変して、守りやすいものにするのも、生命の危害リスクが無視できるほど低いとか、品質への悪影響が極めて低いなら、一つの手です。

どーもJAは決められたことを守れない人が多い。 憲法からして改正をせず玉虫色解釈を延々やっているから、これは国の風土でしょうかねぇ。

さて、競技射撃で射台(ピンクの矢印で示したところ)から出る場合。 元折れ式のショットガンは折ってから、自動装填式のショットガンは機関部を開放してから歩みだすというのは世界共通の基本の基本。
PGJは弾を抜いてから歩みだすことにしていますがね。

クリックすると元のサイズで表示します


おまけに今回の事故では指が引き金に掛かっていてよろけた拍子に引いてしまったそうですが、射台から出たらグリップを鷲づかみにして用心金(引き金の周りの輪の部分)に指を入れないというのも基礎の基礎。

今回の事故は、
1. 銃を装填状態にしたまま射台から出た。
2. 装填状態の銃を持って歩いた。
3. 装填状態の銃を地面に向けた。
4. 射台外で指が引き金に掛かっていた。
という4重の安全基準の無視が引き起こしたものです。

日本人は何事も慣れてくると、安全の手順を無視したがるもので、無視したほうが職人芸に見えて上手に見えるというワケノワカラン価値観がありますが、こういう点はZLを見習って欲しいものです。

基準を守って安全に遊びましょうよ。 

2007/4/29

ボックスアート展  観光物見遊山

クリックすると元のサイズで表示します


静岡県立美術館でプラモデルの箱絵の展示会をやっています。 ボックスアート展ですね。
田宮、ハセガワ、アオシマなど、静岡県は日本のプラモデルの95%を生産している県なのだそうです。 
というわけで、田宮の戦車やレーシングカー、ハセガワの戦闘機、バンダイのガンダムなどの絵がそれはそれはお見事に沢山展示されています。

今日は航空機やマクロス模型で有名なハセガワの長谷川さんの「静岡とハセガワのプラモデル史」の講演でしたが、いまどきの経営者でこんなプレゼンテーションの上手くない人が居るのかというくらいでした。 前回は田宮の社長の講演だったそうで、それを逃したのが残念でした。
ミュージアムショップではプラモデルが山積みで売られていまして、これが結構売れています。 私は筆とニッパーでプラモデルを作った口ですが、今はプラモデルの塗装はエアブラシが主流なんですね。 気軽に作れなくなった気がします。
(実は、手をつけていないプラモデルがPGJの納戸にもあります。 AE86-2DoorApexとFZ250-Phazer。 機材がなぁ。。というのが手をつけない理由です。)

客層は大昔の少年だけかと思ったら、結構若い男女がデートコースとしてきていました。 20日までやっているから、興味のある向きはどうぞ。

2007/4/28

東京国立博物館  観光物見遊山

「今日は仕事だよー」とXYLを煙にまいて上野の東京国立博物館に行ってきました。
博物館で「煤けた物」好きな彼女とデート、というわけではなくて、そろそろ結婚記念日なのでXYLがかねて欲しがっていたブツを買うためにです。 これが、どこでも売っているもので無いから大変なのさ。

通販も有るにはあるが実物を見ないと恐ろしくて買えない(私の財布には、ちょっと高い)ので実物を国立博物館のミュージアムショップへ見に行ったわけです。 

さてー。
上野の国立博物館はミュージアムショップに行くのに入場券を買わねばならない、実にお間抜けなシステムです。 WのワシントンDCのスミソニアンだって、ZLウェリントンのテパパ、オークランドの歴史博物館だってミュージアムショップは入場券不要です。
その点、この博物館は、要改善。

博物館へ訪れる人の目的は収蔵品を見るためだけではありません。 あそこなら図録、調査報告書、あるいはレプリカ、ミニチュアが手に入るだろうと考えて来る人もいます。 やはりミュージアムショップは外部に面した場所に設置され、入場の有無にかかわらず利用できないとねぇ。 なにしろ上野の場合、本館の地下だもんね。

また、ミュージアムショップの需要は結構ある気がしますが、これをまとめて丸ビルにでも押し込んでビジネスやる奴はいないかね?  なんだか昔のディスカバリチャンネルショップみたいだけどね。

まぁ せっかく入場料も払ったので先月のマオリ展のときには覗かなかった東洋館を20年ぶりに覗いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します


素敵な仏様に会えますよ。  
是非行きましょう。

ところで千葉市中央博物館に行ったときに教えてもらったのですが「博物館の最大の目的」は何だと思います?

「資料収集」だそうです。 展示などの教育活動は2次業務だそうで、ある意味「博物館」とは「倉庫業」なのですね(出荷は無いけど)。

2007/4/26


MR-Sも終売になり。 3.5リッターのZはJAでは馬鹿でかすぎるとわかり。 マツダロードスターも、本田S2000も、日本の道路では免許が危ない。 3.2リッターのA3は飽きが来ないし、便利だが華が無い。

クリックすると元のサイズで表示します


で、ZLに居たころから目をつけていたコペンですが。
どうしたもんでしょうねぇ。

ちなみにこの写真は2005年に新大阪駅で撮りました。
クルマとしては安いが、おもちゃとしては高すぎる。

ウーム。 
ビートの中古でも治すか?

2007/4/23

おもちゃの鉄砲  大道具小道具Gadjgets

心ひかれる物というほど麗しいものでは無いですが。
おもちゃの鉄砲を買いました。
18歳未満使用禁止の「遊戯銃」という奴は強力すぎて遊びに向かないので、10歳以上用のデフォルメを施した電動連発式です。
これはステアーというオーストリア製の自動小銃を模したものです。
笑えるでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します



で、変な形でしょ。 本物の解説はコチラで見ていただくとして。
ZLのホークスベイに住んでいたときに、職場にニュージーランド陸軍予備役軍曹が居て、陸軍射場につれて行って貰ってこのステアーのNZ陸軍仕様を2マガジンほど撃たせてもらいました。 撃ち易く、ショットガンよりずっと反動が少なく、意外と弾がまとまって的に命中し「さすが殺し合いの為の道具だ」と感じました。 まぁ200mの伏せ撃ちですから、当たらないと困るhi。

そんな鉄砲のおもちゃが有ったので、懐かしくて、つい買っちまいました。
本体の上の照準器にBB弾が詰まるようになっています。
引き金を引くと雨あられと単四電池による電動モーター仕掛けで弾が連発で吐き出されます。 
射程距離の概念を「狙ったところに反復して正確に当たり、当たったときに目標に明瞭な効果を残すことができる距離」とすると、このおもちゃの鉄砲の射程距離は7mに満たないでしょう。 飛距離は15mほどか?
ティッシュペーパーの箱すら撃ちぬけないほどのささやかな威力です。 屋内で隣の部屋のテッィシュペーパーの箱の取り出し口に弾を流し込むにはちょうど良いおもちゃです。
笑えます。
メーカーのサイトはこちら

これで曳光弾発射のオプションが付いたら抱腹絶倒なんだがhi

ちなみに、ZLではこれですらマシンガン扱いで法規制の対象ですhi。

2007/4/21

変わらない企業体質  日本の「やれやれ」な話題

食中毒出した。 大回収やらかした。 違法を承知で違反食品を売った。 事故を隠して車を売った。
まぁ 日本には、いろんな会社がありますが、そういう日本の会社は「外資に売られでもしないと治らないかもしれない。」と先日某社の工場を見て思いました。

規則を守らない。 手順書を無視する。 職人芸とは耳に麗しいが、良い時と悪いときの差がある人に頼った作業。 
基本的に規則に則った生活のできない日本文化の悪い面が出ているのは確かです。

団塊大量退職で世間は大騒ぎですが、私は悪い膿が出てくれるのではないかと、今後の日本の将来に期待しています。 マニュアル馬鹿というけれど、マニュアルを無視する馬鹿よりよっぽどマシです。

何処の工場を見てそう思ったかって?
ナイショ。 今度の授業のときにでも学生には教えてやろう。

2007/4/19

山のホテル  観光物見遊山

なまじ伊豆箱根山塊に住んで居ると箱根に観光に行こうという気はしないもので、箱根といえば横浜へ買い物へ行くときの通過道路なのですが、10年ぶりくらいにXYLと観光してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチを食べに寄った「山のホテル」はツツジのシーズンは大変な混みようだそうですが今はすいています。 ヨーロッパ系アフリカ系がダントツでアジア系が少ない不思議な人種構成の外国人のほうが日本人観光客より多いくらいです。 

和食のレストランは、昔風の落ち着いたサービスで盛り付けといい味といい、エクセレントではないけれど、まぁまぁよろしゅうございました。が。 まぁ観光地相場です。 サラリーマンが毎週末に行ける値段ではないです

クリックすると元のサイズで表示します


ツツジのシーズンに向けて手入れが進んでいました。 雪解け後の庭って本当に痛むものですね。 もうボロボロ。 あれは植木屋さんも大変だ。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、このホテル。 昔風でサービスも悪くないのですが建物の修繕費が枯渇しているらしく、外壁はタイルが剥落してこの有様。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、デートにはお勧めはしません。

2007/4/16

箱根の桜  観光物見遊山

箱根外輪山とその内側の桜は今週が盛りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


2007/4/15

一番ゲストの豪勢な結婚式  ちょっと一言

XYLと共通の友人の結婚披露宴に招待されました。
これがPhD(研究実績のある博士)とPhD/MD(研究実績のある博士で医師)の結婚式だもんで、参加者は東大、阪大の教授数人をはじめ博士様達がやたら多い。 代議士だの、社長だのと、ワケワカラン人の出る式は幾つか見たけれど、これだけ世界と競争している研究者が集まった結婚式は初めての経験でした。
お見事でしたねぇ。

さて「博士」
皆様なんと読みますか?

ハクシ が正しい。 ハカセは奈良時代以前の官職で、字の読み書きのできる「文章博士」。 瓦の製造技師である「瓦博士」などに使われる読み方です。 現在の医学博士、工学博士の場合「ハクシ」が正しい読み方です。
「オチャノミズハカセ」の場合、「人型ロボットを作る達人」位の意味ですかね? hi

ハクシ です。   ちなみに私は今時珍しいヒラガクシhi
タグ: 祥雲 北爪

2007/4/14


英会話のNOVAが、授業料払い戻しの裁判で負けましたね。
同社のTV広告を見るに付け、仕事には使えないレベルの英語を習うには高すぎる気がしましたが、やはり「不満足な人は居たんだなぁ」です。

ちなみに日本で働く英語圏の外国人には「NO VAcation」NOVAとして有名だそうです。 それくらい激務らしい(ToT)
英語話すしかスキルの無いガイジンが日本で暮らそうと思ったら、それくらいしか仕事が無いから、ある意味仕方ない。 英語教育の資格を持って居ると、NOVAではなくて、もっと高い、上等な英会話学校へ採用されるそうです。 それは学歴出たばかりの若者には永住ビザを出さないが、職歴も学歴も金も仕事もある奴には瞬間でビザを出す(hi)ZL移民局の姿勢と同じで、まぁ世の中、そういうものだねぇ。

さて、英会話をもっとも安く習うには、、、「英国人の恋人でも作りなさい」だが、既婚者はそうも行かないから、アマチュア無線はいかが? 世界中で自分のクソ下手な英語を聞いているやつが居ると思うと、冷や汗で、いやでも上手くなりますよ。

PGJの英語はゴミですが、まったく英語投資をしていないので「まぁこんなもの」です。hi 

2007/4/12

公定歩合 また上がるぞ 7.75%  ニュージーランドとほほニュース

ニュージーランドの公定歩合金利が又上がるぞー。 だそうだ。
ニュージーランドの庶民が蓄財をしないで借金をしてまで金を使いまくるので、「蓄財をしようとする気にさせてやる」という政府の方針だそうです。
なにしろ外貨を集めるだけ集めてしまったこの高金利。 投資(=借金)を返す当てはなくZLバブル崩壊寸前といわれて早2年。 崩壊するのはいつだろうね?

外貨預金でNZ$に投資している人は火傷しないうちに引き上げることですな。

2007/4/8

日本のスパイ   アマチュア無線

大昔、「私は日本のスパイだった」というNHK特集がありました。 スペインでのスパイ活動をしていたスペインの爺様とそれを指揮していた日本の爺様がそれぞれ思い出語りをするという番組でした。

なんとまぁ。。。。そんなスパイがヘイスティングスにも居たという話をハムが聞きかじったという話が新聞に載ったから驚きです。 
そんな記事がホークスベイトゥデイに載っています。

ホークスベイ地区にお住まいの方々はご存知のとおり、この新聞はゴミネタが多く、笑わせてくれる新聞なので真偽のほどは???ですが。。。 

しかし、本当に帝国海軍はVK、ZLまで行くつもりだったのでしょうかね。「行け行けどんどん」で、やる気だったのでしょうかねぇ。
前のバブルでも「行け行けどんどん」でボロ負けした日本ですから、これは国民性か? 今度の平成バブルはうまく乗り切って欲しいものです。

ところで、日本への「進駐軍」って、「post-war J Force」って言うんですね。
勉強になりました。

2007/4/7


MR-S(ZLではMR2-Spyder)が受注終了になりましたね。
1月から、時々ディーラーに行って世間話していたものの、どうにも日本仕様のMR-Sに今ひとつ踏ん切りが付かずに、棚上げしていたのです。 ところが、今日、近所でやたらとスタイルのいいシンプルな前後スポーツバンパーを付けているMR-Sを見かけ、XYLと「あれ、良いねぇ」と言っていた矢先でした。
ま、MR2spyderの思い出はZLの思い出の中に封印されたというわけです。

クリックすると元のサイズで表示します


写真はトンガリロナショナルパークにて。 まだ痩せていたなhi
タグ: おしまい

2007/4/6

御殿場地ビール  日本食べ歩き

かれこれ開業12年の静岡県御殿場市の地ビールに先日いってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

感想。 
開業当初の、「ひどく品質のバラついたトホホなお安いビール」は無くなっていました。 単純に「あ、おいしい」と思えるお味でございましたよ。
キリンの技術が入ったからではないかという噂がありますが、どうなんですかね。

つまみのメニューが実に情けないのは米久様にがんばっていただくとして(諸先輩方何とかしてください)。 近所に寄ったらビールだけ買いによる価値はあるかな?と思います。

一大歓楽地で、酔っ払いの山。 近所で飲酒運転の検問やったら何人捕まるか?
山梨のワイナリーのようにドライバー確認もしないし、そういうところが今ひとつルーラルですなぁ。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ