無題
◆◆公募記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト 落選
2019年 第8回「集英社みらい文庫大賞」 予選落ち
2019年 第60回 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2019年 第9回ポプラズッコケ文学新人賞 予選落ち
2019年 第12回 絵本テキスト大賞 落選
2020年 集英社ノベル大賞 ←new!

2013/12/6

夢日記★リサイクルショップ  寝夢日記

リサイクルショップで物色していると奥の方に
パンフレットのようなものを見つける。視線に気がついた
店員が「これは売り物ではないんです」といって持ってきた。
見ると、ここで開催される一日限りの創作教室のパンフだった。
○○先生が講師でサインも貰えるらしい。
しかし、19800円と高額だったため断念してパンフを置く。
すると、その場のインテリアが一瞬で変わった。
赤いカーペット、漆塗りのテーブルや椅子がならんだ高級バー
のような場所になった。
そこで、29歳の男とともに、PCのアドベンチャーゲームを、
開発のためのテストプレイとして、始めることになった。
このゲームの完成度を高めてほしいということで、絵を書き直
した。するといつの間にかコンピューターを利用した将棋大会
になっていた。
終盤の難しい局面になって、いったん中断した。
そして、その局面を女流棋士に指導を受ける。
女流棋士は三手ほど指すと、
「こう指したら、またきなさい」と言った。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ