無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選
2020年 集英社ノベル大賞 予選落ち
2020年 編集Kの1章だけ大賞 ←new!

2010/9/10

ほたる館物語1/あさのあつこ  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
1991年に刊行されたデビュー作の文庫本である。
元は季節風に掲載されていた作品という。
一読して、みちあふれるパワーと完成度の高さに圧倒されてしまった。
特に会話センスが素晴らしく、後に大作家となる片鱗がうかがえる。
また、季節風の作品評で鋭く指摘してあること――例えば、人間をし
っかり描くことなど、本作に手本が示されてある。
季節風の投稿者は必読の書だろう。
1

2010/2/4

「かえるひみつきょうてい」村上しいこ  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
しょうへいの部屋に、夢たま神社に住むかえるが迷い込んできた。
おくってあげるかわりに、転校してきたあやみちゃんと仲良くなれる
ようにしてほしいと、秘密協定を結ぶが……。
結局、願いをかなえる力は、自らの努力と工夫、そして勇気だという
ことを教えてくれる作品です。
0

2010/1/28

「季節風」101号(5)一言メッセージ  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
「空うちブルース」升井純子さま
新鮮な表現やセリフが随所にみられる。
若々しい感覚が魅力的だ。

「相伝林業少年少女」堀米薫さま
今回は、いつにもまして重厚感を感じた。
著者は、米や牛だけではなく、林業にも造詣が深いようで、
その才覚に、私などただひれふするしかない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ