ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2011/2/14

冬季にはすべり止めを。  クルマ/バイク/乗り物

「週末は首都圏は大雪です。」

と騒がれた割にはたいしたことも無く。 
天気予報で騒がれたので出足が激減で、道路ガラガラ。 と言う訳でドライブに出かけました。

が、つくづく頓馬な方はいるようで、夏用タイヤで富士五湖周辺や箱根にやってきて亀の子になっていたり、いきなり三角停止表示板も無く真っ暗な路肩に車を停め、黒い防寒着で体を道路にはみ出させて慣れぬ手つきでチェーン巻きをしていたり。。。
迷惑だし、死にたいのか?と思わずにはいられない。

さて、あまりにもたいしたことない雪だったので雪景色を眺めに こんなルートを走ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します

ちなみにこのFFセダン。 この先の13%の下り坂でダーツの矢になり、フォグランプを2つともぶち割っておりました。
さらにその先にはレッカーされていく三菱のAWDが。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します雪道慣れてない人って、とんでもないことするねぇ。 クワトロも登り坂ではグリップ感ばっちりですが下り坂で無理するとただの鉄の塊。 

昨今のドライバーは電子姿勢制御の車で運転を覚えるから自分の限界と車の限界の区別がつかなくなるのね。

この日のジムニー、ほぼFRで走っておりました。 良いスタッドレスタイヤを履いていればこの程度の雪道をのんびり走る分には4WDは要りません。 カーブの続く13%の坂を登るのには必要だったかもね



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ