2018/9/30

第12回植林活動  




 弊社の3大イベントである
植林活動(環境イニシアティヴ植林活動)が昨日、無事終了した。

 「多くの参加者様(企業様)に御参加いただき
 大変ありがとうございました。感謝申し上げます。」

今年も20社の企業にて約100人ほどが参加いただき…
何といっても、本州では台風上陸のニュースのなか、天候に恵まれ秋晴れの中、皆さんは心地よい汗を流されたと思われます。
 (詳細は後日別途HPにてアップされます)

 クリックすると元のサイズで表示します

  
 弊社も今回で一回りの12回目となります。
今まで多くの皆様方の参加ご理解があって続けられたと思いますが、多少のマンネリ化と時代の流れを考えると 更に今後続けるうえで、そろそろ企画自体の見直しが必要かと思われます。
 今後、多くの皆様が参加できるように考えていきたいです。


    

2018/9/23

雑感じゃなく実感  

 「9月中は敬老感謝サービス」
 「入館料200円引き」

もう何回か行っているが、あえて身分証明書を出してまで、権利は主張していない。

自分では、まだその領域は…と、
 多分 安っぽいプライドなんだろう!


  「社長来たら たすかるわ!」…と、
大〇の超〜超〜心のこもった言葉に踊らされて 若者に混ざって一緒に現場に出るが、つい無理をして、後日のマッサージ代金の方が高くつく。

 先日…、
 寸法を取りにチョット前にボールペンを使ったのに、そのボールペンがない!
さっきのゴミと一緒に袋に入れたかも、あそこの台においたかも、しばらくあっちこっち探したが見つからず、あきらめて離れ、、運転中に ふと手を挙げると…
 耳の上あった!!
   (無骨である)
 
 そうかと思えば…
現場名の札をみて、自分の字なのに、どこの誰だか思い出せない!
 (え〜認知症か〜!)
 後日ある場所の近くを通って、あっそいえばこの近くで何かたのまれたよな〜とやっと思い出す。
  (情けない)


 プライドが現実に付いていけない

 そろそろ 
 安っぽいプライドを捨てなければならない。

雑感じゃなく 実感した。

   
 来年は身分証明書をだそう!








 ※

2018/9/7

当たり前の幸せ  

 

この度、北海道東部地震にて被災された皆様
また、不幸にも亡くなられた方々、心よりご冥福をお祈りいたします。
同じ道民にて 心より お見舞い申し上げます。

 今まで、本州であった被災がTVの中の他人事のように思っていた
自分が恥ずかしく、いざわが身に降りかかり改めて色々と経験させられた。


お蔭様で、旭川近辺や東神楽は殆ど震災の影響はありませんでしたが、
 「停電」だけは参ってしまった。

停電になっても、どうせすぐ付くだろうと高を括っていた。
 電話 パソコンが使えない営業や企画は勿論 製作工場 溶接工場と全てがストップ

 6日初日、簡単な仕事をさせてこのままいてもしょうがないという事で午前中で帰すことにしまし、
現場部隊もほぼ全員が昼食はコンビニなので、昼飯の確保ができず、こちらも全員 昼で上がらすことにしました。

 そして2日目も停電、ニュースでは復旧まで一週間かかると言われており
「しょうがない…」の諦めであったが、、、、
まてよ…
「社員にしたら出社しても仕事にならないからしょうがない」かもしれないが
社長にしたら「仕事にならないから給料払えないのはしょうがない」とは言えない…
  曲がりなりにも、一応全国を相手にしているのに!


施工部隊には朝6時にラインで昼飯を確保するよう指示
そして、専務に電話を入れて「ウエルダー(発電機)を借りるように」と指示をして、なんとか10時半ぐらいには、やっと 電話機FAXと最低台数のパソコンを起動することが出来た。

 工場内でも、自分のポジション以外の仕事をするのは嫌だと 言い出す者もあらわれ、みんな困惑したが、そこは「緊急」と言うことで納得をさせた。

更に
 専務に工場を動かすために、もう2台ウエルダーを借りるように指示をし
「出来る最大限の努力」をしていこうと!


専務が2台目ウエルダーを借りに走っている最中に…「パー」と電気が復旧!!

 やっと一安心!!安堵感!!

   
    ★


 今回の経験で学んだことは…

被災はいつなんどき起きるか分からない、日々万全の体制をとっていなければいけない!
自分が会社の責任者である以上 社員達を守る事は当たり前であるにも拘らず
 判断が遅れてしまったこと。
 顔は楽観的に構えて、頭では最悪の状態を想定していかなければならない。

 昼の飯ぐらいは会社で炊き出しをしても良かったかもしれない!
(会社に緊急用の非常食や飲料水は備蓄するべきだかも)

そして、日ごろからの社員同士の 心がけも必要です。


夜は電気がついて 蛇口をひねって当たり前に水が出る事に感謝だ!









2018/9/4

超〜久しぶり  



 1カ月以上は書いていなかった。
しばらく書けなかった理由は体調不良とでもしておこうか! 
 数人に「社長、blog書いていなですよ」と言われたが…一つは大きな大きな問題も無く淡々と進んでいるからだろう。


今期も8月にて5カ月終了し、各部署のばらつきはあるが前年対比にては増≠ナ来ているが でも、まだ7カ月残っていて油断大敵≠セ。


 仕事上の事、お客様との事、試行錯誤の事、細かく言ったら色々あるが、日々勉強であろう、最近自分では一つ悟ったと言うか決めている事は、仕事を受けた以上は、どうであれ「双方、しこりが無いように お客様が喜んで頂けるように努力をすることだ」と言う事。
 人間は人それぞれ、色々な考え方や色々な方がいらっしゃいます。そこには金銭も絡み損得も発生します、その中でお客様からお金を貰う以上はどうであれ、ビジネスに徹すこと、時に自分に言い聞かせ、ここは「お金に頭を下げよう!」って!

    ★

最近のニュースを見て思う事…
 日本体操協会のパワハラ問題から、今は下火になった日本ボクシング連盟の問題と、詳しい説明はするまでもなく、また評論家でないからこの件にかんしてどうこうとは言わない!

 しかし一つ思うことは、人は「権力」を持つとどうなるか!です。
歴史を振り返っても、一人に強大な権力が集中すると、どれほど恐ろしいことが起こるかがわかります。 
 例えば、ナチスのヒットラーや中国秦の始皇帝の様に自分の意にそぐわない学者達数百人を虐殺したなど、日本の過去の将軍様もそれはそれはキリが無いほどです。

 経営者にもトップにも
 人を操る権力には 4つの虎の爪 と言われます。
 ・お金の爪
 ・人事権の爪
 ・情報の爪
 ・暴力の爪 の4つで…
お金の爪は当然給料しかりその人の収入です。
そして、人事権の爪も説明する必要もなく「私に逆らったら出世しないよ」と言う事
経済的強制(economic coercion)です。
情報の爪は誰よりも先に情報を持っているかです。
最後に暴力の爪、これは昔と違い暴力を振った方は間違いなく罰せられますが、相手に与える恐怖心で心理的強制(psychic coercion)です。 


 〇〇協会にしても〇〇連盟にしても、また会社や組織にしても言えることは
ある人が言っていたが…
 「人間、何が悲しいいかって、バカなトップの下にいて従うことが一番人間として悲しい」そうです。
 

    ★

 私としては、強制的に働いてもらう気はありません。
強制力や仕方なく働くと言う事は、能力をプルに発揮出来ないからです。フルに能力を発揮してもらう事が社長の役目だと思っています。
又、「権力とは獲得するものではなく、他者から与えられるもの」と思っています。
 

 
 
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ