2019/12/12

(無題)  



   ★   ★   ★   ★   ★   ★     ★

     ★  ★   ★   ★   ★   ★    ★

       ★  ★   ★   ★   ★   ★  
 
     
             社員こそ最高の

              ブランドだ!

       ★  ★   ★   ★   ★   ★ 

      ★  ★   ★   ★    ★   ★    ★ 

    ★   ★   ★   ★    ★   ★    ★

 

2019/12/10

戦場(船上)  

 



 会社は戦場(船上)

「社員は社長の作った泥船にのり
社長と一緒に心中する者は誰も居ない。」

当たり前だ=c(俺だってヤダ)

最近思う事は、
「社員が作った頑丈な船に私が乗らせてもらっている、そして、たまたま指揮官を任されただけなのだ」と…

 その中で、いかに会社と言う船上(戦場)で効率の良い配置を取っていくか!
これは終わりなき永遠の任務だ。


 よく組織は「2:6:2の法則」であると言われています。
 (※2:6:2の法則→蟻の法則等です)

 最初の2は必ず出来ると定義されて、

中国、老子の人生論に「無用の用」という言葉があるように
 正に組織もこの「無用の用」なのか。


      ☆


 それであれば
 最初の2はいじれない、しかし

 「2:5:3」か「2:4:4」にすることを考える

 どれも足すと10になるが、掛け算は違う

 ・2×6×2=24

 ・2×5×3=30

 ・2×4×4=32

 6のグループから僅かでも上に上げる事がこんなに違うのかと関心している昨今だ

 来期も全員に「移動があるからな」と伝えている。
 ひとり一人の成長の為に…!!
 


     ☆


 終わりのない航海の船長のようなものです。
   嵐を避けて、社員とその家族を安全に旅をさせる

    それが社長の仕事。+








2019/12/6

オーバー・アチーブ  

遂に師走だ。
 早ゃ〜!!

 泣いても笑っても後4週間…
それなら、笑って年末を迎えたいものだ、自分でも来期の目標を掲げるのとあわせて、年内の処理をしていかなければならない。。

 会社的には、3月が一年の〆であるから今月を入れてあと3分の14カ月残っています。関東も東北も目標が高いだけに最後の追い込みに余念がない!!


     ☆


前もブログで書いた事があるが「オーバー・アチーブ」について
オーバー・アチーブは簡単に説明すると、
報酬をこえた労働(奉仕)∞能力を超えた成果の達成≠ナす。

ビジネスは双方の承諾と契約で成り立っています。

頼む方も頼まれる方も、また、払う方も貰う方も常にフィフテーフィフテーの中で成立する取引です。

しかしそのフィフテーフィフテーの中にはこの金額だからこんなものだ∞こんなものだからこの金額なのだ≠ニ、あからさまに思う事が多く感じられる。

 A社とB社があって、同じ規模にて同じ作業内容で同じ金額なら、どちらお選ぶかは、それは
「欲」「意」「情」「心」「感」と気持ち的に感じられる方にお願いするものです。

 忙しいけど「しょうがない やってやる」と、言う所に頼むか!
 チョット遅れるけど「やらせて頂きます」と、言う所に頼むか!
こちらは、双方に支払いをし感謝もしますが、気持ちよく「ありがとうございます」と言えるのは後者の方です。

 私的には…
このオーバー・アチーブこそ企業の成長に於いても個人の成長においても全てに言えることだと思っています。


 
 個人においても会社の中では雇用契約がありそこには「義務」と「権利」があります。
当然社員達はあらゆる権利で守られています。
 権利だけを主張する者もおりますが、
やはり
 伸びている社員は常にポテンシャルが高いオーバー・アチーブが感じられる者です。

オーバーアチーブこそ人間を人間たらしめている趨向性であり本人の伸びる一番の要素となっている。

個人面談も終わり
これは役員の中でも意見は一致です。
 


成長意欲は言葉となり、

 言葉は行動となり、

  行動は習慣となり、

   習慣は人格となり、

    人格は運命となる。








 ※

2019/12/5

師走です。  





東神楽町の十字街に、弊社でイルミネーションを取り付けしました。
 「かぐらっき〜」と「飛行機」をデザインしましたが
 いざ付けてみるとチョット小さかったかも!!

  クリックすると元のサイズで表示します

殆ど部長と昭ちゃんと専務がやってくれました。




              ☆


作った本人たちも公表しないのであえて載せます。
 今年のXmasツリーバージョンです。
 クリックすると元のサイズで表示します

 作/I-DE

2019/11/30

イノベーションとM&A B  

 
上善は水の如し

この言葉は「老子」の名言である。


人生の生き方からビジネス語録として多く語られている。
水はしなやかでいて途轍もない破壊力をもっている。


M&Aにおいても
 この水の動きが一番の例えだと思われます。


水は硬いものを穿つ強さも持ち合わせ、
しかも、重なる量(例えが悪いが、堤防の破壊力も)は進む方向も替える事が出来ない途轍もない力が合わさります

 ナンバーワンになるには量は必要なのです。


更にシステムや社員待遇は必ず、水の様に高いとろから低い所に流れる、社員の給料待遇であればどちらかの良い方に合わすのが本骨頂ならば、合併によって低いとこの会社は社員に喜ばれる

その結果→モチベーションUPになるはずです。


  ☆


会社と言うものは必ず劣化します。

キャパが大きいからとか人数が多いとか社歴があるからとは全然関係ありません。

黙っていると、社歴は1年ごとつきますが、平均年齢は必ず1つあがり、上がるたびに劣化していきます。これは目に見えるものでは無いが、気が付いた時は既に遅しとなる。

また、M&Aは双方に力だある時でないとダメです。
 例えば…
 1,1×1.2=は1.32となりプラスになりますが
 0.8×0.9=は0.72と今よりも小さくなってしまいます。

そうならない為に
 イノベーションをしていかなければなりません。




2019/11/23

🐒 人  財  




イノベーションM&Aの続きは次回にして…
これはその付録として…

今日23日は「勤労感謝の日」
 祝日にも関わらず、GFスタッフは全員出社にて、現場に出動!!
この時期だけに、天候の良い日は貴重な施工日和

 祝日にも出てくれる社員に社長が感謝≠オなければならない
 「勤労社員に感謝する日」ですね。




常務のブログにも有ったが
 今月はびっちりとZOO(🦍🦁🐘🐒)の現場に着手している。
某売店の全面改装だけに長期間での施工はリスクもあり大変だが、学ぶところも多いにある。

ここ何日かは少し手伝いに入っているが、
私の仕事は、寒い中頑張っている社員に温かい飯を食べさせてやるくらいが関の山


 昼には近くのラーメン屋には何回かは連れて行っている。

 先日も、10人程連れて食事をしました。

 するとそこのオーナーらしき人が私が…

 →「いつもありがとうございます。」
  →「こんなに若い人たち連れて何やっているんですか?」

 ←「あぁ〜動物園の現場に入っているから」
  
   ?と答えたが…
 確かに此奴らの格好を見ると作業員それも土方と言った方が適格
    そして、この日は、萌、悠之〇、トゥンも加わり…
     本当に若者達での作業でした。
 
 1件の店に、ぞろぞろと10人が入り、若者達(金髪もアリ)ばっかりなので、遊びなのか?仕事なのか?と…
   一般的に見ると異常な光景なのかもしれない。(特に土木作業員は高年齢が多いはず)

   ☆

弊社はこの若者たちが、人財(🦍🦁🐘🐒)で財産、

 正に付加価値なのだ。

 今日も出てくれてありがとう、

  今日はみんなで高級レストランでも行きますか!?

 


    




 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ