2010/5/19

貴船神社  



 16日に北九州市八幡西区は皿倉山の麓にある、貴船神社を訪ねました。貴船神社と言えば京都の貴船神社です。実は鞍馬山から貴船神社への山道を18歳のときに歩いています。

 そのときから、貴船神社は私にとって忘れない神社です。全国に200社あまり貴船神社が有りますが北九州には意外と貴船神社が多く、今回は皿倉山の貴船神社を訪ねました。社殿は新しく、何かみずみずしい雰囲気は京都の本社を思いださせます。





クリックすると元のサイズで表示します





 貴船の神は水の神、それも直接的に人に関わる水、例えば灌漑のためなどの水です。実際は龍神です。ですから、谷や山の麓などに多く建てられています。神々のなかでも非常に古く、クリアーな感じが私にとても合うのです。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
3

2010/5/7

日暈  

 ひさしぶりに日暈(にちうん)を見ましたので撮影しました。


    クリックすると元のサイズで表示します


 夕方は夕焼けもきれいでした。二つとも天気が崩れる兆候ですが果たしてどうでしょうか。


    クリックすると元のサイズで表示します







6

2010/4/28

湯けむり  

 別府の湯けむりです。曇りの日は湯けむりが目立ちますね。中央の少し右側に大きな湯けむりが分かりますか。この湯けむりは杉乃井ホテルの地熱発電所の湯けむりです。



クリックすると元のサイズで表示します


 別府で一番有名な湯けむりの名所は鉄輪なのですが、家からは実相寺の山が邪魔をして見えません。機会が有りましたら、次は鉄輪の湯けむりを紹介します。


 先日、スパイラルロッドをセルビアに在住のエクアドル人送ったのですがまだ届いていないようです。アイスランドの噴火の影響を受けたようで、どうもどこかで滞留しているようです。その方は画家でご主人の関係でセルビアの居ます。しかし近々、アルメニアに移るのでそれまでには着いて欲しいと願っています。遠くの出来事と思っていたのが意外と身近のこととなり、世界の狭さを実感しました。




4

2010/4/21

 竹の子狩り  



 竹の子の季節になり、店頭にも並んでいますがやはり竹林に直接、採りにいきたいですね。それで急きょ、杵築市の友人を訪ねました。

 以前私も杵築に6年ほど住んでいました。その時の友人が手入れの行き届いた竹林を持っています。今年は太りが良くないと云うことですが、昨日雨が降ったせいかまさに雨後の竹の子状態でした。
 
 しかし伸びた竹の子は硬すぎるので、少しだけ芽が伸びたのを中心に10本ほど採りました。1本がそれほど大きくは無いのですが、それでも一週間は毎日食べられる量です

 別府に引っ越してからは海の幸、山の幸には恵まれないですね。5月までに一度マテ貝採りに行くつもりです。20年以上田舎暮らしに親しんできたのがに都会暮らしの哀しさを今日のような日に感じますね。

 徳島の奥深い山里の暮らしが懐かしく思いだされます。60センチも有る大きなワラビなど多種多様な山菜、山の幸に恵まれた暮らしは今でも貴重な体験でした。

     写真は竹の子三昧の夕食です

    

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/4/7

扇山火祭り  

 昨年は家から眺めた扇山の火祭りを今年はもっと近くから見るために5キロの坂道を1時間以上掛けてとぼとぼ歩きながら出かけました。

 扇山は名前のとおり、扇の形をした山で鶴見山の前山です。別府のどこからもよく見えます。高さは700m、その山を一挙に野焼きする別府の春の名物行事です。




  

  クリックすると元のサイズで表示します

 西側の尾根に火が付けられました。



  クリックすると元のサイズで表示します

 東側にも火が付けられ、山の形が分かるようになりました。ここまで1時間半も掛かり、見物人の中にはこんなものかと帰る人もいました。しかし本番はここからでした。


 
  クリックすると元のサイズで表示します


 山の下のライン沿いに火が付けられると、何と約10分程で山を焼き尽くしたのです。このクライマックスは最高でした。

  クリックすると元のサイズで表示します







  
 


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ