ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2005/6/30


クリックすると元のサイズで表示します


日本でハイオクといえばオクタン価100。
ZLでは、100なんて未だに上陸していません。 私が99年にZLに来た頃のハイオクといえばオクタン価96。 私の車は100オクタンの設計だから96オクタンのハイオクでは3000回転くらいで踏み込むとノッキングするのです。
21世紀に入ってやっと都市部に98オクタンが出回り始めました。 ところがホークスベイやギズボーンではつい最近まで、あいもかわらず96オクタンでした。 これがやっと98がここいらでも発売開始になりました。 スタンドではノズルの仰々しいデコレーションをして「98!すごいだろ。」と大威張りです。 

のどかですなぁ。 

2005/6/28


休暇をとりまして今週は家でボケーっとしております。

SKDQSOのご用命でもありましたら、お申し付けください。

2005/6/27

手を洗う事の難しさ  更新履歴

日本人はきれい好き。 抗菌商品は未だに人気。 
でもね。 実は殆どの人は満足に手を洗うことさえできていないのです。

で、そんな手洗いについての話題を「話の種」に載せました。
こちらからどうぞ

2005/6/25

タイ料理  外国暮らしの食生活


私は本物のタイ料理と偽物の区別が出来ます。
私の胃が痛くなって最悪下痢までする場合は本物。 
2度ばかり、タイの魚缶詰工場に工場検査に出かけて、タイ料理を美味しくいただきましたが、体が受け付けず2度ともひどい目に会いました。
以来、タイ以外の国でも、本物のタイ料理を食べるとピーピー。
たぶん油脂でしょうね。

さて、今晩の晩御飯はXYLがトムヤンスープを作りました。 トムヤンクンといえば最も人口に膾炙したタイ料理のひとつですから、ZLでもワッティーやキャンベルの缶詰や、アジアンホームグルメの粉などいろいろな形で簡単トムヤンのもとが売られています。

これがどれも、西洋人向けの味付けなのでアミノ酸の味がまるで足りない。 われらアジア人が美味しく感じる為には、味の素は云うに及ばず、フィッシュストック等で味を変えないとどうにもなりません。

我が家では、味の素のほかにユウキ食品の魚醤ナンプラーを数滴入れます。 こうするといきなり日本人の舌にマッチする素晴らしい味になります。

このユウキのナンプラーは、本当に小さな小瓶ですから、在外邦人のお友達へのお土産には良いですよ。きっと。

2005/6/24

1st アフリカコンファーム!  アマチュア無線

ZLからアフリカはまさに暗黒大陸。
けっこうなDXerでも、アフリカが聞こえていると「アフリカ!」と電話してくる。
なにしろアフリカ各局は先進国各国の方向にビームを振っているからZLはまるでサイド。 届かない聞こえない。
今日、おととしPSKでQSOしたアルジェリアのカードがダイレクトで帰ってきた。 SASEを送って20ヶ月。 なぜかカビだらけで届いた。

クリックすると元のサイズで表示します


何はともあれ乾杯。 とOZのカールスバーグを出してきたらラベルが違っている。 
よくよく見るといままではOZ直輸入だったのがZLライセンス生産品になっていた。 飲んでみた。 あーあ。 これで美味しく飲めるビールがまた減った。。。。

2005/6/22

刺繍  更新履歴

我が家の刺繍好きな話を下手の横好きのページに載せました。
こちら

2005/6/22

背景  更新履歴

ホームページの背景を変えました。 江戸後期の絹本着色の部分拡大ですが、題材がなんだか、この人物が誰だかが不明。
体裁については、3連の軸物だった説や屏風切り取り説が出ております。

ご存知の方、教えてください。

2005/6/21

冬至のかぼちゃ  外国暮らしの食生活

今日は冬至。
かぼちゃをいただきました。
品種はアジヘイですね。旨かったですよ。

しかし、 真夏にかぼちゃを食って旨いのか>日本の人々。


クリックすると元のサイズで表示します



神奈川県の農業試験場でその昔、冬至に収穫できるかぼちゃを開発した。 でもね、かぼちゃは平気で2ヶ月とか持つのよ。

あれは、無駄な開発だと思うなぁ。

2005/6/21

刺繍  ちょっと一言

刺繍が仕上がりました。
3万針。 時間にして丸2週間、延べ80時間かかりました。 

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



パズルと一緒で結構頭を使います。
ボケ防止にいいかも。
60時間目までは、一体なんだか絵にならず途方にくれていたのが、それを越えると見る見る絵に見えるようになってきました。
面白かった。

昨晩からはP51ムスタングを刺しております。

2005/6/19

味の感じ方  外国暮らしの食生活

昨日の晩御飯はワンタンでした。
ワンタンといえば「史上最高に旨かったワンタンはDLのコプレンツで食べた物だねぇ」と、我が家の食卓の話題に出ます。
OZに仕事で行っていた際、大学が夏休みで遊びに来たXYLとユーレイルパスを使ってOZからDLへ観光旅行に出たのです。 その際にモーゼル川下りを楽しんだ後に泊まったのが、ライン川とモーゼル川の合流点コプレンツ。
あのホテルの近所にあった中華料理屋のワンタンは旨かった。

「単にアミノ酸に飢えていたのよね」とはXYLの説ですが、まさにその通り。 OZ暮らしで、毎日ソーセージと焼肉で暮らしていても苦にならなかった若かりし時代でしたが、やはり日本の味=発酵食品の味=アミノ酸の味に飢えていたんですね。

日本を含め東アジアの食文化は、魚や野菜、穀物の蛋白を醗酵させた主として植物由来のアミノ酸にした味が基本。 油脂や乳蛋白を醗酵させた味が基本の西洋の味覚とは大きく異なります。 それに日本には昆布を食べる習慣もありますし。

日本人は特にアミノ酸漬けの生活を千年以上続けてきたので脳みそのアミノ酸対する受容体が他の人種比べて発達しています。 ある意味、外国人には和食の真の旨さは生理的にわからないのですね。

それでも。 私の友人で、OZに住むおばちゃん。 日本食を捨てきれず、とうとう旦那も近所の皆にも日本食をしこんでしまいました。 OZの田舎で、箸を使って味噌汁とご飯を食べてるデンマークの人々を見たときは笑ってしまいました。


2005/6/17


このブログは使用料無料なので、代わりにささやかな広告がサイドメニューに出ます。 しかし、誰が考えたんだか賢い仕組みですよねぇ。
ブログに泥棒ねたや治安ねたをのせた途端に、防犯装置の広告が出るようになりました。
食べ物ねた、ニュージーランドねたが多いときは、食品の広告や、国際結婚の広告でした。

ところで国際結婚の斡旋が商売になる事が何とも不思議。
タイ人じゃないと愛せないとか、スコットランド人じゃないとイヤ。 と云う人が居るんですねぇ。 
「東大だったら理1でも理3でもかまわない」とか、「早稲田だったら何学部でもいい」という人が未だに居るのが驚きだけど、それと同じレベルですね。 私には理解不能。 
普通、「何何の学問をやりたい、ついては、その中で面白そうなのはA大、B大、C大。 さてどこへ行くか」でしょう。
人間だって「たまたま伴侶にしようと思った相手が外国人だった」というのはわかるけど(周りに結構いるし)。。。。

しかし「白人男性と結婚する事を映画スターと結婚するかのように思っている多くのアジア出身女性がDVの犠牲になっている。」 なんていう記事がこっちの新聞にも出ましたから、日本を含めて世界中にはどうもワケワカラン人々がまだたくさん生息しておるようです。 

2005/6/16


私の同僚達。 オークランドへ商用で車で出かけた。
晩飯を食べて出てきたら、窓ガラスぶち破られてPCから服から、サンプルから一切合財盗まれていた。
結構人通りもあったようですが、南オークランドはかなり危ないようですね。 しかし、別の同僚曰く「あのあたりで荷物を後部座席に置いておけばウインドーショッピング開催中だよなぁ」

ZLへ観光される際は充分お気をつけください。

2005/6/15


ニュージーランドの駐カナダ領事が「マオリはお互いにぶん殴りあって食い合っていたじゃねーか」「アジア人はろくでもないことしてやがる」と発言して大騒ぎ。

当人は早々お詫びをしましたが、労働党政権も選挙を控えて頭が痛かろう。

アジア人がどれだけ悪いかと云うと、確かにアジア系移民の犯罪は増えているから(最近の話題は中国人同士の抗争や誘拐)まぁ事実だろう。
マオリが、ニューギニア周辺の先住民同様食人種だったのも事実。 
(ただし博物館に行ってもその事実はお目にかかれない。触ってはいけない過去と云うわけ。 キャプテンクックの航海記を見れば書いてあるのだが。)

殆どの白人が、アジア人とマオリにたいしてそう思っているのだけど口に出してはいけない反則技だったというわけでした。

2005/6/13


昨今の食品工場では、食品に直接触れることを避けるために、衛生手袋を使う事が多いですね。 手には万の単位で細菌等の微生物がへばり付いていますから、衛生手袋は食品を微生物汚染から守る為に有効な手段です。 手をまともに洗う事がいかに難しいかは、「話の種」の来月号に廻すとして。

かなり前から、この手袋をケーキ店や惣菜店などが店頭でも使い出しました。 これまた結構な事です。 使い方が正しければ。。。

この衛生手袋使用の基本は「食品以外触らない」。 食品以外で触ってよい物は「食品に触れることを念頭に洗浄消毒された道具、容器」。
ケーキ屋を例にして言えば、
ケーキを作る作業している際の材料、
ミキサー、へら、ボウル、ナイフの類、
だけです。

冷蔵庫の扉は、他の人が素手で触る事も有ります。 厨房の扉も業者さんが「毎度アリー」と良いながら、さっきまで車のハンドルを握っていた手で開けてきます。  それらの取っ手は皆、普通に汚染されています。  そんなところを衛生手袋で触れば手袋は汚染され、「全く無意味」になります。

衛生手袋をして商品を箱詰めしたあと、そのままお会計。 その手袋を捨てずに、また食品を直接触る作業に戻っていたリするお店が山ほど有ります。
このひどい例が、実はたくさん見られるのが日本です。 
調理師、栄養士に微生物や食品衛生の基礎が、まるで出来ていない人々を少なからず見る事が出来ます。
衛生手袋をしていれば、手は未来永劫無菌になっていると信じている人が本当に居ます。 

何かをつけていれば大丈夫と考えてしまうのは「お守り」文化なのでしょうか? ところで「お守り」は英語でCharm。 東照宮にアメリカ人を連れて行った際に知ったのでした。 チャームナップはそういう意味か と妙に納得。

ま 詳しくはこちら

2005/6/12

生き残りの紅葉  ちょっと一言

今日の午前中はクレー射撃に出かけていました。
収穫シーズン中は忙しくて行けず、半年振りに参加しました。

あたらねー。
日本で撃っていたときも、ドブさらいな腕前だったけれど、今日は的中率6割と言う酷い有様。

帰りがけに、紅葉が残って居るのを見つけました。

美しい風景はZLの自慢できる数少ないものの一つですよ。 これが全て散ってしまうと、長く退屈な冬が始まります。 
コンデションも悪いし。 いったい何をしてすごすのだぁ。


クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ