2019/7/31

お前たちよくやった!  

2020年の東京オリンピックまで
遂に1年(365日)を切った

 来年の今頃はスポーツの祭典で一色だ、
そして数字の記録とは必ず破られる(更新)ものです。



☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*


 実は、実は、
私としても(社員達もだと思うが)大変嬉しい事が…
 辛〜い、
大変だった気持ちも吹き飛ぶ…
 (オイ、勿体ぶらないで早く言え…!)

          *:。.★.。:*
       *:。.★     ★.。:*
   *:。.★           ★.。:* 
*:。.★                ★.。:*

それは
 7月に数字が更新されたことです。
目標は達成されることは分かっていましたが、
全体でここまで行くとは思っていませんでした。
単月で過去最高を更新!


*:。.★                ★.。:*
   *:。.★           ★.。:* 
       *:。.★     ★.。:*
          *:。.★.。:*


ひとつの要因としては
先ず…
営業所も、どの部署も
チームワークと連帯感一体で取り組んだ結果だと思われます。


☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*

  ∩_∩   ∩_∩
  (。・(ェ)・)  (。・(ェ)・)
┏━ωω━━━ωω━━━━┓

「お前たちよくやった!」


3日は業者様の交流会でもありますが

社内でも一寸だけ盛り上がろうではないか

  ∩_∩   ∩_∩
  (。・(ェ)・)  (。・(ェ)・)
┏━ωω━━━ωω━━━┓

☆☆「大台に乗ったお祝いに」



すいませんチョット遊んでみました。
たかがこんな物でも結構時間がかかります。
少し、脳の休息がてら…


2019/7/27

朝から運が着いている!  


朝起きた時にシーツやあっちこっちが…
んッ…と思うほど汚れている!
え〜なんだ…!と匂いを嗅ぐとクサーァ
 昨日は酒も飲んで無いし
  俺、何したんだ!?
   …?
 原因が分かった
昨晩、トイレに起きた時に、わが家の老犬の〇ンコを
足で踏んずけたようだ

 この馬鹿犬めー「お前のせーだ!」
 
と、…朝からウンが着いていた!話です。

    ★

良く世間では
「あの人は運の良い人」と耳にします。
この言葉だけで聞くと、たまたまであったり、宝くじか棚ボタの様に聞き取れますが、運のよい人は偶然で幸運に恵まれた人のことを言うのでしょうか?

私も職業柄とこの年齢で色々な人を見てきました。
一時、成功した人やリッチになった人がいましたが、それは一時であって続いてはいません。

本当に成功している人は
強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続けてきた人々であり、この人達が本当に「運の良い人たち」なのです。

「運」の良い人とは、ただ幸運に恵まれた人のことを言うのではない
幸運を手に入れようと必死になって努力をした人
その努力をした人は「運」を招きよせる力があります。
だからこそ、「運」がやってくるのだ。そこのところを私たちは、忘れな
いことだ。




そして、幸運は自分の力だけでは絶対に無理です。

運を招き寄せる力とは
  他人を引き付ける魅力です。

その様な人は、逆境にあっても愉しそうな顔をし、人生を肯定的に捉えている。

素直で謙虚な心の構えが、

  他人を引き付け=運を招き入れる力がある人です。










2019/7/20

三角▽、資格!  

京アニメの悲惨な火災にて尊い命を奪われた
 やるせない…
 悲しです。
何も罪の無いかけがいのない命が…理不尽でなりません。
 「心からご冥福を祈ります。」


…※…

先日のニュースでしたか、
石垣島のあるラーメン店が「日本人お断りします。」の張り紙に物議をかまし話題になった。

 賛否両論にて色々な意見がでていたが
私としては、経営者にもの申す!▽

 「商売とは色々なお客様がおります、その中でビジネスをしているのだから大きい気持ちをもって遣らないと、やっていけないよ」…と

一万円のコース料理を出しているんじゃないし、間口の広いたかがラーメン屋さんで
(※たかがラーメン屋とは失礼だが、どのような商売でも言えることです。)

一部のマナーが悪いお客様の為に「日本人お断り」と打ち出すのは、同じ経営者として言いますが、「それは商売をする資格はありません」

人様からお金を貰うと言う事の大変さを知らないのと、また、商売(ビジネス)の本骨頂≠経験していないのだ。


弊社でも飲食業ではないですが、色々なお客様がおります。その中でビジネスをさせて頂いているのですから、例えいやなお客様に逢っても その都度勉強と思わまければなりません。



過去の経験ですが…
「うちは長靴で来られる様な店じゃない…。」と言っていたオーナーさんがおりました。
 こんな小さな街で、何言っているの!と思った事がありましたが、案の定 跡形もなくなりました。


 食べ放題のバイキングレストランのスッタプからも「もの凄い考えられないお客様がいる!」事を聞いたことが有ります。
 幅広い窓口を開けている商売と言うものは、常に自分の気に入るお客様ばかりではありません。


 また、商売の本骨頂≠ニは…
 えっ〜なんでこの人が?!と、言う様な人がお金持ちであったり凄い人であったりします。
 だから、長靴で来るような客も
   お客様として大事にしなければなりません。




2019/6/29

驕るな!、奢るか!  

今日で6月も終わり

 エ〜もう早や!
一年の半分♂社の期で言うと四半期≠ェ終わりだ

夏至(6月21日)も終わり、これからまた、少しづつ日が短くなるのか!
如何せん…
夏に稼ぐ業種だけに、せっかち≠ノなり、自分としては体が着いていけない、なおさら気が焦る。

 ※話は余談で…
若かりしZに乗っていた頃「夏至(北海道が一番日の出が早い3時50分代)夜が一番短いのだからと宗谷岬まで朝日を見に寝ないで走った」ものだ。
 そうです、、ヤンキー(真面目な)の頃 寝るのがもったいないと言う感覚だったはず。

     ★

前のブログでも書いたが…
 営業会議にて数字で表すと、この3カ月を終了して
   まあ〜まあ〜の数字を残してきている
各営業所、部署、GFを足して
6月単月にて、過去の更新をした!

社長が悲観するほどではないが、
ただまだ、3カ月なので、安泰は出来ない。
 

ピーター・F・ドラッカーが言っている…
「驕るな。企業は社会に存在させていただいているものだ」

この言葉は、私は好きだ。

そしてこの言葉は、企業だけではなく、個人にもあらゆるモノに言える。

社会が必要としているモノはニーズがあり残れるのだ、
その為には、驕ってはいけない謙虚になって、努力していれば社会が放っておく事はない、
皆に生かされている存在だと言う事です。
だから、営業も努力をしていれば、数字は後から着いてくるものだと思っています。


最近…
数年前のお客様からリピーターとして依頼があります。
また大きな現場依頼が入ってきます。
そして、新しいクライアントさんからも入ってきます
 正に、社会が必要としてくれている¥況を感謝します。

また、それを熟してくれるスタッフに感謝だ!

「驕るな!」を肝に命じて
最高の数字を作った、くまさんチームに今日は奢ってやるか!









2019/6/25

本人の資質  

先週の土曜日に
第二回の全体営業会議がありました。

関東、東北、GFと「営業マン」と名の付くもの全員を集めての打ち合わせだ。
今までは、所長や幹部が中心でしたが、今年からは営業マンを中心とした数字を上げる
営業会議⇒何故かは、数字を作る会社の表札みたいなもで、それはひと≠セからです。

 正直言って、私の中では、ただ数字をぼわす営業は押しすすめたくありません。

ただ数字を追う作業は必ず弊害が出てきます。



 しかし、比較も伸び率も会社はあくまでも数字が中心です。

と言う事で…

営業の数字は、追うのではなく、結果 あとから着いてくるものと思っています。

そして、営業は正に「本人の資質」

成績の悪い営業マンにその理由を聞く必要は有りません。 聞いても返ってくるのは、「自社製品の弱み」や「不景気だから」という答えだけです。
しかし本当に売れない理由は、営業マン自信の中にある場合が殆どです。


人の形成に一番はコミニケーション


その為には会議よりも懇親会にお金がかかる(経理部長宜しく…)かもしれないが、、、
 教育には費用も掛かります。




結果を出すことが難しいからこそ、遣り甲斐があって楽しいのです。

何事も前向きに考える人はツキも味方にします。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/6/14

「もちろん」  





「できるか?」と、

聞かれたらいつでも真っ先に「もちろん」と答える。

その「もちろん」の中には、不安要素よりも挑戦してみたい≠ニ言う方が大きいのだろう

これは無理だなと思えることもある、それが出来るかどうかなんて全くわからない時がある。
しかし、話を聞いているうちに、逆に「このように行った方が良いのではないか」と提案出来る時がある。

それが巡り巡ってきたチャンス≠ネのだ!

当然、受けて困難な事や大変な事が多いにあるが、その挑戦する意気込みとチャンスが成長なのだ。

   ★

最近、スタッフたちが大きくなってきた。
(私が7o縮んだ話は別にして!?)

つい一時前の「あの時の〇〇の仕事から比べたら楽勝だ!」と言う
そして、
「あの時の○○の仕事」が
「あの時の○○の仕事」が…と毎年大きくなっていく

私が「もちろん」と答えられるのもスタッフ達のお陰だ

   ★


「もちろん」と答える時
お金や利益はではない、何か自分に出来ないことに挑戦す意気込みと
成しえた喜びを想像する

なぜならば、ワクワク、ドキドキすることこそ、楽しい人生につながっていくからだ

生きている限り、色々なことに挑戦し、苦労をしよう。
その方が生きている実感が大きく味わえるはずだ。

新しいことに挑戦する人生にしていこう。












teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ