無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選
2020年 集英社ノベル大賞 予選落ち
2020年 編集Kの1章だけ大賞 ←new!

2011/1/10

日本児童文学 2011/1-2  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
「日本児童文学」の最新号が届く。
北村夕香さんの「遺作『尼十勇士伝――赤い疾風篇』を読む」に
同感する。この作品には、コミック的なエンタメ要素もあって、
それ自体とても魅力的だが、後藤文学の本領ではなかろう。
今後、テーマが深まっていくであろうと予測すれば、北村さんの
もどかしさがよくわかるのだ。
0

2010/12/3

児童文芸12・1  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
「児童文芸」12・1号が届く。
がまりんさんこと、季巳明代さんの新作が掲載されている。
童話に浪花節を取り入れようとした着目が素晴らしい。ぜひとも
この新たなジャンルを切り開いていってほしいと思う。




0

2010/11/16

「和菓子屋さんで修業中」著・加藤純子  読書感想

ある目的をもって老舗和菓子店へ弟子入りする少年の話です。
全体から漂よってくる、しっとり落ち着いた品の良さが素敵です。
これは、著者自身の魅力が投影されているのでしょう。
とてもセンシティティブな一冊でした。
巻末にはお話の中で出てくる和菓子のレシピもあります。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ