無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞←New!
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選

2010/8/22

プログレ・フェス  音楽

クリックすると元のサイズで表示します
行ってきましたプログレ・フェス。
会場の日比谷野外音楽堂へは、17時到着(開演は16時)。
丁度、四人囃子が終わって、私にとって本命である
ルネッサンスが出番のときだった。
バックメンバー、そして最後に若い頃に比べて太めになった
アニー・ハズラムが登場して会場が沸き返る。
全盛時と変わらぬ歌声を披露してくれた。
聞くところによると、'01年に来日したときより声が出ていたという。
恐らく、ボイス・トレーニングを重ねたのであろう。
それにしても、二十年程前に初めてルネッサンスを聴いのだが、
まさか生で聞けるとは思わなかった。
このバンドのサウンドは全体的に暗く重い感じなので、
最新のデジタル楽器の明るい音色は、バランス的に
程よいように思える。

セットリスト(正確ではないかもしれません)
1.Prologue
2.Carpet Of The Sun
3.Midas Man
4.Running Hard
5.Black Flame
6.Things I Don't Understand
7.Ocean Gypsy
8.The Mystic And The Muse
アンコール
9:Mother Russia

ルネッサンスの出番が約一時間で終わると、スティーヴ・ハケット
が登場。曲はまったく知らないのでコメントできないのだが、
ハケットの場合、生の16弦ギターをガンガン弾きまくるスタイルの方
が面白いのではないかと思った。
一時間程演奏して、約21時にフェスティバルは終了した。
プログレ・フェスは来年もまた開催したいとのこと。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ