ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2006/2/28


クリックすると元のサイズで表示します
笠間の陶器のギャラリーでXYL曰く「これは良い。と思うものはこういう店に来ないと売っていない。 しかし、こういう店は無意味に値段が高い」
はい、そのとおり。 こちらの40cmの招き猫、値7万5千円でございます。
そりゃー高すぎる。

クリックすると元のサイズで表示します


2006/2/27


「昔、『これは素晴らしい』と思いながら買ったガラス器が、今よくよく見ると『なんで、こんなガラクタ買ってしまったのだろうと思う事がよくある』んだよね」とは、私の上司のガラス器に関するお言葉。

そうなんですよねぇ。 私も1980年代に初めてOZに長期出張したころに購入したガラス器がありますが、ま、率直に言って「思い出は100万ドルだけど工芸品としてはガラクタ」なものが多い。

日曜日にJA1の笠間へ陶器を見に行ってきました。茨城県の笠間はお稲荷さんと焼き物で有名な土地です。 その昔、日本で暮らしていたころにはPGJの予算の外で見もしなかった作品を見る機会を得ました。

笠間ならぬ、東京23区内で生産されているこの切子(江戸切子は着色しない説もあるが)。 お見事な精密なカットです。

クリックすると元のサイズで表示します


これを見ると、今まで使っていた硝子のぐい飲みがガラクタに見える。
冒頭のわが上司曰く、「目が肥えて来て良し悪しがわかるようになるんだよね」。 まったくそのとおり。

高速道路が開通して都心からでも笠間まで2時間前後。 隣の益子と合わせて、焼き物や硝子物が好きな人には良い観光地です。 ついでに筑波山でUHFの移動運用をしても楽しいのでは? 

2006/2/26


昔勤めていた東京の某外資系で、よその会社と事業統合をするとかで派遣され来た技術部長が酒乱で困った。

その男の出向もとの役員連中が「あれは酒乱だから気をつけろ」。。
確かに酒乱でした。 
その左党さん、今なら会社の倫理規定や従業員保護規定に引っかかってクビだろうけど、当時は(今も前時代的会社では?)そんな人でも仕事ができていたのです。
酒でコンプライアンス違反というリスクを考えない会社も太っ腹。

酒乱は脳の病気だから、病院に行って治さなくてはいけません。 そんな者を厄介払いによその会社に出すなよ。 
案の定、自分の病気も治せない者に、組織を治す能力があるわけも無く、プロジェクトは大頓挫で本当にひどい目にあった。

うつ病や統合失調症など、脳の病気の人が増えているそうです。 本人の能力や精神力の問題ではなく、単に脳の回路が壊れているだけですから、薬でかなり改善するそうです。 酒乱も薬で治らないのかね?



2006/2/26

保存料無添加  日本の「やれやれ」な話題

スーパーマーケットの店頭で見たのですが、保存料無添加のウインナーがずいぶん出回っているのですね。 あんなところで売られているクソ不味いウインナーソーセージを買う気はしないので気づかなかったのですが、いつの間に?

大手食肉加工メーカーは工場の衛生度を激しく向上させて、保存料なしでも流通できるようにしたのですね。 ご立派。

しかし、流通業界や一般消費者は基本的に素人さんの文科系。 保存料なし発色剤なしの食肉製品の怖さを知らん。

で、保存料添加製品と同じ扱いをする。。。 どこのスーパーマーケットでショウケースの温度4℃以下に制御できているんだ?

乳肉製品の保存温度は4度以下というのが世界の常識です。


2006/2/25

ご挨拶と言えば  日本の「やれやれ」な話題

RSSでこのWEBLOGを引っ張って延々さらしている人が居るのですが。
ご挨拶が無いんだよねぇ。 何考えているんだか?あなたです。蒲郡の人。


7年ぶりに日本で仕事をしてみて驚くこと。
挨拶のできない人が激増している。
自分の仕事と直接関係の無い人に挨拶をしない人。 すごいのになると目を合わせて「おはよう」を言っても返事がかえってこない人までいる。 

みず知らずの人同士でも散歩のすれ違いで挨拶を交わすニュージーランドから帰ってきた私らには、それらの人々は違和感の塊です。

私が外国ボケなのか、それらの人々の衣食が足りなくて礼節をわきまえないのか? それとも彼らが単に脳の病気なのか?
これがわからん。 

2006/2/24


RSSでこのWEBLOGを引っ張って延々さらしている人が居るのですが。
ご挨拶が無いんだよねぇ。 何考えているんだか?

あなたです。蒲郡の人。


2006/2/22


北里柴三郎先生は北里大学の「学祖」と言うことになっております。
今日のNHKの歴史番組は、その北里柴三郎の伝染病予防法の物語。
ドイツで6年間研究し成果を挙げて帰ってきたけれど、東大でとぐろを巻くしか能のない教授どもに追われて、日本での研究拠点をなくすところだった と言う話は省かれておりました。
その危機を救ったのが福沢諭吉。
というわけで北里大学は慶応出身の先生が多い時代があったもんです。(今は知らない)

東大の先生たちの毛色の違う研究者へのいじめは相変わらずすごくて、先日も多比等先生が「論文でっち上げだ」とつるし上げられていましたが、この先生は高専出なんだよねぇ確か。 
海外の研究機関などで成果を出せず、東大でしか生活できない先生や東大閥でしか仕事のできない無能な人の結束って、ご立派だからねぇ。 特に東大以外の出身の先生や研究者へのイジメは苛烈。

多比等先生もデータに自信がなくなった時点で、「追試験したら再現できませんでした。 どうもあれは失敗だったみたいです」と論文を出したらそれでOKだったのにね。 科学の世界では、格好悪いけど失敗も1データとして扱われるからです。 

しかしまぁ、無能な人ほど群れたがるのよねぇ。
記憶力と判断力は別の次元の能力と言うことでした。

2006/2/20


A3のリモコンキーがドイツから届いたので来てください とヤナセから電話があったので週末に出かけてきました。
XYLのビートルがネーピアでリモコンキーの修理に入ったときは1個のリモコンに半日かかったけど、日本のヤナセは30分で2個直した。
日本人はえらいもんだ。

待っていると担当営業が出てきて、「すいません」と言う。
「工業品だから壊れることもあるでしょ。怪我したわけでもないから笑い話で終わりだよ」
と話していると、
「じつは、そうではないお客さんが増えていまして」
「こんな故障見たこと無い」とブチキレるのだそうで。
故障の無い車に乗りたかったらカローラにしなさい。
生産台数の少ない工業製品は故障率が高いのは工業品の宿命だよねぇ。

それに「こんな故障見たこと無い!」って あなた。
一人の人がそんなしょっちゅう故障に当たるようでは、市場全体での故障数はものすごい数になりメーカーが修理代でつぶれます。

一方、日本でしか苦情にならない症状と言うのもあるんですよ。
これは車だけではなくて食品でも「こんなもの本国では苦情にならない」と言われることの多いこと!
車の輸入業者も、そんな苦情には付き合いきれなくて、で、本国工場に請求できない修理調整費が販売価格に上乗せされて値段が上がるんだろうなぁ。

BMWとかニュービートルとか、世界標準とはかけ離れた高値で売られている車はそういう苦情が多いのだろうと思ったりしています。

2006/2/19

値段でしか物を語れない人々  日本の「やれやれ」な話題

ファミレスが貧困層の定食屋に成り下がったと言う話はしましたが、今日、XYLと近所のスーパーマーケット7&Iに買い物に出かけて、生鮮品を眺めていたXYL曰く「安くて悪い」。 
ジャガイモに近接照明をしてエグイ芋を作っている店ですから、7&I本部の生鮮担当は、きっと電卓しかいじったことのない経済出身者なのだろうけれど、それにしても魅力がない。
(近接照明でジャガイモが毒芋になる話はこちら。)

ダイエーが中内氏の関西風の丼勘定でつぶれるいぜんに、生鮮品の購買物流が硬直化してつぶれたのだと言う説がありました。(どこで読んだかは忘れたけれど)
今の7&IのCEOはデータと電卓でイトーヨーカドーをあそこまで大きくしたけれど、もしかしたら電卓しか見ていないのかもしれない。
生鮮食品の理屈を理解せず親分同様電卓片手にしか生鮮品を見ていない人が担当しているかな?
となると、こちらもファミレス同様貧困層向けの小売業に成り果てて「仰のけにコケル」のは近いかもしれない。
少し高くても良いから「まともな」物が食べたいと思う消費者は7&Iの様なスーパーからどんどん離れていくだろう。

ところで、会社の同僚によると食品スーパーで一番FBなのはイオン系列だそうな。 我が家の近所のイオン系はクレジットカードが使えないので利用したことがない(この物騒な首都圏で現金などもって暮らせるものか!)けれど、そういえば、思い当たる節がある。
加工食品でも食品衛生法にすら合致していないと思われる物が棚に見られるのが7&I。 一方、バイヤーが全員食品衛生の講義を受けて、輸入食品にかかわる苦情を激減したのがイオン系。 

日本のメーカーは「品質」が企業の生命線だと骨身に沁みているけれど、流通業の方々は口で「品質」を声高に言うわりに食品衛生や品質技術を理解している人は少ないですね。 流通業界の品質技術者の底の浅さ、人材の不足はものすごいものがあります。 なにしろただでさえ安いメーカーの技術者の給料よりまだ安いのだから、良い人材は集まりにくく「推して知るべし」な有様。

やれやれ、どこへ行くのか日本の食品小売業。

2006/2/18

食品デフレ  日本食べ歩き

安かろう悪かろう
当たり前です。 特に食品の世界では安くておいしいものはありえない。
「安い」と「美味しい」が同じ意味の人がいますが、そういう舌が馬鹿な人はうっちゃっておいて。

今から20年くらい前。 XYLと私がオートバイでよろよろツーリングで出かけた帰りにご愛用だったのはリンガーハットのちゃんぽん。
当時いくらしたか? 一杯700円位したか?
ささやかな贅沢だった。

XYLの「日本に帰ったら食べてみたい食事」のひとつにリンガーハットのちゃんぽんがありまして、、、、
今日、通りかかった道沿いに見つけて入ってみました。
驚き!!!!
400円でおつりがくる。 製造コストは上がる一方で値段が半額ちかい。 そりゃー中身は貧相だ。
「初恋のあなたに会わなきゃ良かった同窓会」ののりだね。

クリックすると元のサイズで表示します

米国ではファミリーレストランが貧困層向けの外食産業に成り果てたと言う事実があります。 そして、日本で営業しているファミレス、つまり上記のちゃんぽん屋、ハンバーガーチェーン、俗に日本で言うファミレス各社すべてがどうも客単価激安の店になっているのを見ると、まさにアメリカの食文化を追随している感じ。 

外食産業の原料原価は売り値の1/3以下。 1000円のランチは原価300円。 お母さん。 300円でスーパーで食材買ってきて何が作れる?


2006/2/18

アールデコウィークエンド  観光物見遊山

さぁ 今日はネーピアのアールデコウィークエンドだ。
みんな、Napierへ行こう!
私は明日は仕事だから、今日は買い物で忙しくていけません。

2006/2/17

またまた壊れたリモコンキー  クルマ/バイク/乗り物

アウディーとフォルクスワーゲンはおんなじ会社なのはご存知のとおり。
で、部品もおんなじ。
で、似たような故障が出るhi
XYLが2000年にニュービートルを買ったときに、いきなり新品故障でリモコンキーが1つ動作しなかった。
まさに同じ形式の私のA3のキーは納車1ヶ月目で動作不良。
ヤナセに行ったら、「初期化もできませんから新品交換です。ドイツからとりますから3週間ください」だそうで。

さすがドイツ車、くだらない故障は漏れなくついてくる。
そうそう、フォグランプには水が溜まっております。
アルファロメオのようにガソリンで水芸はしないけれど(コワ)

外資系に10年以上勤めていると、白人にろくなものができるわけないというのは骨身にしみてわかるようになるのですが、それでもアウディーなんか買ってしまうのは。。。。
ミニバンなんかに乗りたくねー! と まともな営業だせー!
が原因なのさ。

その他のクワトロの話はこちら

2006/2/16

えびー  日本での食生活

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


日本は海老が豊富に手に入りますね。
ZLにいたころはなかなか良いサイズと味の海老に会えなかったものです。
その反動で今、XYLは海老料理の嵐。
エンゲル係数がすごいことになっている。二人で一月食費が10万円を超えちゃったhi

日本ではいい食材が手に入りやすいですが、住んでいる町ではなかなか手に入らない。 (ご近所は住宅ローン赤レンジャーが多い。) そこでどうしても高めのデパ地下依存になるので、エンゲル係数が高くなると言うわけで。。。。

ま、日本食買いに往復1000Kmを日帰りしたころに比べれば、食費は減っているのですがね。hi

2006/2/15


私のPCはZLで買ったHPのデスクトップですが、英語WinXPで日本語環境を動かすせいか動作不良多発。
そこでインターネットエクスプローラー7をインストールしてみました。
さすがベータ版。 固まる固まるhi。
まぁIE6よりマシではあります。


2006/2/14

買い物号の候補  クルマ/バイク/乗り物

XYLがZLからJAに帰ってくるときに「日本に帰ったら買うんだ!」と言っていたのが、こちら。

クリックすると元のサイズで表示します


残念ながら廃版さー。

と言うわけで、近所中のディーラーの営業さんたちを不幸にしながらXYLの車探しは続くのでした。
営業さんへヒント。
7L2PGKは「清貧は好きですが、貧乏くさいのは大嫌いです」。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ