2020/12/3

「陰性」&つぶやき  






健康の最後の砦が

病院なのに…

今、病院が危ない!

病院側もピリピリとひっ迫した状況

ある医院は玄関に鍵が掛かっていて

予約者でないと開けてくれない。


先日、某居酒屋店長との話しで…

通常は12月・1月(忘新年会)で

一年の3分の1 売上を作るという

「もうダメだ〜ア…」と!


前のブログで書いていた、
 
 社内全員のPCR検査の結果が来ました。

全社員「陰性」とのことで、ホット一安心!!

 だからと言って、大手を振ってと行かず…

更に、より一層一人一人が気を着けなければならない。



弊社も、今年は会社主催の行事は

全て中止にしています。

但しZestWorldは時短にて最善策にて行いますが

ある者のつぶやき

「これじゃ葬式より惨めだわ…」と

本当に…早く

このコロナ禍、なんとかならんの禍


2020/11/26

PCR検査  


日本は感染第三波に翻弄さ
医療機関も逼迫した状況にて

世界のコロナ感染者は6000万人で死者は140万人だという。

なのになのに
アメリカの株式市場が
3万ドルの最高値をつけ
日本も26000円台を推移している。
確かに国の政策やワクチン開発であっても

大学生の就職率がリーマンショック以上に最低にて
イコール経済の見通しがついていないのに
この株価はおかしいだろう。

コロナ融資や補助金にて
金が市場にジャブジャブと余っているらしい

いつまでも饗宴は続かない
薬害被害はいつも国民が被るはずだ。


”””
 弊社も企業防衛にて
出来るだけの事はしていく
社員数が居るのもそうだが、弊社だけの問題ではなく
もし、大事になると
 社員の家族や全ての取引先にも影響を及ぼしかねない

先ず、全社員対象に
 PCR検査を実施することにしました。

定期的にしていくつもりです。

自分の身は自分たちで…

 国の酒地肉林に溺れる訳に行かない。

  ”””

クリックすると元のサイズで表示します

購入したPCRの検査キットにて
 来週にも全員、白黒させる。

クリックすると元のサイズで表示します
専用の検査ブースも製作にて

2020/11/18

髪…切った?  

先週は関東営業所に行っておりました。
それこそ、コロナ騒動にて今期初めての訪問にて
ほぼ1年ぶりに近いかもしれない。

 その間は、当然リモートにてのやり取りと
後は、能力ある者達に任せているから安心!!

今回の訪問に対して大きな目的は
 関東営業所も本社と同じリモート会議システムの設置にて
本社から機材を送りエンジニアの堀〇も同行だった。

社員のブログでもあるように
関東の鈴〇課長を筆頭にみんなの応援で
大掛かりな工事も2日で終了した。
 おかげで先般の幹部会議は、滞りなく終了した。

    ★

昨日、堀〇が…本社のモニターを見て
「関東のピーチ?が髪切ったんじゃない!?」…と

私にはモニターを見てもサッパリ分からず、
 電話して本人(ピーチ)に聞いてみると、「髪を切った」と言う!

流石に堀〇、女心を心得ているらしく、よく細かいところまで見ているものだ
(※女性は自分の変化を気にしてくれると嬉しいらしい)

※俺も堀〇を見習うか!
 でもその割に…お前は一人者か!(モテる様に見えない)

    ★

上段の話は余談だが…
やはり、このリモートシステム(弊社の独自開発)にて今以上にお互いが
コミニケーション出来る様になりました。

関東に行って個人面談も行いましたが、一番感じた部分は
お互いのコミニケーション不足です。
それも仕事上のコミニケーション不足でギクシャクしている。
たかがひとこと∞ふたこと≠ェ出来ていない。

生き物の中で人間だけが
言葉と感情を持った生き物です。
この2つを使って集団的社会を構築しているのです

仕事上の
ひとこと
  ふたこと≠ェ大事

    ★

次は東北にも同じシステムを設置し
社長として接点の少ない
 全女性社員の髪の変化にも心がけるようにしたい。

  より良いコミニケーションの為に…!!




2020/11/9

〇〇〇ビーム  

「ポジティブ思考の人の方が波動が高く波動を高めれば幸せになれる」
という活字を見つけた

HA〜? DOW!

ドラゴンボールの
「カ・メ・ハ・メ・ハー」と言ってビームか何かを出すアニメ!?
あのビームって…きっと思って「波動」だと思う。

そもそも「波動」とは何なのか?と言うと
それはあらゆる万物が持っている万物の振動「エネルギー」らしい。

万物が持つそれぞれの振動であり、波形エネルギーの事を指し
より波動を理解しやすいように言うと、個性や特徴とも表現できます。

あらゆるものに周波数(振動エネルギー)があり その周波数で、よく「波長が合う」とか「波長が合わない」言う。
多分一般的に言う「アイツとは馬が合う!」と言う事なのだろう。

おでこに両手を山の様に合せて「〇〇〇ビーム!!」…って
相手にエネルギーを与えることが出来るのだ。

     ★

眼に見えない物やスピリチュアル(精神的)な事は私自身、正直言って洒洒落落だ。

知人で手からのエネルギーで傷みをやわらげれたり、治療ができる≠ニ言う人がいます。

 肩が凝るんだ〜と言ったら、どれ…と言われて…

私は敢えて肯定も否定もしないが、
  その人は死神から嫌われて生き返った様な異端者だ。

気功もこの分野になのかな?



     ★

  話はもどして

波動の高い人は「生命力の強さ」とともに
  人をも幸せに出来ると言う。

そのような人は、どんな特徴を持っているのか!

・いつも明るい 
・人を引き寄せる力ある 
・うら表がない 
・謙虚な人
・人を思いやる気持ちがおおきい

  ん〜ん、私には どれもこれもまだまだだ〜ぁ!
  
 
 因子の無い自分は、ここは割り切って他力本願にて
 
 波動の高い人とお付き合いしればポジティブ思考にて
     自分の人生も変わるかもしれない。

  〇〇〇ビーム




2020/11/5

欺瞞的コミュニケーション  

人恋しい季節では無いが
 最近、色々な方とお逢いしている。

 色々と話が増して、褒めたり褒められたり、時に私の性格も心得ているらしく、ズバズバっと言ってくる。

 社交辞令のお世辞だと分かっていても、褒められると悪い気はしないものだ。

    

 弊社の某部署リーダーが時たま
「流石ぁ〜うっちの社長ぅ〜す〜ごぉ〜ぃわ」…と
奥歯が浮くような過激なお世辞を言う。
 超大袈裟に言うから多少遊び戯け心も分かるからいいが、

 これが、どうってことない些細な事、過剰な褒め言葉になると、
「お世辞」どころか、本心ではない嘘になり
「お前、人馬鹿にしているしょ…」と言う事になる。
 
 本来「お世辞」自体事実以上にと言う事があるが
その事実以上の度合いが大きいと皮肉に聞こえるものだ。
   褒める事例と言葉の使い方を間違えると大変な事になる。


   ★


「嘘」について
  色々な諺がある

 
 ・嘘も方便
 ・嘘は泥ぼうのはじまり
 ・正直者は馬鹿を見る
   …などなど
 
 欺瞞的コミュニケーションとして
貴方ならどうする…という有名な例えが!!

病身の妻を残して、戦場に行った男がいた。
その男は負傷して野戦病院のベットで死の床にあった。
そこに、妻が死んだと言う知らせが入る。係の者がベットに行くと、妻の死をまだ知らない男は「妻にこれを渡してくれ」と遺品を差し出した。係の者は男が助からない事を知っている

何って伝えるか?

・「何を言っている、元気になって家に帰ろう」

・「お前の奥さんはもう無くなった」

・「よし、分かった必ず奥さんに届ける心配するな」

・「奥さんは先に逝って、お前を待っている」

さて、あなたならどうする!



 

2020/11/2

腑抜け  


今日から11月…
 いつも言う「早や〜ぁ」
会社自体はまだまだ忙しく、関東、東北もこれからだ
本社よりこれから関東、東北にヘルプの嵐だ。

年度はじめコロナ禍にて どうなるのか?と思っていたが
7カ月が過ぎ ほぼ弊社の場合はこの時期くらいで
大体一年の数字が掴める。

一人一人良くやってくれる社員に感謝だ。


”””
 
「燃え尽き症候群」なのか
大きな節目を超えるとチョット張りが無くなった。

 知人との会話で…

「今、何もすること無く暇なんだ」
    …と言うと
  ⇒「マグロみたいな人なのに止まったら死んじゃうよ」
    …と(苦笑い)
「腑抜けだ!」
   …と言うと
  ⇒「ヤスイフヌケ」…と
 
 オイ…そこまで言わなくても(笑)


  ”””
 
上の話は笑い話として…

 よく、私が口にすることだが
「俺は、常にがけっぶちを歩いていないと気がすまない」
「平たんな道は歩けない…いつ落ちるか分からない様な道で無いとダメなのだ」
多分、今までの自分の人生はこうだった。

腑抜けなのは、
 ・安定し過ぎているのではないか!!
 ・冒険心が無くなったのか!
  (多少コロナの影響にて規制を受けているのも事実)


ニーチェの名言に
この世に存在する上で最大の充実感と喜びを得る秘訣は、
     危険に生きることである。

 私はこの名言が チョット好きだ。

    ★

最近、D輔とも高い所に上がっていない
 肝が縮むようなスリリングな事はしていない。

「危険に生きる」
  意味としては色々ある。
命の危険ではなく、
  それこそ敵も作るだろう。
 変人扱いもされるし、周りも許してくれない 孤独でもあるはずだ。


 でも自分の価値観は自分で作るから充実感なのだ
   険しい道を走破した達成感は大きい

更に、ビジネス程
  危険な道にこそリターンは大きい!

 最近、平たんな道ばかり歩いている。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ