ZL2PGJはニュージーランドに住んでい「た」日本人のハムです。 

ニュージーランドと日本でのハムライフ、食生活、ガーデニングから、仕事の愚痴まで色々。 殆ど意味の無い事をズラズラと書いてあります。 
意味のあることはホームページを見てください。hi 
リンク>> ホームページ自己紹介ギズボーン地方の話 メールを送る「話の種」「食品工業の失敗学」過去の記事をすべて読む

2010/4/30

常識を疑え  話の種 ミニ

よく考古学資料館や郷土資料館で古代集落の稲刈りの様子の絵やジオラマがあったりしますが、稲の丈がどれも今の水稲と同じ。 例えばこちら

下の写真は馬事公苑の隣、東京農業大学の博物館に展示してある稲。
右端が古代の黒米や赤米。
左に行くほど現代で、コシヒカリは左から3つ目か4つ目あたり。

クリックすると元のサイズで表示します

つまり、古代の稲刈りは今でいうとトウモロコシ刈りと似たような風景だったのではないかと。
稲は腰をかがめて刈るもの とは限らないというわけで。

文系考古学者だけで現代の考古学はできないという一例でした。 
背が高いとは知っていましたがここまで高いとはねぇ。 へー!でした。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ